iphone

iPhone5はいつまで使える? サポートやOSの更新は?

2013年9月20日。

その日はAppleの新プロダクト、「iPhone5」の発売日でした。

 

あれから早いもので8年、今はiPhone12が最新機種です。

iPhone5は、すっかり過去のテクノロジーとなりました。

 

しかし、

  • まだiPhone5sを現役で使いたい
  • いつまで使えるのか?
  • サポートは今でもやってるのか?

 

といった希望、そして疑問を持っている人も多いはず。

本記事では、iPhone5がいつまで使えるのかといった点を中心に解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

 

格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と、いわゆるキャリアの「2 ...

iPhone5は、いつまで使えるのか?

悩む女

結論から言えば、iPhone5は2022年か2026年くらいまでは使えるでしょう。

 

ポイントは、「3G回線がいつまで利用できるか」、というところ。

3G回線が生きていればかろうじて使えるし、そうでなければ電話もネットもできません。

 

そして、3G回線の提供期限は、キャリアによって異なります。

キャリアごとの提供期間は、おおむね以下のとおり。

 

  • au→2022年3月末
  • SoftBank→2024年1月末
  • docomo→2026年3月末

 

よって、iPhone5がいつまで使えるかという質問に対する答えは、

2022年〜2026年あたりまでというわけです。

 

ただし、あくまでも「いつまで使えるか」という質問への回答にしか過ぎません。

つまり、現役で「不便なく使える」わけではないのです。

 

詳しくは後述しますが、さまざまな理由から、iPhone5sを現役で使うのはおすすめしません。

iPhone5の状況はどうなっている? 現役で使いたい人向け

iPhone本体

iPhone5をまだ現役で使いたい人に向けて、現在の状況を解説します。

結論から言うと、iPhone5は厳しい立ち位置に立たされています。

3G回線はまだ存命

先ほども触れたとおり、3G回線は最低でも2022年まで生きています。

3G回線があるかぎり、電話もネットも現役で使うことは可能。

 

ただし、5G回線へ移行する中で、3G回線の遅さはかなり厳しいです。

 

またメモリ自体もたった1GBしかないので、動作ももっさりとします(iPhone12は4GB)。

Appleサポートは終了している

もっとキツいのが、iPhone5のAppleサポートが終了していること。

 

サポ終

(引用:livedoor

 

Appleは、生産終了後5年経った製品を、

 

  • ビンテージ
  • アブソリート

 

という枠組みへと移します。

この枠組みに入ったなら、基本的にサポートも終了です。

 

iPhone5は生産開始から8年ほどなので、とっくにビンテージかアブソリートになっています。

よってiPhone5を現役で利用するなら、Appleサポートは受けられません。

iOSの更新は?

iPhone5は、iOSの更新対象から外されています。

iOSの更新ができなくて何が困るかというと、とにかく利用できるアプリの数が限定されること。

 

iPhoneで使えるiOSは、「10.3.4」まで。

しかし、最新ののiOSは「14.4.2」となっています。

 

つまりiPhone5でアプリを利用するには、そのアプリが「iOS10.3.4」以下でも利用できる仕様でないといけません。

 

特に最先端を行くようなアプリは、もはやiPhone5での使用を前提にはしておらず、10.3.4に対応していないのです。

使用できるアプリが制限されるのは、iPhone5を現役で使う上で大きな障害となります。

バッテリーも瀕死

iPhone5を現役で使うなら、バッテリーも不安要素です。

バッテリーは、使えば使うほど最大蓄電量が少なくなります。

 

使い込んだiPhone5だと、半日くらいで充電が切れるかもしれません。

現役でiPhone5を使うなら、ポータブル充電器での「介護」が必要となるでしょう。

スペックは絶望的に低い

先ほども触れましたが、iPhone5のスペックは絶望的に低いと言わざるを得ません。

当然ながら、

 

  • メモリ(動作速度)
  • ストレージ
  • 解像度
  • ディスプレイサイズ
  • カメラ性能
  • 操作性

 

など、あらゆる面で時代遅れです。

特に今現在の重量化したヘビーなコンテンツを動かすのは、かなりたいへんな負担だと言えます。

主要なアプリは意外と使える

2020年時点の情報では、意外と主要なアプリは使えるケースが多いようです。

たとえば、

 

  • Facebook
  • YouTube
  • Hulu
  • radiko
  • メルカリ

 

などは使える様子。

ただし、各種アプリがいつiPhone5を対象からはずしても、おかしくありません。

 

現にTwitterは、iOS12までしかカバーしていないので、アプリでは閲覧不可能です。

他のも主要なアプリも、遅かれ早かれiPhone5を見捨てることとなるでしょう。

2021年4月現在iPhone5現役でもいけるケース、いけないケース

iPhone5横方向

  • 処理速度が遅くてもよい
  • バッテリー持ちが悪くてもよい
  • 新しいアプリが使えなくてもよい
  • 2022〜2026年まで、このスペックで耐えられる

 

もし上記のような条件に当てはまるのであれば、iPhone5はぎりぎり現役で使い続けられるでしょう。

ただ、使い続けるとはいえ、それはもう50代になるピッチャーを一軍の試合で使っているようなものです。

 

相当な無茶を強いているので、多くは期待できません。

一方、下記のような条件に当てはまるのであれば、さすがにiPhone5を使うのは厳しいでしょう。

 

  • 新しいアプリを使う必要がある
  • 処理速度が遅いのは困る
  • サポートがないのは不安
  • バッテリーに不満がある

 

iPhone5の現役生活には、上記のようにさまざまな障害があります。

使い続けるなら、相当な覚悟が必要だと言えるでしょう。

 

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

 

格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と、いわゆるキャリアの「2 ...

まとめ:iPhone5はまだいけるけど、おすすめはできない

だめ

厳密な意味であれば、iPhone5は「まだギリギリいける」と言えます。

3G回線が健在なので、ネットも電話も問題なく利用できます。

 

ただし、「いつまで使える」と言えど快適に使えるわけではありません。

 

  • Appleサポートは終了している
  • キャリアサポートも望めない
  • スペックが時代遅れすぎる
  • iOSの更新が止まっている

 

など、iPhone5は割と絶望的な状態にあります。

 

よほどのことがない限り、iPhone5を現役で使い続けるのはおすすめできません。

最新機iPhone12を買えとまでは言いませんが、せめてiPhone8、Xあたりに買い換えるのがおすすめです。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士