iphone

【安全かつ高価買取!】iPhoneを売る前にすること7つを紹介

古いiPhoneを売りに出そうと考えている人は、多いのではないでしょうか?

しかし、思いついてすぐに売り出すのはよくありません。

 

iPhoneを売る前にすることが、いくつかあるのです。

これをきちんとやっておかないと、後々大きなトラブルになるかもしれません。

また、よい価格で買い取ってもらえないケースもあるでしょう。

 

今回は、「iPhoneを売る前にすること」を7つ、紹介します。

色々とすることはあるのですが、少なくとも本記事で紹介したポイントさえおさえておけば、安全かつ高価に売り出すことが可能です。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

これだけはやっておこう!iPhoneを売る前にすること7つ

iPhone

iPhoneを売る前にすることとしては、以下が挙げられるでしょう。

 

  • iPhoneを売る前に最初にすることは、とにかくバックアップ!
  • iPhoneを初期化しておく
  • iCloudをログアウトしておく
  • ネットワーク制限をチェック
  • iPhoneを売るなら、SIMカードは忘れずに抜いておく
  • 「iPhoneを探す」をオフにしておく
  • きれいに掃除しておく

 

意外とたくさんあって、少し時間もかかります。

しかし、iPhoneを売る前にすることをやっていないと、個人情報が流出する可能性もあります。

ここはじっくり時間をかけて、完璧な状態で売り出せるようにしておきましょう。

iPhoneを売る前にすることは、とにかくバックアップが優先!

iPhoneを売るのであれば、とにかく真っ先にバックアップを取りましょう。

バックアップしておかないと、売りに出した時点でデータが消失してしまいます。

基本的には、iCloudを利用したバックアップで、データは保存しておくのがよいでしょう。

iPhoneを初期化しておく

iPhoneのデータがバックアップできたら、当然ながら初期化を実施しましょう。

iPhoneを初期化しないで売りに出すと、データを盗み見られる可能性もあります。

手順については少し複雑で、iOSやナンバリングで異なる場合も。

したがって、Appleサポートを参照しながら初期化することをおすすめします。

 

ただし店舗で買い取ってもらう場合は、店舗側で初期化してくれるケースも。

このあたりは、店舗の対応を頼ってもよいでしょう。

iCloudをログアウトしておく

iPhoneを売る前にすることとして、「iCloudからログアウトしておく」という作業は忘れがちです。

iCloudnにログインできる状態だと、やはり何かしらの情報を盗まれる可能性もあります。

iCloudからログアウトする方法は、以下のとおりです。

 

  1. 設定を開く
  2. Apple IDをタップする
  3. 画面最下部にある「サインアウト」を選択する

これで、iCloudへログインするためには、パスワードの入力が必要な状態へ変化しました。

つまり、第三者がiCloudへログインされる可能性は、パスワードが流出しない限りはあり得ないというわけです。

 

iCloudからのログアウトする操作は、iPhoneを売る前にすることの筆頭なのですが、意外と忘れがち。

忘れずに操作しておきましょう。

ネットワーク制限をチェック

iPhoneを売る前にすることの一つとして、「ネットワーク利用制限をチェックする」という作業があります。

わかりやすく言えば、「売りに出そうとしているiPhoneについて、機種代金は支払い済みかどうか」を確認するというわけです。

 

まだ機種代金の支払い義務が残っている場合、そもそも買い取ってもらえない可能性があります。

あるいは、支払い残高ぶん、買取価格を安くおさえられるケースもあるでしょう。

 

支払い状況については、iPhoneを購入したキャリア・格安SIM業者で確認可能です。

たとえばSoftBankなら、「My SoftBank」にて確認できます。

しっかりと支払い状況を確認してから、iPhoneを売却しましょう。

iPhoneを売るなら、SIMカードは忘れずに抜いておく

iPhoneを売る前にすることのひとつとして、「SIMカードを抜いておく」という段階があります。

ものすごく当たり前のことなのですが、意外と忘れてしまう人は多いものです。

 

店舗で買い取ってもらう場合は、「SIMカードが刺さっていましたよ」と教えてくれるでしょう。

問題はオークションなどに出品する場合で、気づかずSIMカードを譲り渡してしまう場合も。

そうするとSIMカードを解析されて、個人情報が盗まれるかもしれません。

かならずSIMカードを本体から抜き取ってから、iPhoneを売り出すようにしましょう。

「iPhoneを探す」をオフにしておく

iPhoneを売る前に、「iPhoneを探す」はオフにしておきましょう。

なぜオフにしておく必要があるかというと、オンのままだと買取価格が安くなるからです。

 

「iPhoneを探す」がオンになっていると、「アクティベーション(iPhoneの初期設定)」が、自分のパスワードを入力しないと実施できなくなります。

その状態だと、iPhoneは「ジャンク」として査定され、買取価格が安くなってしまうのです。

したがって高価買取を狙うなら、「iPhoneを探す」はオフにしておかなければいけません。

きれいに掃除しておく

iPhoneを高く売るなら、本体はきれいに掃除しておくとよいでしょう。

やはり見栄えが悪いと、iPhoneの査定は非常に厳しくなります。

画面や背面、イヤホンジャックなど、きれいに掃除できるところはできるだけやっておきましょう。

たとえ古いiPhoneでも、掃除して一時的とはいえ美しく見せることで、買取価格がグッと高まるかもしれません。

 

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneを売る前にすること、きちんとやっておこう

iPhone2

iPhoneを売りに出す前には、いろいろとやっておくべきことがあります。

それを忘れていたら、個人情報が盗まれてしまうかもしれません。

そして、場合によっては買取価格に影響してくる場合もあります。

安全に、そして高価買取をしてもらいたいなら、iPhoneを売る前にすることは、しっかりとやっておきましょう。

本記事では紹介したことをやっておけば、特に問題なくiPhoneを売却できるはずです。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士