iphone

iPhoneは中古で買うのはおすすめ?新品のほうがよい?

iPhoneを購入するとき、「中古で買うか」「新品で買うか」という選択肢があります。

最近は中古で買う人も増えており、同じように感じている人も多いのではないいでしょうか?

 

たしかに中古でiPhoneを買うことには、いろいろとおすすめできるポイントがあります。

やはり新品より安いというのは、大きなポイントだと言えるでしょう。

ただし「中古」というのはつまり、誰かが一度は使っていて、そこに由来するデメリットもあります。

今回は中古iPhoneを購入するデメリットについて詳しく解説するので、参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

中古iPhoneのデメリットとは?おすすめできないポイント

中古iPhone

特に注意すべき中古iPhoneのデメリットとしては、以下の点が挙げられるでしょう。

いずれも、よく理解しておかないと、後々で後悔することとなります。

白ロムと赤ロムの問題がある

白ロムは、問題なく利用できる格安SIMカードのことです。

白ロムなのであれば、何も問題はありません。

 

しかし赤ロムは、非常に大きな問題です。

赤ロムは、前の持ち主の使い方の影響で、利用できないSIMカードのこと。

たとえば前の持ち主が機種代金を払っていなかったりすると、SIMカードがキャリアによってロックされてしまうのです。

赤ロムをつかんでしまうと、使えるようにするまでたいへん面倒な手続きが必要になるので、注意しなければいけません。

販売元を信頼できない

販売元を信頼できない、という問題もあります。

GEOのような大手では問題ありませんが、小規模な販売業者には注意。

何かしら問題のあるiPhoneを売っているケースもあります。

中古iPhoneを購入するうえでは、せめて名前が知れたお店で購入しましょう。

フリマサイトならトラブルになるかも

フリマサイトの場合、中古iPhoneをめぐってトラブルに発展する可能性があります。

たとえば、

  • 届いたiPhoneが、思ったより損傷している
  • そもそも故障している
  • 赤ロムになっている

といった問題が考えられるでしょう。

顔が見えない相手から購入する以上、こういったデメリットは避けられません。

リチウムイオンバッテリーが消耗している可能性

iPhoneを中古で買った場合、見た目にはキレイなことも多いでしょう。

キレイな中古のiPhoneもありますが、バッテリーはまた別問題。

購入した段階で、すでに消耗仕切っている場合もあります。

アクティベーションロックがかかっている可能性

iPhoneを中古で買った場合、アクティベーションロックがかかっている場合もあります。

アクティベーションロックは、「第三者がiPhoneを利用させない」ことを目的としたセキュリティの一種で、当然ながら手に入れた時点で利用できません。

アクティーベションロックを解除するには、持ち主に連絡を取るなど、非常に面倒な手続きが必要になります。

これも、中古iPhoneのおすすめできないポイントのひとつです。

 

中古iPhoneはこんな人におすすめ

かっこいいiPhone

とはいえ、中古iPhoneも悪いことばかりではありません。

以下のような条件に当てはまるなら、中古iPhoneはおすすめです。

できるだけ安い価格でiPhoneを買い換えたい人

中古iPhoneは、できるだけ安い価格でiPhoneを買い換えたい人におすすめです。

状態やナンバリングで妥協すれば、かなり安い中古iPhoneを購入できます。

さらに付属品などを妥協するなら、もっと安く購入することが可能です。

やや古いナンバリングでも問題ない人

やや古いナンバリングでも問題がない人にも中古iPhoneはおすすめです。

古いといっても、10年前のiPhone4とか5とかは、もはや化石化しているものはNG。

どれだけ古くても、iPhone8くらいまでが限界だと言えるでしょう。

 

ただし例外的にiPhone SE(第一世代)は、まだ使える機種ではあります。

さすがに最新ナンバリングには遠く及ばないスペックですが、少し我慢すれば使うことは可能です。

中古でなくても、iPhoneはよいものが手に入る!他社乗り換えやセット買いもおすすめ

格安SIM

人気を集めている中古iPhoneですが、なかなか大きなデメリットもあります。

あくまでも中古品の時点で、いろいろなリスクや不便は、ある程度受け入れるしかありません。

 

ここまでで一度冷静になって、「いくら安くても、中古iPhoneはよくないな」と思った人もいるでしょう。

だとしたら、「他社乗り換え」がおすすめです。

 

最近では各社も、iPhoneを安く提供するようになりました。

さすがに最新ナンバリングのiPhone13などは高いでしょうが、少しだけ古いiPhoneなら、割と現実的な値段で購入することが可能です。

 

たとえば、「楽天モバイル」に乗り換えるケースを考えてみましょう。

つまり格安SIM業者に乗り換えて、セットでiPhoneを購入するというわけですね。

ここでは、iPhone SE(第二世代)に乗り換えることを想定します。

 

楽天モバイルの場合、iPhone SE(第二世代)の本体価格は44,800円。

48回分割払いだと、933円となります。

 

さらに楽天モバイルの場合、「25ヶ月目に機種変更することで、残りの機種代金はチャラになる」というとんでもないサービスがあるのです。

つまりおよそ24回目までの分割払いして、機種変更すれば、iPhone SE(第二世代)の機種代金はたったの22,392円になります。

これなら中古iPhoneでなくても、かなり安く新品iPhoneを購入できるので、たいへんおすすめです。

 

もちろん、他のキャリアや格安SIM業者でも、乗り換えやセット購入についてたいへん強力なサービスを提供しています。

中途半端な中古iPhoneを購入するなら、こういった形で新品iPhoneへ切り替えるほうがおすすめです。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ

iPhone12青

iPhoneを中古で購入するのは、ひとつの選択肢ではあります。

しかし、いろんなリスクやデメリットから、おすすめできない部分もあるのです。

その点を踏まえれば、先ほど触れた「乗り換え」や「セット割」を利用するほうがよいかもしれません。

場合によってはものすごく有利な条件で購入することも可能です。

ぜひ一度、乗り換えやセット割で安く新品のiPhoneを購入できないかチェックしてみましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士