au softbank

ソフトバンクが対抗プラン発表! KDDIを圧倒できるか?

投稿日:

かつてないほどの盛り上がりを見せる、三大キャリア同士での値下げ合戦。

2020年12月あたりから、何度も新しいプランが発表されています。

しっかり追いかけていないと、一番オトクなプランを見逃してしまいそうです。

 

そして2021年2月18日、ソフトバンクがまたしても新しいプランを提供。

これはKDDIに対する”対抗プラン”であり、また一回り安いプランに仕上がっています。

 

本記事では、ソフトバンクの新プランについて、詳しく解説します。

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクの新対抗プラン「LINEMO」とは?

LINEMO

(引用:SoftBank

ソフトバンクの新対抗プラン「LINEMO」は、先ほども触れたとおりKDDIへの対抗プランです。

つまりpovoを全体的にブラッシュアップしたような、たいへん魅力的なプラン。

まずはLINEMO自体がどんなプランなのか、チェックしてみましょう。

基本的なプランのしくみ

LINEMOのポイントを簡単に解説すると、

  • auとドコモより500円安い、月額2,480円
  • データ通信量は20GB
  • 1回5分以内の通話オプションを月額500円で付与
  • 5G対応
  • LINEでの通信はデータ通信量にカウントしない
  • 提供開始は2021年3月17日

 

というものです。

後ほど詳しく解説しますが、基本的にはauのpovoと同水準に仕上がっています。

 

データ通信量は大容量の20GBで、これはもう最低限クリアできている形ですね。

そして通話オプションをつけたとしても、月額料金は2,980円と、かなり強力なプランとして仕上がっています。

LINEとのシナジーがすごい!

LINEMOだけの特徴として、「LINEとのシナジーが強い」という点が挙げられます。

先ほど触れたとおり、LINEMOでは、「LINEの使用によって発生したデータ通信量」を、データ通信量としてカウントしません。

つまりLINEは使い放題であり、LINE通話を利用するならほとんど”通話し放題”の状態になります。

 

また、夏以降はLINEのクリエイターズスタンプを無料で利用できるのもポイント。

クリエイターズスタンプはなんと700万種類以上あり、とんでもないバリエーションのスタンプを自由に利用できます。

 

またサポートにおいては、LINEを介した形で提供される見込み。

つまり困りごとがあれば、使い慣れているLINEをとおしてサポートしてもらえるわけです。

いちいち電話をかける必要もありません。

その他

その他のLINEMOの仕様について触れておきましょう。

実際の運用で関わりそうなポイントについては、以下のような対応が取られています。

通信制限時の対応1Mbpsの速度で通信可能
国際ローミング米国、フランスなどの先進国では利用可能
通話品質VoLTE対応が見込まれる
通話オプションのバリエーション1,650円/月で、国内通話無料になるオプションあり
回線ソフトバンク
eSIM対応

ソフトバンク「LINEMO」のデメリットとは?

上記のとおり、LINEMOはかなり魅力的なプランとして仕上がっています。

少なくともauのpovoに対する対抗プランを名乗るうえで、決して恥ずかしくない内容です。

 

ただし、デメリットがまったくないわけではありません。

LINEとのシナジーを追求したことから、LINEMOは少し特殊なプランに仕上がっています。

よって、デメリットについても意外なところで見受けられるのが特徴です。

後々で困らないように、今のうちによく知っておく必要があります。

デメリット①キャリアメールが使えない

まず、なぜか「キャリアメールが使えなくなる」というデメリットがあります。

つまり、「softbank.ne.jp」・「i.softbank.jp」のメールアドレスは使えなくなるわけですね。

要するにLINEMOに乗り換えるなら、フリーメールアドレスを用意しなければいけません。

デメリット②従来の割引などとは切り離される

ソフトバンクでは、

  • 家族割引
  • Yahoo!に関連した特典
  • PayPayに関連した優遇

といったものが用意されていました。

これで利用料金を目減りさせられるのがメリットだったわけです。

 

しかし、LINEとのシナジーを追求した結果なのか、LINEMOではういった待遇はすべて消滅しています。

代わりにLINEを相当に使いこなせるようになるわけですが、ここに納得できるかがポイントとなるでしょう。

ただし、LINEMO自体がとんでもなく安いプランなので、工夫すれば従来よりも安くできる余地はあります。

デメリット③オンライン契約しか用意されていない

LINEMOは、現状ではオンライン契約して対応していません。

店舗契約に慣れている人は、少しとまどう場面も出てくるでしょう。

ただし、逆に言えばいちいち店舗まで行かなくてもよい、ということでもあります。

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

さいごに:ソフトバンクとau、で新プランを比較

比較検討

先ほども触れたとおり、LINEMOはauのpovoを意識した対抗プランです。

結果としてどちらがすぐれているか、特にauとソフトバンクユーザーからしてみれば興味深いところ。

主要な項目において、それぞれのプランを比較してみましょう。

項目LINEMOpovo
月額料金2,480円2,480円
データ通信量20GB20GB
5分以内の通話月額500円月額500円
5G利用可利用可能
申込方法オンライン・LINEオンライン
家族割なしなし
開始時期2021年3月17日3月中
その他の特性LINEが実質使い放題”トッピング”でカスタマイズが可能

 

上記のとおり、LINEMOとpovoは”ほとんど同じ内容”だと言えます。

どちらか一方が優れているとは、なかなか断言しづらいところです。

唯一の違いは「その他の特性」でしょう。

 

先ほども触れたとおり、LINEMOにはLINEとのシナジーがあります。

一方でpovoは、「トッピング」が存在するのがポイントです。

トッピングとは、要するにオプションのことですね。

 

たいていのトッピングはさほど目新しいものではありませんが、「200円で、24時間、データ通信し放題」になるというものがあります。

また、トッピングは今後も次々と追加されていく見込みです。

これは、LINEMOには(今のところは)ない特性と将来性だと言えるでしょう。

 

と、両者とも工夫を凝らして、できるだけ他社にはない強みを演出しようとしています。

こういった違いが自分自身にフィットするか否かが、選ぶうえでのポイントとなるでしょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-au, softbank
-

Copyright© スマホ戦士 , 2021 All Rights Reserved.