iphone

iPhoneの電波が悪いときはどうすればよい?原因と対処法を全公開

iPhoneの電波はかなり安定していますが、それでも時には通信が不安定になることもあります。

たまに起こるなら別に問題ないでしょうが、慢性的に電波が悪くなるなら不便です。

実際、通信が不安定で困っている人も多いでしょう。

 

そこで本記事では以下について解説します。

  • iPhoneの電波が悪くなる原因
  • 電波が悪いときの対処法
  • どうしても電波が改善しないときの対処方法

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの電波が悪い原因はなに?

電波

iPhoneの電波が悪い原因はさまざま考えられますが、主要なところでは3つ挙げられます。

  • 電波状況が混雑している
  • iPhoneを変な角度で持っている
  • 基地局でのトラブルが起こっている

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

電波状況が混雑している

もっとも多いのは、電波状況が混雑していること。

当然ながら人混みの中では、通信は不安定になります。

特にイベントごとなどでは、電波が悪くなるケースも多いものです。

 

そもそも電波が届きづらい場所にいるのかもしれません。

最近は格安SIM業者ですら通信エリアが拡大していますが、それでも地下や山間部は手薄、というよりも電波という性質上届きづらいのです。

iPhoneを変な角度で持っている

iPhoneを変な角度で持っているだけで、電波が悪い状態になることもあります。

iPhoneも携帯電話であり、内部にはアンテナが張っているわけです。

しかし変な持ち方をすると、アンテナをおさえてしまい、電波が入りづらくなります。

 

どこにアンテナがあるのか、モデルやナンバリングで異なるので特定するのは困難です。

色々と持ち方を変えて、電波が入りやすいスポットを見つけるしかありません。

基地局でのトラブルが起こっている

こちらの問題ではなく、基地局でのトラブルが起こっている場合もあります。

つまり災害や電波障害、あるいは悪天候などで、電波不良が起こっているケース。

こればかりは自分で対処できるはずはないので、復旧するのをゆっくり待つこととなります。

ユーザー側には何も問題がなく、特にやるべきこともありません。

iPhoneの電波が悪いときの対処法

電波塔

iPhoneの電波が悪いときは、以下の方法を試してみましょう。

  • モバイルデータ通信のONとOFFを切り替える
  • ひとまず再起動する
  • iOSアップデートがないか確認する
  • SIMカードを抜き差しする

 

ほかにもいろんな方法がありますが、おおむねここまでやれば解決するはずです。

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

モバイルデータ通信のONとOFFを切り替える

まずはモバイルデータ通信のONとOFFを切り替えてみましょう。

要するに電波通信を簡易的にリセットするわけですが、案外これだけですぐに改善するケースも。

手順は以下のとおりです。

 

  1. 「設定」を開く
  2. 「モバイル通信」を開く
  3. 「モバイルデータ通信」のスライダをOFFにする
  4. もう一度ONにする

ONにしないと電波が通じない状態になるので、忘れないようにしましょう。

ひとまず再起動する

モバイルデータ通信がダメならひとまず再起動してみましょう。

iPhoneは再起動すると、ほとんどの不具合を修正できるという性質を持っています。

もちろん、電波や通信についても例外ではありません。

まずは再起動してみて、電波状況が改善するか試してみましょう。

iOSアップデートがないか確認する

iOSアップデートがないか確認することも重要です。

以下の方法でアップデートが残っていないかチェックしましょう。

 

  • 「設定」を開く
  • 「一般」を開く
  • 「自動アップデート」をタップする
  • 「iOSアップデートをダウンロード」をONにする
  • 「iOSアップデートをインストール」を実行する

済んでいないものがあれば実行してみましょう。

SIMカードを抜き差しする

また、SIMカードを抜き差ししてみるのもよいでしょう。

これを実施するだけで、iPhoneの電波が急速に回復することもあります。

SIMカードにはもちろんピンが必要ですが、なければ画鋲やマチ針を使うことが可能です。

爪楊枝などは太すぎてサイズオーバーなので注意してください。

リカバリーする

ここまでやってもダメなら、最終手段としてリカバリーを実行しましょう。

これはiPhoneを(バックアップがある状態で)初期化する操作。

ゼロからやり直すことで電波状況を改善する試み、というわけです。

手順は以下のとおり。

 

  • iPhone8以降→大音量、小音量、電源ボタン3つを10秒間押す
  • iPhone7の場合→電源ボタンと小音量ボタンを10秒間押す

このあとリカバリーモードに入ることが可能です。あとは画面の指示に従って、操作を進めて行けばOK。

 

しかしリカバリーするといっても、これで電波状況が改善したという報告はほとんど聞かれません。

あまり期待しないようにしましょう。

ここまで試してみても、電波が改善しないなら修理か買い替えする

ここまで試してみても電波が改善しないなら、修理か買い替えを検討する必要があります。

iPhoneの通信は基本的に安定しているのにリカバリーしても直らないなら、根本的な故障が予測されるところ。

放っておいてもずっと電波状況の不安定さに悩まされるでしょう。

 

だから修理と買い替えのどちらかが考えられるわけですが、基本的には買い替えがおすすめ。

iPhoneの修理費はかなり高額なうえ、日数も相当にかかります。

それだったら新しいiPhoneが手に入る買い替えのほうがおすすめです。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneの電波が不安定なのはかなり危険

iPhone

iPhoneの電波は非常に安定感があるものですが、それが慢性的に不安定なのはかなり不自然な話。

ひょっとしたら重大な故障があるかもしれません。

今後安心して使い続けるなら、買い替えも検討しましょう。

 

もしiPhoneを新しく購入するなら、オンラインショップを利用するのがおすすめ。

オンライン限定の特典として、事務手数料がかからなくなったり、端末料金が数万円単位で安くなったりします。

安く購入したい人は、オンラインショップをのぞいてみましょう。

関連記事:楽天モバイルの電波が弱い!?評判最悪?弱い時の対策はあるの?

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士