iphone

iPhoneの画面に現れる黒色や白色の「にじみ」の正体は何か?

iPhoneを使っていると、画面上に真っ黒い「にじみ」が出てくることがあります。

たとえば、

  • 画面上に黒い「にじみ」がある
  • 画面の端っこが黄色っぽく変色している
  • 全体的に白っぽく変色している

というようなケースです。

 

結論から言うと、これは「iPhoneの画面液晶に異常があるか、浸水している」という状態。

当然ながら、iPhoneの修理や買い替えが必要となるでしょう。

今回は、

  • iPhoneの「にじみ」の種類や原因
  • 「にじみ」が現れたときの対応

を、中心に解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの画面に現れる「にじみ」の種類と原因

割れたiPhone

まずは、iPhoneの画面に現れる「にじみ」の種類について解説しましょう。

黒い「にじみ」は液晶漏れ

もっともよく見られるのが真っ黒な「にじみ」。

真っ黒の場合は、「iPhoneが液晶漏れしている」と考えて問題ありません。

iPhoneの液晶を封じている部分が破損していて、画面上へ露出している状態です。

黄色っぽい「にじみ」は、”液晶焼け”

あまり多いケースではありませんが、iPhoneの画面上に黄色っぽい「にじみ」が現れるケースもあります。

特に、画面の端っこを、少しずつ囲っていくように出てくることが多い様子です。

 

これは、「液晶焼け」などと呼ばれるものです。

液晶焼けは、わかりやすく言えば「iPhone液晶画面の経年劣化」。

こればかりはiPhoneの寿命によるものなので、避けようがありません。

 

液晶焼けしている場合は、「前の画面の色調がいつまでも残っている」といった不具合が起こります。

白っぽい「にじみ」は、浸水

iPhoneの画面には、白っぽい「にじみ」が現れることもあります。

白っぽい「にじみ」については、何らかの理由で浸水していると考えて問題ありません。

直近でiPhoneを水没させた経緯があると、白っぽい「にじみ」が出てくることもあるでしょう。

水没させてなくても、浸水することはあります。

何らかの拍子でiPhoneに水が入り込んで、それが液晶上に現れるというわけですね。

iPhoneの画面に現れる「にじみ」を放置してはいけない!

iPhone おどろく

たとえ小規模なものでも、iPhoneの画面に「にじみ」が出たなら、放置してはいけません。

すぐに修理や交換、あるいは買い替えなどの対応が必要です。

iPhoneの画面に現れる「にじみ」を放置していると、以下のようなトラブルに発展する可能性があります。

正常にタッチできなくなる

iPhoneの画面に「にじみ」が現れている場合、いずれ「正常にタッチできなくなる」という現象が起こるでしょう。

iPhoneがタッチ操作できるのは、液晶があるべき場所に格納されているからです。

おそらく今は、「にじみ」が現れていない部分だけは、タッチが有効となっているでしょう。

しかし、「にじみ」は少しずつ広がっていくので、いずれ重要な部分をタッチできなくなります。

 

さらに「にじみ」が、iPhoneの内側へ侵入した場合はさらに深刻です。

そこにはタッチを感知するセンサーやその周辺機器があります。

これらが漏れてきた液晶にさらされると、タッチをいっさい受け付けなくなるかもしれません。

 

さらに、タッチの誤認識などがあり、意図しない操作を実行される可能性もあります。

怪我をすることもある

iPhoneの液晶漏れによって「にじみ」が起こっているなら、直前に「画面を割った」という経緯があるかもしれません。

その場合、割れた画面の破片によってケガをすることもあります。

特に小さな破片が非常に危険です。

破片がついている手で目をこするとか、そういったこともあ「るでしょう。

また、漏れ出した液晶が手に付着し、それを何かしらの拍子で口の中へ入れてしまう、ということもあり得ます。

浸水が広がる

iPhoneに白い「にじみ」が出ている場合、すでに画面直下は水没しています。

iPhoneは意外と浸水に強いもので、画面直下が水没していても、(見栄えはともかくとして)普通に使えるケースもあるでしょう。

しかし画面直下に入り込んだ水は、振動などで他の部分へと移動することがあります。

移動した先が基盤などであれば、iPhoneが完全に動かなくなることもあるでしょう。

 

また、ショートすることもあります。

iPhoneの液晶に白い「にじみ」が出ているときに電源を立ち上げると、「にじみ」の部分に電気が通ります。

すると一瞬だけiPhoneの画面が発光して、2度と立ち上がらなくなるというったことも起こりうるのです。

 

ちなみに黒い「にじみ」によっても、浸水が起こるかもしれません。

iPhoneの液晶は、わずかですが水分を含んでいます。

つまり液晶がiPhone内部へ移動すると、やはり浸水して重大な不具合を起こすかもしれないのです。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの液晶の「にじみ」、修理するならどれくらいかかる?

というようにiPhoneの液晶における「にじみ」は、たいへん重大なものです。

やはり、すぐに修理する必要があるでしょう。

iPhoneの液晶を修理する場合は、おおむね以下のような費用がかかります。

 

  • Apple Care利用時:およそ20,240円〜42,680円(保証が適用されなかった場合)
  • 修理店で修理する場合:およそ25,000円〜40,000円

 

あくまでも目安にはなりますが、基本的には20,000円以上の費用がかかると考えておきましょう。

また、液晶のにじみが他の場所を損傷させているケースもあります。

そういったケースでは、より多くの費用がかかる必要もあるでしょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneの液晶割れなら、買い替えも検討したほうがよい

新型iPhone

iPhoneのにじみは、基本的には修理対応する必要があります。

やはりiPhoneの要である液晶画面に異常がある状態は、放置できません。

 

ただ、修理すると「新しいiPhone買えるんじゃないか?」と思ってしまうような費用がかかることもあります。

たとえばiPhone XSのAppleCareでの画面修理費は36,680円です。

これなら、iPhone XSを無理に修理するよりも、新しいナンバリングへ乗り換えたほうがよいかもしれません。

 

もしiPhoneを乗り換えるなら、オンラインショップでの購入がおすすめ。

オンラインショップなら、万が一の修理サポートや限定割引などを利用して、お得にiPhoneを購入できるケースがあります。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士