iphone

iPhoneの充電が、いつまで経っても終わらない時の対処法

iPhoneでは、ときどき「いつまで経っても充電が終わらない」という不具合が起こります。

充電中を示す「雷のマーク」は付いているのに、実際の充電容量は回復しない、ということですね。

 

この状態が続いている場合、iPhoneか周辺機器に異常があると考えられます。

特にiPhoneのバッテリーをはじめとした不具合が原因である可能性は高く、たいていは機種変更の時期が来ていると言えるでしょう。

今回は、iPhoneの充電がいつまで経っても終わらない理由と、その対処法について解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの充電が、いつまで経っても終わらない理由

充電が少ない

iPhoneの充電がいつまで経っても終わらないなら、以下のような原因が考えられるでしょう。

  • 充電器や充電ケーブルの不具合
  • ジャックの汚れ
  • iPhone本体の故障

それぞれについて、下記で詳しく解説します。

充電器や充電ケーブルの不具合

iPhoneの充電がいつまで経っても終わらない原因として、「充電器や充電ケーブルの不具合」が考えられます。

充電器が故障しているか、充電ケーブルが断線しているか、そのどちらかです。

 

特にApple純正品を利用していない場合、うまく充電できないケースがあります。

純正品ではない充電器や充電ケーブルは、(メーカーにもよりますが)質が悪いのです。

ジャックの汚れ

比較的対処しやすい原因として、「ジャックの汚れ」が考えられます。

つまり充電するためのジャックの汚れが邪魔をしているというわけですね。

その結果、iPhoneは充電中だと認識しているものの、実際にはバッテリーに電気が通っていないということが起こります。

特に何年も利用しているiPhoneは、ジャックが汚れている場合が多いものです。

 

ただ、iPhoneのジャックは、本来少々の汚れで充電に影響が出るものではありません。

ジャックの汚れが充電に影響しているなら、iPhoneの充電に関する部品が故障・劣化している可能性もあります。

そのように考えると、ジャックの汚れで充電がうまくいかないなら、機種変更を検討したほうがよいとも言えます。

iPhone本体の故障や劣化

最後は、「iPhone本体の故障や劣化」というケース。

iPhoneの充電がいつまで経っても終わらない原因としてもっとも多いものです。

 

iPhone本体の充電に関する部品(バッテリーなど)が、故障もしくは劣化していると、やはり充電には影響してきます。

いつまで経っても充電が終わらないという現象につながることもあるでしょう。

また、

 

  • 充電速度が異常に遅い
  • やたらとバッテリーの持ちが悪い
  • 少しケーブルを動かしただけで、充電が中断される
  • そもそも充電ができない

 

といった不具合が出てくることもあります。

特に何年も使っているiPhoneは、寿命の関係でこういった不具合を起こすものです。

 

また、iPhoneの使い方によっては、寿命でなくても故障や劣化が起こっていることもあるでしょう。

たとえば、自動車や夜行バス、あるいは新幹線での充電は、iPhoneに負担を与えます。

これらの充電設備は、ソケットの電圧が通常と異なるものです。

結果として、iPhoneに負担を強いて、故障や劣化の原因となることもあります。

iPhoneの充電が、いつまで経っても終わらないときの対処法

充電良好

iPhoneの充電が、いつまで経っても終わらないときの対処法は、いくつか考えられます。

下記の対処法を試していけば、iPhoneを通常どおり充電できるかもしれません。

ただし根本的にiPhoneの故障や劣化を解決するものではないので、注意してください。

充電器と充電ケーブルを変える

最初に試して欲しいのは、充電器や充電ケーブルを変えること。

充電器や充電ケーブルに原因がある場合は、それを変えることで、充電の問題は解決できます。

特にApple純正品でないものを使っている場合、純正品に切り替えることで、通常どおり充電できるようになるはずです。

壁のコンセントから充電する

iPhoneを充電するときは、壁のコンセントを利用してみましょう。

USBポートなどから充電している場合は、それらの不具合により充電できないケースがあるのです。

あるいはiPhoneのほうが、USBポートでは充電できない程度の故障・劣化を起こしているのかもしれません。

できれば純正品を使って、壁のコンセントから充電してみましょう。

ジャックを清掃する

続いて、iPhoneのジャックを清掃するという方法。

ジャックの汚れをきれいに取り除けば、通常どおり充電できるようになるかもしれません。

綿棒などを使って、ジャック内部を清掃してみましょう。

ただし「針」をはじめとした金属製のもので清掃するのはNG。

その方法だと、ジャックを傷つけてしまう可能性があります。

【予防策】充電したまま使用しない

対処法というよりも予防策になりますが、iPhoneはできるだけ充電したまま使用しないのがおすすめ。

なぜならiPhoneを充電しながら使うと、バッテリーやその周辺部位に大きな負担がかかるからです。

すぐに故障するわけではありませんが、いずれ故障や劣化の原因となります。

もし今まで習慣的に充電しながらiPhoneを使用していた場合は、それが充電の不具合の原因かもしれません。

いずれにせよ、充電しながら使用するのは避けたほうがよいでしょう。

まとめ:iPhoneの充電に問題があるなら、機種変更するのが確実

充電が少ない

iPhoneは、「いつまで経っても充電が終わらない」というケースを含めて、充電に関してさまざまな不具合を起こしうるものです。

もちろん、状態のよいiPhoneなら、充電についてさほど大きな問題を起こすことはないでしょう。

 

ただし、何年も使っているiPhoneの場合、充電について不具合が出てくることは、どうしても避けられないもの。

本記事では紹介したように、いくつかの方法で一時的に充電できるようになるケースもあります。

ただし、根本的に充電と関係した故障や劣化が解決するわけではありません。

「いつまで経っても充電が終わらない」といった問題が出てくるなら、素直に機種変更したほうがよいでしょう。

 

もしiPhoneを機種変更する場合は、オンラインショップから手続きするのがおすすめ。

オンラインショップのみで適用される割引やキャンペーンなども用意されているので、お得に機種変更できます。

何の機種がどれくらいの価格で購入できるのか、一度確認してみましょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士