iphone

iPhoneが遅い、重いのはなぜ? サクサクに戻す9の方法

iPhoneが遅い・重いという問題は、ときどき起こります。

やはりスマホがサクサク動かないのは、ものすごくうっとうしいことですよね。

しかし、iPhoneが遅い・重いという問題は、意外なほど簡単に解決できます。

 

今回は、

  • iPhoneが遅い原因
  • iPhoneが遅い・重いのをサクサクに戻す9の方法

について、詳しく解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneが遅い、重い状態になる原因な何か?

動かないiPhone

iPhoneが遅い・重い原因は、一言で言えば「ムチャをさせすぎている」ということです。

iPhoneの経年劣化や故障などは、多くの場合関係していません。

「ムチャをさせすぎている」とは、具体的には、

 

  • いろんなデータを詰め込みすぎてストレージが圧迫させている
  • 一度にさまざまなタスクをやらせている
  • 余計な機能をONにして、消耗させている

 

といったところが挙げられるでしょう。

つまり、上記のような状態を解決し、「iPhoneにムチャをさせない」ことが大切です。

そうすれば、iPhoneが遅い、重いといった問題はすぐに修正されるでしょう。

iPhoneが遅い、重いのを、サクサクに戻すには?9の方法を解説

iPhone 本体

iPhoneが遅い、重い問題を解決する方法は、さまざま存在します。

ただ、より効果的なものと言えば、以下9の方法が考えられるでしょう。

不要なアプリケーションを終了させる

iPhoneが遅い、重いとき、まずは不要なアプリケーションを終了させましょう。

iPhoneを使っていると、気がついたら30個くらいアプリケーションを開いたりしています。

もちろん、たくさん開けば開くほどiPhoneに負荷がかかり、動作は重くなってしまうでしょう。

その中に重たいアプリケーションがあれば、さらにiPhoneはムチャをします。

まずは不要なアプリケーションを終了し、iPhoneにかかる負荷を取り除きましょう。

写真や動画を削除する(ストレージに空白を作る)

iPhoneが遅い・重いと感じたら、写真や動画を削除するのがよいでしょう。

つまり、ストレージに空白を作ってあげるわけですね。

気がついたら、写真や動画が大量に溜まっている...というのは、よくあることです。

しかしこれらがストレージをぎりぎりまで圧迫していると、iPhoneの動作は相当悪くなります。

 

もう必要がない写真や動画は、できるだけ削除しましょう。

もちろん、使っていないアプリケーションを削除する、といったことも有効です。

通知を切る

また、通知を切るのもよいでしょう。

iPhoneは色々と通知してくれますが、これにも負担がかかっています。

特にいくつものアプリから通知を受け入れていると、iPhoneの処理能力にムチャが生じるでしょう。

よってiPhoneが遅い、重いときは、通知を減らしてみるのが有効です。

必要最低限の通知に控えて、iPhoneをムチャさせないようにしましょう。

バックグラウンド更新を停止させる

iPhoneが遅い、重いとき、バックグラウンド更新も停止してみましょう。

バックグラウンド更新とは、一言で言えば「自動でアプリをアップデートする」という機能です。

バックグラウンド更新は、以下の方法で停止できます。

 

  1. 設定を開く
  2. 一般を開く
  3. バックグラウンド更新を選択する
  4. 各種アプリのバックグラウンド更新を切り替える

キャッシュファイルをクリアする

キャッシュファイルが溜まっていると、iPhoneが遅い、重いという現象は起こりやすくなります。

定期的にキャッシュファイルをクリアするようにしましょう。

方法は、以下のとおりです。

 

  1. 設定を開く
  2. Safariをタップする
  3. 「履歴とWebサイトデータを消去」をタップする
  4. 「履歴とデータの消去」を選択する

視覚効果をおさえる

また、視覚効果をチェックしてみましょう。

iPhoneには、グラフィックを美し表現する視覚効果が用いられています。

しかしiPhoneの処理能力に負担がかかっているので、オフにしてあげましょう。

手順は以下のとおりです。

 

  1. 設定を開く
  2. アクセシビリティを選択する
  3. 「視覚効果を減らす」をONに切り替える

 

ただし視覚効果がオフになると、グラフィックが落ちる点には注意してください。

通信状況をチェックする

iPhoneが遅い、重いのではなく、通信状況に問題があるかもしれません。

つまりいWi-Fi機器や、開こうとしているサイトに問題がないかチェックしてみましょう。

また、通信制限に引っかかっていないかも、一度確認しておくのがおすすめです。

クールダウンしてみる

iPhoneが遅い・重いとき、クールダウンさせてみましょう。

クールダウンとは、一言で言えばiPhoneの温度を下げることです。

iPhoneは、負荷が大きいと、熱くなったりします。

そして熱い状態だと、iPhoneは本来のパフォーマンスを発揮できません。

一度、涼しい環境下に置いて、iPhoneをクールダウンしてみましょう。

再起動する

ここまでやってもiPhoneが重い・遅い場合、再起動してみましょう。

iPhoneにおける多くの問題は、再起動さえしてしまえばなんとかなります。

バッテリー交換が必要かもしれない?

充電

「再起動まで試しても、iPhoneが遅い・重いままだ」というケースがあるかもしれません。

この場合、バッテリーの交換が必要となるでしょう。

バッテリーが経年劣化していると、iPhoneは処理速度を保てなくなるのです。

もし再起動まで試して改善しないなら、バッテリー交換を試してみましょう。

 

バッテリー交換は、Appleのサポートで実施することが可能です。

費用については、AppleCare+加入者か、保証期間以内であれば、無償で実施できます。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneが遅い・重いのは、そんなに困ることではない

iPhone読み込み中2

iPhoneが遅い・重いという不具合は、とにかくストレスが溜まるものです。

しかし、さほど慌てる必要はありません。

要するにiPhoneにかかっている負荷を下げて、ラクさせてあげればよいわけです。

 

ただし、あまりにも改善が見られないなら、バッテリー交換を検討したほうがよいかもしれません。

バッテリーだけは経年劣化するものなので、交換して対応する必要があります。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士