iphone

iPhoneを毎年買い替えることのメリットとデメリット

iPhoneについては、「毎年買い替える」というスタンスを取る人もいます。

同じように「毎年買い替えてみたい」と思う人も多いのではないでしょうか?

 

本記事では、

  • iPhoneを毎年買い替えると、何がいいのか
  • 毎年買い替えるうえでのデメリット

について、詳しく解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneを毎年買い替えると、何がいいの?

iPhone2台

iPhoneを買い替えるメリットはさまざま存在します。

中でも、以下の6点はたいへん重要でしょう。

 

  • 常に最先端のiPhoneが使える
  • AppleCare+が不要になる
  • 常にキレイな状態
  • 毎年買い替えるのが楽しみになる
  • バッテリーの劣化を考える必要がなくなる
  • 頑張れば実質的に安い値段で買える

 

それぞれについて、詳しく解説します。

常に最先端のiPhoneが使える

を毎年買い替えるのだから、常に最先端のiPhoneを利用できます。

新しいガジェットが好きな人にとっては、たまならないのではないでしょうか?

 

iPhoneは1年に1回、新作が発表されます。

つまり毎年買い替えるなら、常に最先端のiPhoneを持てるわけです。

もちろん、機能やスペックも最新かつ最高峰のもの使用できます。

これはiPhoneを毎年買い替える、たいへん重要なメリットだと言えるでしょう。

AppleCare+が不要になる

iPhoneを毎年買い替える場合、基本的にAppleCare+がほぼ不要となります。

 

iPhoneを新規に購入した場合、基本的には1年間の保証が付きます。

つまり毎年買い替えるかぎり、ずっと保証が効き続けるわけです。

 

よってAppleCare+に加入する必要が、ほぼなくなります。

ただし過失による故障への保証はAppleCare+にしかないので、万全を期すならもちろん加入してもかまいません。

常にキレイな状態

iPhoneを毎年買い替えるなら、常にキレイな状態で利用できます。

何せずっと使用歴が1年未満の端末を利用するので、極端に汚れる、破損するということがありません(大切に使えば、の話ですが)。

カバーやケースをつけているなら、ほとんど無傷の状態で使用を続けられるでしょう。

というよりもiPhoneを毎年買い替えるのは「旧端末の売却」が前提となるので、キレイに使うのは必須条件とも言えます。

毎年買い替えるのが楽しみになる

気持ちの面で言えば、毎年iPhoneを買い替えるのが楽しみになります。

やはり新品の、しかも最新のiPhoneを手に入れるというのは、非常に気持ちが高まる瞬間です。

これが毎年やってくるというのは、なかなか楽しいものだと言えるでしょう。

毎年9月ごろのAppleによる大きな発表が待ち遠しくなるはずです。

バッテリーの劣化を考える必要がなくなる

iPhoneを毎年買い替える場合、バッテリー劣化に関する問題は、もう考える必要がありません。

なぜなら、iPhoneのバッテリーは買い替えるまでの1年間で、はっきりとは劣化しないから。

iPhoneのバッテリーは、最近のものであれば少なくとも3年ほど持つと言われています。

もちろんバッテリー自体はナンバリングが進むごとに進化しているので、バッテリーの劣化を考える必要はほとんどないわけです。

頑張れば実質的に安い値段で買える

iPhoneを毎年買い替えるなら、買い替え時に「旧端末は売る」というのが前提となるでしょう。

旧端末を高く売ることができれば、新端末の代金も大きくカバーされます。

するとそれなりに高価なiPhoneも、実質的に安い値段で買えるわけです。

これを何年も繰り返していれば、毎年安く最新のiPhoneを手に入れられます。

iPhoneを毎年買い替えることには、デメリットもある

iPhoneシルバー

ただし、iPhoneを毎年買い替えることには、当然デメリットもあります。

特に以下のような点は、かなり注意が必要だと言えるでしょう。

旧端末が高く売れない/新端末が安くないとお金がかかる

何よりも大きなデメリットは、「旧端末が高く売れないと、お金がかかる」という点。

iPhoneを毎年買い替えるなら、旧端末は新端末発表同時に売り払うこととなるでしょう。

 

1年落ちならそれなりに高く売れるはずですが、毎年そうだとは限りません。

極端に安い値段でしか売れないこともあります。

 

そうなると新端末の代金をうまくカバーできず、お金がかかってしまうというわけです。

これはiPhoneを毎年買い替えるうえで、もっとも注意が必要なデメリットだと言えるでしょう。

場合によっては新旧で違いが少ない

iPhoneを毎年買い替えると、常に最先端の機能が使えます。

ただし場合によっては、新旧で違いが少ないかもしれません。

 

新しいiPhoneが登場したとき、旧端末から劇的には変化していないケースもあります。

たとえばiPhone11と12では、「大して変化がない」と評価する人もいました。

 

いくら毎年最新のiPhoneを買い換えるにしても、「買い替えするほどのことか?」という側面があるのも、否定できません。

進化に気づけない

iPhoneを毎年買い替えると、「進化に気づけない」という部分も出てきます。

 

たとえば、iPhone SE(第一世代)からiPhone12に買い替えたとしましょう。

すると、動作速度やカメラ、あらゆる面で進化を感じられるはずです。

何せ4年ものブランクがあるので、まるでタイムスリップしたかのようにさえ思えるでしょう。

 

しかし、iPhone11からiPhone12へ買い替える場合はどうでしょうか?

もちろん両者の間にはさまざまな違いがあり、カメラをはじめとしてあらゆる部分で進化しています。

とはいえ2世代、3世代後のiPhoneを手に入れる場合と比較すると、少なくとも感動は薄れるでしょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneを毎年買い替えるスタンスは、悪くない

iPhoneを毎年買い替えることについては、メリットとデメリットの両面があります。

一概に断言するのは難しいですが、メリットの大きさを考えれば、スタンスとしては悪くないでしょう。

多少お金はかかるかもしれませんが、毎年最新のiPhoneを手に入れられるうえ、バッテリー劣化やAppleCare+について懸念がなくなるのは、悪くない話です。

最新であることにこだわるなら、検討するのもよいでしょう。

 

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士