iphone

Apple Oneとは?サブスクをまとめるメリットを解説!

さまざまなサブスクリプションサービスが提供されているなか、iPhoneやiPadでお馴染みのAppleも「Apple One」というサブスクサービスを開始しています。

2020年秋より日本でも使えるようになったApple Oneは、まとめてAppleのサービスを利用できるお得なサービスです。

Apple Oneと契約することで、複数のサービスをiPhoneやiPadといったデバイスで簡単に楽しめるようになるでしょう。

こちらではまだ始まったばかりのApple Oneがどのようなサービスなのか、今から契約することがおすすめされるのかをチェックしていきます。

 

Apple Oneってサブスクがあるの?
お客様
スマホ戦士編集長
正確にはAppleのサブスクをまとめたサービスですね。お得に使えるのでこちらで内容をチェックしてみましょう

 

ドコモオンラインショップはこちら↓
auオンラインショップはこちら↓
ソフトバンクオンラインショップはこちら↓
格安SIM15社ロゴ
【2021年】格安SIM15社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2021年格安SIM15社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注意点などをまとめました。   ...

 

Apple Oneの概要

Apple One

画像引用元:Apple公式

Apple Oneとは、Appleが提供する複数のサブスクリプションが一緒になったサービスです。

「Apple Music」「Apple TV+」「Apple Arcade」「iCloud」といった4つのサービスがまとまっていて、その全てをひとつの契約でまかなうことができます。

契約をシンプルにすることができ、かつ内容をお得に利用できることから、Appleのデバイスを使っているユーザーはもちろん、それ以外のスマホ・タブレットを使っている人からも注目を集めています。

今後は音楽や映像のサブスクリプションにそれぞれ加入するのではなく、Apple Oneで契約をひとまとめにするスタイルが主流になるかもしれません。

 

Apple Oneで使えるサービスを紹介

Apple Oneで利用できる「Apple Music」「Apple TV+」「Apple Arcade」「iCloud」は、それぞれが個別に充実したサービスとなっています。

改めて、以下から各サービスの特徴や魅力を確認してみましょう。

 

Apple Music

Apple One

画像引用元:Apple公式

Apple Musicとは、「7,000万以上の曲」をストリーミング&ダウンロードで楽しめる音楽のサブスクリプションサービスです。

視聴中は広告が表示されないため、音楽を聴くことだけに集中できます。

アーティストごとに作られたプレイリストの視聴や、ライブ配信によるラジオ放送、その他現在のヒットチャートを中心としたランキングなど、さまざまな形で音楽を楽しめるでしょう。

近年は歌詞の表示やアップルウォッチとの連携なども行い、そのサービス内容はどんどん進化しています。

iTunesで購入した音楽や、CDで取り込んだ音楽も一緒に楽しめるので、これまで入手したものも一緒に視聴可能です。

Apple Musicを単体で契約する場合には、価格は以下のようになります。

・学生プラン:月額480円

・個人プラン:月額980円

・ファミリープラン:月額1,480円

 

Apple TV+

Apple One

画像引用元:Apple公式

Apple TV+とは、Appleオリジナルの番組などを楽しめる映像サブスクリプションサービスです。

iPhone、iPad、Apple TVなどのデバイスで自由に楽しむことができ、家族でそれぞれ好きな映像作品をチェックすることもできます。

ドラマ、ドキュメンタリー、エンタメ、子供向けアニメ、コメディなどあらゆるジャンルがそろっているのが特徴

です。

ここでしか見られない新作映像作品が毎月登場しているので、テレビ好きには嬉しいサブスクリプションサービスとなっています。

Apple TV+の単体契約の価格は、以下のようになります。

・7日間の無料トライアル終了後、1ヶ月間600円

Apple Musicの学生プランでは、Apple TV+のサブスクリプションが期間限定のオファーで利用可能な場合があります。

 

Apple Arcade

Apple One

画像引用元:Apple公式

「Apple Arcade」とは、さまざまなゲームが100種類以上楽しめるエンタメのサブスクリプションサービスです。

プレイ中に広告表示はないため、目の前のゲームの世界に没頭できます。

さらに追加の課金もないので、コストが高くなることもなく、お子様に自由に遊ばせることも可能です。

ダウンロードすればオフラインで利用も可能で、家族6人までアクセスができます。

通常の家庭用ゲームやアプリはすでに遊び尽くしてしまったという人は、Apple Arcadeでここだけのタイトルを遊び放題で楽しんでみることもおすすめです。

Apple Arcadeを単体で契約する場合には、以下の料金になります。

・無料トライアル終了後、1ヶ月間600円

 

iCloud

Apple One

画像引用元:Apple公式

さまざまなデータをクラウドに預けられる「iCloud」サービスも、Apple Oneに含まれています。

自動的に5GB分のストレージは付与されますが、それ以上の容量を求める場合には追加でアップグレードしなければなりません。

Apple Oneなら個人プランで50GB、ファミリープランで200GBが付与されるので、多くのデータのバックアップを取ることが可能です。

家族で利用することもできるため、iCloudの容量不足に困っているときにはさらにApple Oneが魅力となります。

 

「Apple News+」や「Apple Fitness+」も今後プラスされるかも

2020年現在のApple Oneは上記の4つのサブスクリプションサービスですが、将来的には海外のように「Apple News+」や「Apple Fitness+」といったサービスも加わる可能性があります。

新聞や雑誌にアクセスできるApple News+や、アップルウォッチのフィットネス体験を確認できるApple Fitness+が加われば、Apple Oneはより良いサービスになるでしょう。

今後の展開に期待できる点もまた、Apple Oneの魅力のひとつです。

 

Apple Oneに登録する方法について

Apple Oneの登録方法は、以下の流れで進められます。

①iPhoneやiPadといったデバイスから「設定」を選択

②「ユーザー名」から「サブスクリプション」を選択

③Apple Oneをタップする

④契約するプランを選択

⑤内容を確認して契約する

既にApple Oneに含まれるサブスクリプションを使っている場合は、わざわざ解約しなくてもApple Oneの契約をして課金が始まれば自動解約が行われます。

 

Apple Oneの料金について

Apple Oneの利用料金は、以下のように設定されています。

・個人プラン:月額1,100円

・ファミリープラン:月額1,850円

既にAppleが提供するサブスクリプションサービスを複数利用している場合には、かなりお得な価格設定だと言えます。

Apple Oneにすると支払いのタイミングがひとつにまとめられるので、出費の管理がしやすくなります。

また、これまで使ったことがないサブスクリプションサービスがApple Oneに含まれている場合には、最初の1ヶ月は無料トライアルで利用できます。

どのようなサービスなのかを確かめてから継続するか考えられるので、このタイミングで契約することもおすすめできます。

 

まとめ

私はApple Oneを使うとすっごくお得になるみたい!
お客様
スマホ戦士編集長
既にAppleのサブスクを使っている人は、Apple Oneに移行することも検討してみてほしいですね

 

ドコモオンラインショップはこちら↓
auオンラインショップはこちら↓
ソフトバンクオンラインショップはこちら↓
格安SIM15社ロゴ
【2021年】格安SIM15社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2021年格安SIM15社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注意点などをまとめました。   ...

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士