iphone

ドコモiPhoneの維持費はバカ高いのか?維持費をチェック

  • できるだけiPhoneの維持費を安くしたい
  • ドコモの場合、維持費はどれくらいかかるんだろう?
  • ドコモってバカ高いイメージがある

 

というように感じている人は多いでしょう。

格安SIMでないドコモの場合、やはり維持費をおさえることは重要です。

 

本記事では、ドコモでiPhoneを使う場合の維持費について、詳しく解説します。

ドコモユーザーと、乗り換えを考えている人は、ぜひ参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

 

ドコモでiPhoneを使うなら、維持費いくらくらい?

iPhoneと1万円

ドコモでiPhoneを利用する場合、維持費としては月々5,000円から10,000円程度は見積もっておきましょう。

 

ドコモには、以下のような基本的なプランが用意されています。

プラン名月々の利用料金
5ギガホプレミア6,550円(税込7,315円)
5ギガライト3,150円〜6,150円(税込3,465円〜6,765円)
ギガホプレミア6,550円(税込7,315円)
ギガライト3,150円〜6,150円(税込3,465円〜6,765円)
ahamo(アハモ)2,700円

 

このプラン利用料金に対して、

  • 端末の割賦払い
  • オプション利用料金
  • 通話料

 

といった諸費用を追加した金額が、いわゆる維持費となるわけですね。

となると、おおむね5,000円から10,000円が、ドコモでiPhoneを利用する維持費のめやすと言えます。

高くもなく安くもなく、「普通の金額」といったところです。

ドコモでiPhoneを使う場合の維持費をチェックしよう!

上記では、ドコモでiPhoneを使う場合の維持費について解説しました。

とはいえ維持費は、「どこまでのプランやオプションの求めるか?」という点によって変化します。

 

これを正確に掴むなら、ドコモの料金シミュレーションを利用するのがおすすめ。

 

シミュレーション(引用:NTTdocomo

 

シミュレーションを利用すれば、ドコモでiPhoneを利用する場合の維持費について、きちんと把握できます。

よって、「契約してから思ったよりお金がかかった」というケースは、かなり減らせるでしょう。

ドコモでiPhoneを使う場合の維持費を、限界までおさえよう!

iPhoneと街並み

本記事を読んでいる人の多くは、「できるだけiPhoneの維持費を安くしいたいな」と思っているでしょう。

とはいえ、「ドコモの場合、何をどうすれば安くおさえられるかわからない」という人は多いはずです。

 

乗り換えユーザーはもちろんのこと、ドコモユーザーですらもピンとこないかもしれまえせん。

下記では、できるだけiPhoneの維持費を下げる方法について解説します。

うまく組み合わせれば、先ほど紹介しためやすよりも低い維持費が実現できるかもしれません。

 

ただし今回紹介しているものは、時期によって終了しているケースもあるので、注意してください。

みんなドコモ割を利用する

ドコモでiPhoneの維持費を使う場合、できるだけ「みんなドコモ割」を利用しましょう。

みんなドコモ割とは、要するに「家族割」に該当するサービスです。

 

一定の条件を満たした契約であれば、iPhone1台ごとに1,100円割引されます。

つまり4人家族で4台使っているなら、全体で4,400円安くなるわけですね。

 

これなら自分だけではなく、家族全体の維持費を下げることが可能です。

一度、家族全体でドコモへ乗り換えられないか、検討してみるのがよいでしょう。

はじめてスマホ購入サポートを利用する

また、「はじめてスマホ購入サポート」を利用する方法もあります。

これは、条件を満たしている場合、iPhoneの端末料金が「11,000円〜22,000円安くなる」というものです。

 

つまり、iPhoneの割賦支払いが安くなるので、維持費も落とせるというわけですね。

条件を満たしている場合は、ぜひとも利用したいところです。

ドコモ光セットを利用する

ネット環境が整っていないなら、「ドコモ光セット」を利用するのがおすすめ。

ドコモ光セットとは、インターネット回線「ドコモ光」を同時利用する場合に適用される割引です。

 

この場合、最大で1,100円の割引が入ります。

ドコモ光をインターネット回線として信用しているなら、ぜひとも利用してみましょう。

中古のiPhoneを持ってくる

絶対にやって欲しいのが、中古のiPhoneを持ち込んで契約するという方法。

中古のiPhoneがあれば、ドコモにおける維持費はグッとおさえられます。

何せ、機種代金がかからなくなるのは大きなポイント。

 

ドコモでiPhoneを新規に購入する場合、だいたい新品としての費用がかかります。

しかし中古のiPhoneなら、場合によっては10,000円以下で用意することが可能です。

最初だけは少しお金がかかりますが、長い目で見ると「ドコモにおけるiPhoneの維持費はものすごく安くなる」というメリットがあります。

その他の方法について

他にも、ドコモではさまざまな割引をラインナップしています。

上記はあくまでも一例なわけですね。

たとえば、

  • home 5G割
  • ドコモのロング学割
  • 子育てサポート割引
  • はじめてスマホ割

といったものが用意されています。

こういったものを適用することで、維持費をおさえる方法もあるわけです。

 

ただし適用条件や同時適用できない割引などもあるので、詳しくはドコモ公式サイト、もしくはショップにて確認しておきましょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

 

まとめ:ドコモでiPhoneを使うなら、維持費は5,000〜10,000円くらいになる

ドコモ

ドコモでiPhoneを使うなら、維持費はだいたい5,000円〜10,000円くらいなります。

おそらく、多くの人が予測している金額におさまっているのではないでしょうか?

基本的にどんなプランを選んでも、無茶な維持費にはならないはずです。

 

ただしドコモは格安SIM業者ではないので、決してびっくりするほど安い維持費でiPhoneを提供しているとは言えません。

もしドコモにおいて安い維持費でiPhoneを利用したいなら、できるだけ安くおさえられるように、各種割引を利用しましょう。

また、中古のiPhoneを購入して、契約だけはドコモから引いてくるといった方法も、たいへん有効です。

ぜひともうまく立ち回って、ドコモのiPhoneを安い維持費で利用しましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士