iphone

iPhoneの修理は即日完了できる?すぐに直す方法を解説!

  • iPhoneが故障してしまった!
  • 明日も使うから即日で修理したい!
  • でも、修理には何週間かかるのでは?

 

上記のように考えている人は多いでしょう。

結論から言えば、iPhoneを即日で修理することは可能です。

ただしこの場合は非正規店を利用するので、大きなデメリットがあることは覚悟しなければいけません。

 

本記事では以下について解説します。

  • iPhoneを即日修理する方法とケース、費用
  • 即日修理における大きなデメリット
  • 即日修理よりも買い替えを推奨する理由

iPhoneの即日修理を検討している人はぜひ参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの修理は即日完了する方法とケース、費用

iPhoneと2本の工具

まずは、iPhoneの修理を即日完了する方法とケース、そして費用をおさえておきましょう。

もちろんデメリットもあるのですが、それは後ほど解説します。

iPhoneを即日修理する方法

iPhoneを即日修理する方法は、「非正規修理店」を利用することです。

iPhoneの修理サービスには、実は2種類あります。

 

Appleやキャリア、あるいはAppleが指定した修理店(カメラのキタムラなど)での「正規修理」。

もう一つはAppleから許可を得ないで勝手にやっている「非正規修理」です。

 

即日修理する場合、リスクは承知で非正規修理を利用します。

これなら、正規修理のように2週間とか3週間といった時間をかけることなく、おおむね即日修理することが可能です。

iPhoneの即日修理できるケース

しかし、即日修理できるケースもあれば、そうではない場合もあります。

以下のような故障であれば、たいてい即日修理することが可能です。

 

  • ディスプレイのひび割れ
  • バッテリーの不調
  • バッテリーの交換
  • ゴーストタッチの発生
  • タップ・スライド操作が通らない
  • 音がならない
  • 通話音が聞こえない

 

だいたいのケースでは修理することが可能ですが、たとえば「水没」や「ショート」などには対応していません。

iPhoneを即日で修理する場合にかかる費用

iPhoneを即日で修理する場合の費用は、故障内容や店舗によってさまざまです。

ただ、相場を掴むためにiPhone12の修理費用の一例を紹介します。

 

  • ディスプレイ修理・交換→35,000円
  • バッテリー修理・交換→10,000円
  • タップ・スライド操作不具合の修理→15,000円
  • ライトニングコネクタの修理→14,800円
  • イヤースピーカーの修理→15,000円
  • カメラの修理・交換→14,000円

 

非正規店の費用は、正規修理よりもやや安い部分があります。

しかそれでも数万円単位の出費は覚悟しなければいけません。

修理にかかる時間は?

iPhoneを修理する場合、即日といえども多少の時間はかかります。

最低でも2,3時間程度は見ておくのがよいでしょう。

故障の内容によっては、朝から晩までかかる可能性もあります。

即日で修理するなら、できるだけ早い段階でも持ち込むことが重要だと言えるでしょう。

夕方に持ち込むと、内容次第では「明日朝一の返却」になるかもしれません。

 

非正規店でのiPhoneの即日修理をおすすめできない理由

iPhoneを開く

上記のとおり、非正規店を利用すればiPhoneを即日修理することは可能です。

本当に切羽詰まったときは、この方法は役に立つかもしれません。

しかい非正規店での修理には、大きなデメリットが2つ挙げられます。

  • 今後、正規店での修理を受けられなくなる
  • かならず修理が成功するとは限らない

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

今後、正規店での修理を受けられなくなる

iPhoneを非正規修理した場合、今後は正規店での修理が受けられなくなります。

なぜならAppleは「非正規に修理したiPhoneには何もサポートしない」と言っているからです。

これは非常に大きなデメリットで、今後故障があったとしても、助けてもらえなくなります。

かならず修理が成功するとは限らない

また、非正規店での修理はかならず成功するとは限りません。

非正規店での修理技術は不安定で、最悪の場合「修理は失敗したけれどお金は取られる」というケースもあります。

この不確実さは、非正規店における大きなデメリットのひとつです。

正規店での修理は即日で完了する?

結論から言うと、正規店での修理が即日で完了することはまずありません。

どこに持ち込んでも、「返却まで1週間から2週間かかる」と回答されるでしょう。

一応genius storeであれば、ごくまれに即日修理できるケースもあります。

しかし本当に軽微な故障に限った話なので、あまりアテにはなりません。

 

またgenius storeは都市部にしかないので、アクセスしづらいという問題もあります。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneを即日修理できないなら買い替えがおすすめ

基板

iPhoneの即日修理は、まず正規店ではほぼ不可能です。

かといって非正規店での修理もリスクが高く、非常に厄介な状態だと言えるでしょう。

どちらにもデメリットがあり、悩ましいところです。

 

ただ、この両方を避ける方法として、「iPhoneの買い替え」という手段があります。

つまり今あるiPhoneを修理するのではなく、新しいiPhoneに切り替えるという発想です。

 

先ほど触れたとおり、iPhoneを即日修理するにはリスクがあります。

さらに費用も高額で、正規修理なら70,000円以上かかることも。

つまり、新品のiPhoneを買えるくらいの費用がかかるわけです。

 

だとすれば、いっそのこと新しいiPhoneの購入を検討してみましょう。

70,000円前後で購入できるiPhoneはいくらでもあります。

 

さらに故障したiPhoneを下取りに出す、という方法もあります。

これはキャリアやAppleに故障したiPhoneを買い取ってもらうということで、売却額を新規端末の購入額に充当することが可能です。

そうすれば、新しいiPhoneをさらに安く購入できます。

 

またオンラインショップでれば、さらにキャンペーンや特典、端末代金の割引といったメリットを受けることも可能です。

ぜひ一度オンラインショップを覗いて、買い替えの方向で対応できないか、一度検討してみましょう。

 

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士