格安SIM

キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と、いわゆるキャリアの「20GBプラン」が誕生し、これら新プランに乗り換えた人も多いでしょうが、実はもともと月額料金が安い格安SIM各社が、このキャリアの20GBプランに対抗して、新料金プランに変更しているところも多いのです。

実は、スマホユーザーの平均使用データ使用量は、5~7GBほどで、キャリアの20GBプランですと余ってしまう人がほとんど、実は安くなったようで勿体ないことをしている人も!

そこで、ここでは「キャリア新プランに対抗!格安SIM新料金プラン比較」と題して、各格安SIMの最新料金プランをチェックして、どんな人に向いているのが見てみましょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

格安SIM新料金プラン比較

格安SIMは特に

  • 月の使用データ量が10GB以下の方
  • インターネット通信(LINE、ネット検索など)が中心で長電話しない方
  • 端末とセットでより安くスマホの契約をしたい方
  • 高速通信はあまり必要を感じない方

などは特に月額料金が安い格安SIMがおすすめです。

では、各格安SIMの料金プランおよびおすすめポイントをみていきましょう。

※今回の料金プランはすべて音声通話付きSIMの通常料金プランとなっています。

UQモバイル

引用:UQモバイル

auのサブブランドであるUQモバイルは、ブランド力が高く、au回線のみしか使えませんが、(格安SIMのなかでは)非常に速度も出やすくストレスなくスマホを使うことができます。

UQモバイルでおすすめは、20GBプラン以上の25GBプラン、キャリアの20GBプランにはない、データ容量の翌月繰り越しが可能なため、効率的にデータを消費できます。

また、「最大60分/月の国内通話が定額」(月額550円)、「国内通話10分かけ放題」(月額770円)、「国内通話 かけ放題」(月額1,870円)と、人それぞれ通話の仕方でさまざまなたタイプの通話し放題プランがあるのも大きな魅力です。

UQモバイル こんな人におすすめ

  • au品質の安定的な速度を期待したい方(またauIDをauとUQ共通して使えます。)
  • 長電話をよくする方
  • 月々で使用データ容量がまちまちで繰り越して使いたい方

Y!mobile

ワイモバイル ロゴ

 

引用:Y!mobile

 月額料金家族割引サービス適用
3GBプラン(シンプルS)
2,178円990円
15GBプラン(シンプルM)3,278円2,090円
25GBプラン(シンプルL)4,158円2,970円

ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルは、ソフトバンク回線のみながら、速度は安定しており、遅延するようなことは少ないとされています。

また、ワイモバイル料金プランで特におすすめしたいのは、家族で複数ワイモバイルと契約する「家族割サービス」。

3GBプランが990円となり、お得にスマホが使えておすすめです。

また、全国に実店舗(ワイモバイルショップ)を展開している点も、自分で手続き等すべてWeb上で行うのは不安な方に嬉しいところとなっています。

ワイモバイル こんな人におすすめ

  • 家族で複数回線ワイモバイルと契約する方
  • PayPayなどソフトバンク、Yahoo!のサービスの特典を得たい方
  • 手続きなどをWeb上ではなく、実店舗で行うのが安心の方

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル ロゴ

引用:BIGLOBEモバイル

 月額料金1年間特別料金
1GBプラン1,078円770円
3GBプラン1,320円770円
6GBプラン1,870円1,320円
12GBプラン3,740円3,190円
20GBプラン5,720円5,170円
30GBプラン8,195円7,645円

※家族割、ビッグローブ光(光回線)割適用時220円/月割引

老舗プロバイダであるBIGMOBEの格安SIM「BIGLOBEモバイル」では、3GBまでのライトユーザー向け小容量プランが、770円とかなりお得に使えておすすめです。

特に、家族でBIGLOBEモバイルを複数契約すると、家族割適用で3GBまで550円と年間でも6,600円と、1万円以下でスマホが使えます。

また、BIGLOBEモバイルの大好評オプションYouTube、Apple Musicなどが使い放題になる「エンタメフリーオプション」を付けると、YouTubeを通信料を気にすることなく使用ができますよ。

BIGLOBEモバイル こんな人におすすめ

  • YouTubeをよく見て、月末にはいつもデータ使用量が気になるような方
  • 同時に光回線(ビッグローブ光)の導入も考えている方
  • スマホはメールやLINE,、たまにの調べ物くらいのライトユーザー

