iphone

iPhoneのカメラ画面が故障してピンクに...修理できる?

iPhoneのカメラ画面は、故障してピンク色になることがあります。

これは、非常にめずらしい現象ですが、当然ながらこのままだとカメラ機能が使えないので、なんとか解決しないといけません。

今回はiPhoneのカメラ画面が故障してピンク色になる原因や対処法について、詳しく解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneのカメラ画面が故障してピンク色になる原因は? 対処法は?

ピンク

iPhoneのカメラが故障したとき、これくらいショッキングなピンク色になります。

明らかにおかしなことが起きているとわかる症状ですね。

この症状の原因と、対処法について解説します。

カメラ単体の異常が考えられる

iPhoneのカメラ画面がピンク色になるのは、カメラ単体の故障だと考えられます。

なぜカメラが故障して画面がピンク色になるのかわからない部分も多いのですが、とにかくカメラ単体をなんとかすれば、問題は解決できそうです。

他の部品や機能に問題はなさそう

iPhoneのカメラ画面がピンク色になる場合、他の部品や機能が故障している可能性は低いでしょう。

試しに、カメラ画面を閉じてみてください。

カメラ以外の画面表示や操作などは、特別問題ないはずです。

対処法は基本的にはない

iPhoneのカメラ画面が故障してピンク色になった場合、残念ながらユーザー側でできる対処法は、ほとんどありません。

軽度な故障であれば、再起動や電源の入れ直しで解決するケースも多々あります。

しかし、ことカメラ画面のがピンク色になるという現象は、これらの対処法でもおそらく改善しません。

基本的に修理か買い替えを考えるべきだと言えるでしょう。

カメラ画面がピンク色になったら、自力修理? 修理に出すべき?

 

iPhoneのカメラ画面が故障してピンク色になったとき、「自力で修理しよう」とする人もいます。

ただ、基本的に自力で修理するのはおすすめできません。

なぜならiPhoneのカメラを修理するのは、非常にむずかしいからです。

 

画面がピンク色になっている故障を改善するには、第一にiPhone自体をある程度分解しなければいけません。

そして、故障したカメラと新しいカメラを置き換える必要があります。

ただ、この作業はとても繊細さを要求されるもので、一般ユーザーには無理があるでしょう。

そもそも新しいカメラをどこから調達してくるか、という問題もあります。

 

しかも、一度分解すると「以後、iPhoneを正規店で修理できなくなる」という問題も。

もし自力修理に失敗して、しかも正規店で修理できなくなったら最悪です。

基本的に自力修理することは避けましょう。

 

カメラ画面がピンク色になったら修理に出そう

修理

iPhoneのカメラ画面が故障してピンク色になったら、修理に出すのが唯一の方法だと言えます。

ただし、修理の手間や修理代金のことを考えるなら、いっそのこと買い替えたほうが早いかもしれません。

ひとまず修理場所や修理代金、そして買い替えるパターンについて詳しく解説します。

どこで修理するか?

iPhoneのカメラ画面が故障してピンク色になった場合、修理先はAppleか正規修理店のいずれかとなります。

基本的には、正規修理店で修理してもらうのがおすすめです。

正規修理店は、全国各地に多数存在します。

基本的にはアクセスできる範囲に正規修理店があるので、そこに故障したiPhoneを持っていきましょう。

修理完了まで何日かかる?

iPhoneのカメラ修理については、おそらく1週間から2週間ほどかかるでしょう。

つまり、しばらくは手元からiPhoneがなくなる、というわけです。

代替え機を用意するなりなんなりして、準備しておきましょう。

カメラの故障の修理費はいくらかかる?

カメラの故障の修理費としては、保証がなければ40,000円から60,000円程度かかる可能性があります。

いくらなんでもちょっと高すぎますよね。

 

非正規修理店では、もう少し安い価格で修理することも可能です。

中には20,000円くらいで修理してくれるケースもあるでしょう。

 

ただし非正規修理店で修理すると、やはり今後いっさい、Appleや正規修理店での修理が受けられなくなります。

また非正規修理店は、平気で修理を失敗するケースもあるので、頼りにならないというのが正直なところです。

基本的に非正規修理店での修理はおすすめできません。

修理するくらいなら買い替えを考えたほうがよい

というようにiPhoneのカメラ画面が故障してピンク色になったら、お金も手間もかかります。

カメラを修理するだけで50,000円とか60,000円もかかるなら、修理するのもばかばかしくなりますよね。

 

もしそのように感じるのであれば、iPhone自体を買い替えるのがよいでしょう。

iPhoneを買い換えれば、カメラの故障が解決され、しかも新しいiPhoneが手に入ります。

買い替えであれば、たとえばおおよそ86,000円でiPhone13 miniを購入することも可能です。

さらに乗り換えやセット割などを利用すれば、さらに安い料金で購できるケースもあります。

 

カメラの修理費が高すぎると思ったら、一度買い替えを考えてみましょう。

また、カメラが壊れていたとしても、なんとかiPhoneを下取りしてもらえるケースもあります。

さすがに高額で購入してもらえるわけではないでしょうが、新しいiPhoneの代金に充当することが可能です。

つまり、さらに買い替えのほうがコスパよくなるわけですね。

iPhoneのカメラ画面が故障してピンク色になったら、買い替えを考えてみましょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:カメラ画面がピンク色になったら修理より買い替えがよい

箱に入ったiPhone

iPhoneのカメラ画面が故障してピンク色になってしまったら、ユーザーレベルでできることは、ほとんどありません。

残念ながら修理に出さなければ、解決はできないでしょう。

 

ただ、カメラの修理については、相当な費用がかかります。

コスパの悪さを感じたら、修理ではなく買い替えするのがおすすめです。

 

ちなみに新しいiPhoneを購入するなら、オンラインショップを通すのがおすすめ。

オンラインショップなら、事務手数料の無料化や限定割引などが適用され、よりリーズナブルになります。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士