au docomo softbank 格安SIM

ドコモahamoを圧倒!? 日本通信の対抗プランが強い

投稿日:2021年2月23日 更新日:

5G移行により、三大キャリアと格安SIM業者同士で「プラン発表合戦」が勃発しています。

ある社がプランを発表すれば、また別な社がそれを上回るプランで対抗する......といった形です。

 

しかしドコモが発表した「ahamo」は、他社を大きくするプラン内容でした。

auの自滅などもありましたが、ahamoによって優位なポジションを取ったようにも見受けられます。

 

ところが「日本通信」が、ドコモの牙城をおびやかす対抗プランを(やたらと敵意丸出しで)発表しました。

本記事では、日本通信が発表した対抗プランについて、詳しく解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら

注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。

ホームページはこちら↓ 

こちらも見てね
格安SIM15社ロゴ
【2021年】格安SIM15社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2021年格安SIM15社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注 ...

日本通信のドコモ対抗策、「合理的20GBプラン」

日本通信のプラン

(引用:日本通信

 

日本通信が出したドコモ対抗プラン(※1)は、「合理的20GBプラン」という、少し変わった名前が付けられています。

これが正式名称です。

 

同プランは、月額2,178円(税込)という他社よりも1,100円安い利用料金で、

  • 20GBのデータ量
  • 月70分の通話

を提供する、かなり強烈なプランです。

ちなみに、2021年2月18日リリースされているサービスなので、今すぐでも利用できます。

 

さらに、「月々のデータ通信量を自分で決められる」という仕組みもあります。

具体的には、20GBから30GBの間で、1GB単位で「今月はいくら使うかを決められる」わけです。

つまり、結局は「使ったデータ通信量が少なければ料金も安くなる」という仕組みになっています。

 

2021年、ドコモはこの仕組みと同様を、「ギガプラン上限設定オプション」として発表していました。

しかし同様の仕組みは、日本通信が2017年から提供しているもので、別にドコモだけがやっていることではありません。

 

この点について日本通信は、「ウチのアイデアをドコモに真似していただいて光栄です」と、嫌味を言っています。

なぜここまで敵意をむき出しにしているのかはさておき、要するにデータ通信量では、「合理的20GBプラン」はahamoと同等の使い勝手を持っているわけです。

 

日本通信は、プラン名にあるように、もともとは「月額1,980円(税別)で16GB」で提供されていました。

そしてドコモを狙い撃ちするかのように、「ドコモが新料金へ移行したら20GBにする」と考えていたようです。

しかしドコモ(とKDDI、ソフトバンク)の動向を見て、20GBの導入を前倒ししたとのこと。

いろいろと価格面で争っていて大変そうですが、ユーザーからしてみれば、争ってもらえればもらえるほどオトクになります。

今後もドコモがやり返して、さらに強力なプランが選択できるようになるかもしれませんね。

 

そうでなくとも、現行の「合理的20GBプラン」があまりにも強力です。

三大キャリアを使っている人は、一度でいいから日本通信への切り替えを検討してみましょう。

 

また、驚くべきことに「契約縛り」と「違約金」を設定していないのも重要です。

つまり日本通信は、「いつでも自由に抜けたり入ったりできる」、とてもオープンなサービスを提供しています。

これなら試しやすいし、提供されているサービスが合わなかったときもノーリスクで契約を解除することが可能です。

 

※1ドコモだけではなく、KDDIとソフトバンクにも対抗している向きもある。

 

ちなみに、日本通信はどんな会社? 評判は?

JCI(引用:日本通信

 

ところで、「日本通信って何?」と思っている人も多いのではないでしょうか。

今回のプラン発表合戦で、初めて名前を聞いた人もいるでしょう。

 

日本通信は、基本的に「格安シムカードを取り扱っている会社※2」と考えて問題ありません。

要するにUQ mobileなどと、やっていることは同じです。

 

日本通信は、まだ格安SIMが出回っていない時期から、先立って格安SIM業者に取り組んでいました。

b-mobile」という格安SIMを、ひっそりと提供していたのです。

つまり格安SIM業者としては老舗中の老舗であり、とても安心できる会社だと考えてかまいません。

 

日本通信は、普段から格安SIM業界では、割と静かにしていました。

しかしahamoの発表を受けて、三大キャリアで繰り広げられているプラン競争に、本気で殴り込んできたというわけです。

その結果が、三大キャリアを圧倒する「合理的20GBプラン」でした。

 

※2:厳密には傘下にある日本通信SIMの事業。

日本通信と対抗プランとドコモなどの三大キャリアを比較する

スマホとハート

続いて、日本通信の「合理的20GBプラン」と、ドコモの「ahamo」を比較してみましょう。

合わせて、SoftBank、auとも比較しています。

 

社名/プラン名月額利用料金月額のデータ通信量通話
日本通信
合理的20GBプラン
2,178円(税込)20GB月70分まで無料
ドコモ
ahamo
2,970円(税込)20GB1回5分まで無料
ソフトバンク
LINEMO
2,728円(税込)20GB5分間かけ放題550円(税込)
au
povo
2,728円(税込)20GB5分間かけ放題550円(税込)

というように、日本通信の合理的20GBプランが頭ひとつ抜けている感じがします。

そもそもahamoより更に792円安いというのが、どう考えても大きなメリットですよね。

 

月70分まで通話無料」というのは、人によっては大きなメリットになります。

ほとんど通話をしない人であれば、基本的に通話料は無料か定額でおさえられるはずです。

 

データ通信量については、三大キャリアと日本通信の間で違いはありません。

本来は16GBの予定でしたが、(おそらく少し無理して)20GBまで引き上げています。

本当によくできたプランだと言えるでしょう。

 

ただし、日本通信にまったくデメリットがないわけではありません。

まず、「スマートフォンとのセット販売が存在しない」点が、小さいながらもデメリットとして挙げられます。

つまり日本通信を利用する場合は「スマートフォンを持ち込む」必要があります。

 

また、「家族割」といった各種割引が、現状ではほぼ存在しない点にも注意。

いい意味でも悪い意味でも「2,178円/月」で固定されているので、その点とうまく向き合っていく必要があります。

各キャリアオンラインショップはこちら

注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。

ホームページはこちら↓ 

こちらも見てね
格安SIM15社ロゴ
【2021年】格安SIM15社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2021年格安SIM15社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注 ...

まとめ

1000円

今までは表に出てこず、ひっそりとしていた日本通信。

しかしahamoの登場により、「合理的20GBプラン」を打ち立てて殴り込みにかかってきました。

細かいところにもメリットが点在しますが、とにかく「三大キャリアとほぼ同じ条件なのに、1,000円近く安い」というのがあまりにも強力です。

ぜひ一度、日本通信への乗り換えも検討してみましょう。

 

役に立ったら
いいね ! してね

-au, docomo, softbank, 格安SIM
-

Copyright© スマホ戦士 , 2021 All Rights Reserved.