J:COMモバイル

引用:J:COMモバイル

 月額料金1年間特別料金
1GBプラン1,078円
5GBプラン1,628円
10GBプラン2,178円1,738円
20GBプラン2,728円2,178円

J:COMモバイルは、ahamoなどと同データ容量の20GBプランが、月額2,728円(しかも最初の1年間は2,178円)とお得に使えるため、毎日1時間くらいはYouTubeを見るような、スマホユーザーにおすすめです。

特にキャリアの20GBプランではできない余ったデータ容量は翌月に繰り越すことができるので、月々で使用データ容量が変わるような人は便利に使えるのではないでしょうか。

また、契約解除料がかからない(0円)のため、月額料金の安い1年間限定で使うという手もありますね。

J:COMモバイル こんな人におすすめ

  • 月々で使用するデータ容量が変わるような方(データ繰り越しができるため)
  • 20GBプランを速度以上に月額料金の安さを重視して使いたい方

IIJmio

IIJmio ロゴ

引用:IIJmio

 月額料金SIMプラン
(データ通信のみ)
2GBプラン858円440円
4GBプラン1,078円660円
8GBプラン1,518円1,100円
15GBプラン1,848円1,430円
20GBプラン2,068円1,650円

※IIJmio光(光回線)とのセット割「mio割」で上記全プラン月額660円割引

IIJmioの特徴は、データ容量が220円/1GBで追加購入ができる、家族や友人(IIJmioユーザー)とデータ容量をシェアやプレゼントできると、フレキシブルに扱えるのがとても便利です。

格安SIM各社の中でも、全体的に安めの料金設定となっており、特にデータ通信専用ながらeSIMプラン(eSIM対応スマホ要)は、2GB440円~とかなりお得に使えておすすめです。

IIJmioモバイル こんな人におすすめ

  • 月によって時々大量のデータを使う日があるなど、使用データ容量が安定しては使っていない方
  • 光回線(IIJmio光)とセットでの格安SIMの契約を考えている方
  • データ容量を家族や友人と分け合ったりして使いたい方

OCNモバイルONE

引用:OCNモバイルONE

 月額料金OCN光モバイル割
1GBプラン770円550円
3GBプラン990円770円
6GBプラン1,320円1,100円
10GBプラン1,760円1,540円

※OCN光(光回線)とのセットで、OCN光モバイル割で全プラン月額200円割引

NTTグループのOCNモバイルONEでは、平均的なスマホユーザーが使うとされる6GBプラン、10GBプランが価格も安くおすすめです。

追加のデータ容量購入も、OCNモバイルONEアプリ経由の場合(新コース利用)で550円/1GBとキャリアの価格も半額という点も魅力となっています。

また、同じNTTグループという強みを活かして、格安SIMのなかではドコモ回線の速度が圧倒的に速いという点も大きなポイントです。

iPhone 12をはじめとした端末とのスマホセットも安く手に入れることができます。

OCNモバイルONE こんな人におすすめ

  • NTTグループという信頼感が安心の方
  • 格安SIMの安さに加えて、ある程度の速度も期待したい方
  • これを機にiPhone 12などの最新端末に機種変更も考えている方

エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

引用:エキサイトモバイル

 Fit:段階料金プラン
月額料金
Flat:定額料金プラン
低速通信のみ495円660円
3GBプラン880円1,210円
7GBプラン1,430円
12GBプラン1,980円1,617円
17GBプラン2,750円
20GBプラン2,068円
25GBプラン3,245円2,937円
30GBプラン4,400円
40GBプラン7,700円
50GBプラン11,198円

エキサイトモバイルは、他の格安SIMと同じような月額料金が決まっていて、月のデータ容量を決めていて、上限に達したら低速となる「Flat:定額料金プラン」と、いわゆる従量制で、高速通信を使った分だけ支払い「Fit:段階料金プラン」があります。

他社にはない「Fit:段階料金プラン」がおすすめの方は、データ通信をあまり多くはしない、例えばYouTubeやゲームなどはしなく、ガラケーの頃のように通話とメール(LINE)くらいしかスマホを使わない方。

特に。低速通信のみにすれば、ワンコイン以下で月額料金が済むので、ガラケーからスマホに機種交換しても料金を高くせずに抑えることができます。

エキサイトモバイル こんな人におすすめ

  • ほぼ通話、メール(LINE)くらいしかしない超ライトユーザー
  • 使った分だけ支払う明瞭な料金システムが合っている方

 

mineo

mineo ロゴ

引用:mineo

 月額料金
1GBプラン1,298円
5GBプラン1,518円
10GBプラン1,958円
20GBプラン2,178円

格安SIMのなかでもシェア率が高い、多くのユーザーから支持を得ているmineomineoはドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線と大手キャリア3回線から好きな回線を選ぶことができるため、今まで使っていた回線と同じエリア、(留守電設定などの)使い方をそのまま使えるメリットがあります。

mineoで特におすすめなのが、大容量の20GBプラン。

キャリアの20GBプランより格安で、YouTube、テレビ電話などデータ消費が多いアプリも多く使うことができます。

また、「データ繰り越し」(翌月に当月に余ったデータ容量を繰り越すことができる)「パケットギフト」(他のmineoユーザーにデータ容量をプレゼントできる)「フリータンク」(mineo同士でデータ容量を貯めて使えて助け合える)などデータ容量を節約する機能・サービスが多彩で、家族や友人にmineoユーザーがいればいるほど便利に使えます。

