iphone

iPhoneの買い取りは、箱や付属品がついていたら高く売れる?

新しいiPhoneを買うときは、古いiPhoneを買い取ってもらうのがセオリーです。

古いiPhoneを買い取ってもらえば、新しいiPhoneを買うための軍資金が手に入ります。

よって、新しいiPhoneを実質安く購入することが可能です。

 

さらにオンラインショップ限定の割引などが入れば、新しいiPhoneの代金は相当安くおさえられます。

iPhoneの買い取り価格については、もちろんiPhoneの状態は重要です。

そして本体だけではなく、「箱」や「付属品」も、買い取り価格に関係しています。

今回はiPhoneを買い取るときの、「箱」や「付属品」の価値について解説するので、参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの買い取りは、絶対に箱が欲しい、できれば付属品も

フルセット

iPhoneには、外箱といくつかの付属品がついています。

付属品とは、

  • イヤフォン
  • 説明書
  • 保証書
  • 充電ケーブル
  • 充電プラグ

のことですね。

ナンバリングによってあったりなかったりしますが、基本はこのセットとして考えて問題ありません。

 

もちろん、できるだけたくさん揃えておけば、買取価格でも優遇されるでしょう。

それぞれの価値について解説するので、参考にしてください。

iPhoneの箱の価値、実は高い

まず、iPhoneの外箱ですが、これは買い取りにおいて非常に価値が高いとされています。

iPhoneの外箱があるかないかだけで、2,000円から4,000円ほど買い取り価格が上下することも。

 

おそらく買い取り業者は、「外箱ありのiPhone」はかなり強気の値段で販売することが可能です。

見た目が新品と対して変わらないので、販売されるときに有利ですよね。

もしかしたら「準新品」くらいの扱いで売っているかもしれません。

 

だからこそiPhoneの外箱というのは、非常に価値が高いのです。

iPhoneの外箱を持っているなら、かならず一緒に買い取りに出しましょう。

イヤフォンはさほど価値が高くない

iPhoneには、かならずイヤフォンが付属品として同梱されていたはずです。

純正イヤフォンについては、さほど価値が高くありません。

あったとしても買い取り価格としては、500円か1,000円の違いでしょう。

 

ただし買い取りにおいては、100円でも高く売りたいところ。

イヤフォンが不要なら一緒に入れておきましょう。

 

注意が必要なのは、買い替え先のiPhoneにイヤフォンが付属しているかかどうか? という問題。

iPhone12以降、新品の状態でイヤフォンや充電器が付属していません。

つまり今持っているイヤフォンが最後の1本だった場合、買い取りに出すと手元でイヤフォンがなくなります。

説明書は?

iPhoneを買ったとき、一緒に説明書も入っていたはずです。

説明書については、「できれば欲しい」といったところ。

 

iPhoneを買い取りするとき、説明書があったからといって、急激に買い取り価格が上がるわけではありません。

ただ買い取り業者によっては、「説明書がなかったら少しだけ減額する」というスタンスを取っている場合もあります。

たかだか説明書だけで減額されるのもイマイチ納得できない話ですが、持っているなら一緒に買い取ってもらいましょう。

説明書だけは持っていても何の使い道もないので、手放してもまったく問題ありません。

 

また説明書がない場合は「説明書がなくても買い取り価格を変えない」という業者へ持ち込むようにしましょう。

充電ケーブル・プラグ

iPhoneの充電ケーブルとプラグについては、もちろんあったほうがよいでしょう。

ただし充電ケーブルとプラグ自体にはあまり価値がありません。

あったとして、数百円程度の上乗せにしかならないでしょう。

 

ただし外箱と他の付属品が揃っていて、さらに充電ケーブルやプラグもあるなら、新品の状態をカンペキに再現できます。

つまりフルセットにすることで、買い取り価格が上がることもあるのです。

もし充電ケーブル・プラグのあるなしが買い取り価格を左右するのであれば、一緒に買い取ってもらいましょう。

 

注意して欲しいのは、「買い替え先がiPhone11以降だったら、充電ケーブルとプラグは付いてこない」ということです。

つまり今持っている充電ケーブルとプラグが最後の一個だったなら、手元から有線充電するための手段がなくなってしまいます。

【補足】iPhoneの箱だけでも売れる

というようにiPhoneの箱と付属品は、程度の差こそあれ、買い取り価格に関係しています。

もちろんiPhoneのナンバリングなどで左右される部分もありますが、カンペキに近ければ近いほど、高く売れるでしょう。

中でも、iPhoneの箱の価値が非常に高いのが目立ちます。

 

先ほども触れたとおり、iPhoneの外箱があるだけで、買い取り価格が2,000円から4,000円程度変動することも。

箱があるなら、絶対に一緒に買い取ってもらいましょう。

もし箱を処分しているなら、次回からは保管しておくことをおすすめします。

 

もしかしたら、「本体はないが、箱だけはある」というケースもあるでしょう。

だとしたら、メルカリなどで、ただの箱として売りに出してみてください。

ただの箱に、1,000円から3,000円くらいの値段がつくこともあります。

意外とよいお小遣い稼ぎになるので、ぜひ試してみてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneの買い取りに箱だけは欠かしたくない

iPhone13

とにかくiPhoneを買い取りするときは、箱だけは絶対に付属させましょう。

基本的にどの業者も、かなり「箱ありのiPhone」を高く評価しています。

付属品は、フルセットとの兼ね合いもありますが、できれば一緒に入れておきたいところ。

 

iPhoneの買い取りについて考えるのと同時に、「新しいiPhoneの買い方」も考えておきましょう。

最近は、オンラインショップでの購入が特に優遇されています。

オンラインショップで買った、というだけで、割引されたり、事務手数料が無料化したりします。

iPhoneの買い取りとオンラインショップの割引を組み合わせれば、相当安く新しいiPhoneを手に入れられるはずです。

ぜひオンラインショップから新しいiPhoneをチェックし、できれば購入まで済ませましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士