iphone

iPhoneのいいところと悪いところを解説!Androidのほうがよい?

iPhoneを選ぶとき、「いいところと悪いところは、それぞれなんなのだろう?」と思う人も多いでしょう。

特にAndroidから乗り換える場合は、色々心配になりますよね。

 

本記事では、

  • iPhoneのいいところ
  • 悪いところ

について、詳しく解説します。

 

本記事を読めば、iPhoneがどういった端末なのか、理解できるはずです。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneのいいところ、悪いところ

iPhone 景色

iPhoneのいいところとしては、以下のような点が挙げられます。

 

  • セキュリティが高い
  • 電池は長持ちする
  • 動作が早い
  • Apple製品・サービスとの連携能力
  • 操作が簡単
  • カメラが綺麗

他にもいいところはたくさんありますが、ひとまず上記は特に便利で、よくできているポイントです。

セキュリティ・ウイルス耐性が高い

セキュリティ・ウイルス耐性が高いのは、iPhoneのいいところだと言えるでしょう。

iPhoneは、「アドオン」などといった、ウイルス感染が起こりやすいプログラムをインストールしません。

だからウイルスにかかる可能性は、たいへん低いのです。

ウイルスにかからないなら、情報が流出するといったことも、あまり考えられません。

電池は長持ちする

電池が長持ちするのも、iPhoneのいいところです。

昔からiPhoneの電池持ちはよいと言われきましたが、最近はとんでもないところまでレベルアップしてきました。

最新作であるiPhone12 Pro Maxなら、なんと動画再生を18時間ぶっとおしで再生していても、まだ電池切れが見えないというレベルです。

動作が早い

iPhoneは、動作(端末内、ブラウジングなど)が早いという特徴を持っています。

「あんまりiPhoneの魅力がわからない」という人にも、ピンとくるポイントでしょう。

 

タッチすれば秒速で結果を返してくるし、ブラウジングもサクサク、ヌルヌルと動きます。

重いページも、よほどのことがない限り素早く表示し、とにかくノーストレスで便利です。

 

もちろん機種や状況にもよりますが、一般的に動作速度は「iPhone>>>Android」と言われます。

基本的には「iPhoneのほうが、Androidよりもスピーディー」だと考えましょう。

 

 

ちなみに、筆者は、iPhoneからAndroidへ乗り換えた経験があります。

感想としては、「iPhoneの動作速度が、いかにすさまじく速いか気付かされた」というところです。

 

Apple製品・サービスとの連携能力

iPhoneの便利なところして、Apple製品やサービスとの連携能力が挙げられます。

たとえば、

  • iTunes
  • iCloud
  • iMessage
  • Face Time
  • Appleミュージック

などですね。

これらを組み合わせれば、iPhoneは便利になり、よりいいところがはっきりと目立ちます。

 

Androidでも一部サービスには対応しています。

しかし動作に安定感がなく、不具合もあるので、注意が必要です。

iPhoneの悪いところ

いっぽうで、iPhoneはいいところばかりではあありません。

もちろん、以下のような悪いところもあります。

 

  • SDカードが使えない
  • 端末の選択肢が限られる
  • iPhone7以降、イヤホンジャックが廃止されている
  • 周波数帯が合致していない

 

それぞれについて詳しく解説するので参考にしてください。

SDカードが使えない

iPhoneは、Androidと違ってSDカードを利用できません。

これは、明確にiPhoneの悪いところだと言えるでしょう。

SDカードをフル活用していたAndroidユーザーなどは、ちょっと困ってしまうでしょう。

 

iPhoneの場合、iCloudやiTunesを使い、データを保存する必要があります。

端末の選択肢が限られる

端末の選択肢が限られるのも、iPhoneの悪いところだと言えるでしょう。

なにせiPhoneは種類が少なく、そして販売頻度も年1回にとどまります。

よって端末の選択肢が限られてしまい、選ぶ余地がないのは気になるところです。

iPhone7以降、イヤホンジャックが廃止されている

ものすごく意味がわからないのが、iPhone7以降ではイヤホンジャックが廃止されている、ということ。

つまりイヤホンをそのまま挿入できません。

イヤホンを接続するには、専用の中継ケーブルで接続する必要があります。

 

Appleとしては「イヤホンジャック廃止で使いやすくしました」というスタンスです。

しかし、ユーザーとしては「さっさと復活させろ」というふうに感じています。

周波数帯が合致していない

細かい話をすると、周波数帯が合致していないという点も挙げられるでしょう。

iPhoneは世界基準にて製造されているので、日本のキャリアが有する周波数帯と、完全には一致していません。

これにより、接続状況がやや安定しないなどの問題が予測されます。

ただし最近は周波数帯について日本側が歩み寄っているので、この問題については解決へと向かっていると言えるでしょう。

iPhoneより、Androidのほうがよい いいところと悪いところ

Android

というように、iPhoneにはいいところと悪いところがあります。

悪いところを見て、「やはりAndroidにしようか」と思った人もいるでしょう。

 

しかし、Androidにもいいところと悪いところがあります。

 

<Androidのよいところ>

  • iPhoneと比較してやや安い
  • 端末の種類が多く、選択肢が多い
  • SDカードが使える
  • ウィジェットが便利
  • GooglePlayStoreに存在するアプリの種類が多い(審査がゆるいため)

 

<Androidの悪いところ>

  • 動作はiPhoneよりも遅い
  • カメラ性能はiPhoneほどではない
  • アプリケーションの安全性には、やや懸念がある
  • デザイン性がiPhoneほどではない

 

というように、Androidにもいいところと悪いところがあります。

こういった点をきちんと比較するのが大切だと言えるでしょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneのいいところと悪いところが、どう感じられるか?

きれいなiPhone

iPhoneには、いいところがあれば、もちろん悪いところもあります。

ユーザーにとって重要なのは、「それが自分にとって、合っていると感じられるか?」ということ。

一般的に「悪いところ」と言われていることも、自分にとってはメリットなのかもしれません。

 

もちろん、Androidにも同様のことが言えます。

しっかりと両者を比較し、ベストなものを選びましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士