5Gもプラス220円のオプションで使用可(5G端末が要)、iPhone 11、AQUOS Sence 5Gなどの人気機種とのセット販売・契約もあります。

イオンモバイル

イオンモバイル ロゴ

引用:イオンモバイル

 月額料金
0.5GBプラン1,023円
1GBプラン1,078円
2GBプラン1,188円
3GBプラン1,298円
4GBプラン1,408円
5GBプラン1,518円
6GBプラン1,628円
7GBプラン1,738円
8GBプラン1,848円
9GBプラン1958円
10GBプラン2,068円
12GBプラン2,178円
14GBプラン2,288円
20GBプラン2,398円
30GBプラン4,378円
40GBプラン5,478円
50GBプラン6,578円

イオンモバイルの最大ともいえる特徴は、0.5GBから50GBまで17通りもの料金プランを用意しており、各人最適な使用データ容量で無駄なく適切なプランを選ぶことができます。

また、プラン変更も可能なため、今月が試験があるからあまりデータ容量を使わないけど、来月は自由が時間が増えるのでゲームとかとことんやりたい!」とライフスタイルに合わせて毎月適切な料金プランにできる点もポイントです。

全国にあるイオンで手続き、問い合わせ等が可能なため、Web上での手続きは不安で、やはり対面で行いたいような初心者の方にも安心ではないでしょうか。

10,000円台の端末もセット販売にラインアップされており、とにかく端末も料金プランも安さ重視の方におすすめです。

イオンモバイル こんな人におすすめ

  • 月々の使用データ量がほぼ決まっているような方
  • 毎月、使用するデータ量がまちまちになる方
  • イオンでよく買い物などする方

QTモバイル

QTモバイル ロゴ

引用:QTモバイル

九州電力グループのQTモバイル、そのため「九電グループまとめてあんしん割」があり、およそ月額料金が各プラン10%前後割引されるため、九州電力ユーザーはおすすめです。

※九電グループまとめてあんしん割は要申し込み制で、九州電力の電気契約者とQTモバイルの契約者が、同一姓・住所の場合。

また、特に20GB、30GBプランといった大容量プランは、(九電割引がなくとも)格安のため、より多くのデータ容量を使うヘビーユーザーにも向いているといえます。

通話し放題は、完全通話し放題と10分以内通話し放題があり、特に10分以内通話し放題は価格も安く、短時間の電話をこまめにする方に最適です。

QTモバイル こんな人におすすめ

  • 電器は九州電力契約をしている方
  • 30GBのような大容量データ容量が必要な方
  • 10分以内の短時間の通話をよくする方

 

@モバイルくん。

モバイルくん ロゴ

引用:@モバイルくん。

 月額料金
500MBプラン1,320円
5GBプラン3,190円
10GBプラン5,500円

@モバイルくん。の料金プランは3パターン。

500MB、5GB、10GBとなっており、特にメールやLINE中心のほとんどスマホを使わない人は、使わなかったその月のデータ容量で月額料金もしくはデータ容量をプラスすることができるので、効率的です。

また、通話し放題プランでは、10分以内の通話かけ放題に加え、通話料が多い上位3番号(自動で判別)がかけ放題になる「モバイルくんでんわ ダブル」(月額1,650円)が、ほぼ同じ人としか通話をしない人には、料金も安くおすすめです。

@モバイルくん。 こんな人におすすめ

  • ほぼスマホを使わない、受け専用の方
  • 特定の人と長電話をする方
各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ

スマホ戦士編集長
今回は「キャリア新プランに対抗!格安SIM新料金プラン比較」についてお送りしました。
花木
キャリアの20GBプラン登場に合わせて、2021年4月くらいに料金プランを改定したところが多いみたいですね。
今は、キャリア、格安SIMともに従量制の通話料金も値下げが始まり、価格競争が起こると期待です!
お客様

役に立ったら
いいね ! してね

-格安SIM
-

© 2021 スマホ戦士