iphone

iPhoneの修理は自分でやっても大丈夫?どれくらいむずかしい?

iPhoneが故障したとき、一瞬「自分で修理できないか?」と言いう考えがよぎります。

たしかに自分で修理できれば、修理費をおさえることが可能です。

修理に持ち込む手間も省けるし、チャレンジしたくなるところ。

本記事では、iPhoneの修理を自分で実施することについて解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの修理を自分でやるのはややむずかしい

iPhone 割れ

結論から言うと、修理を自分でやるのはややむずかしい、というように考えましょう。

やはりiPhoneは複雑な精密機械なので、修理するのはカンタンではありません。

また、「故障箇所がどこかを特定する能力」も必要です。

そのうえ工具も必要で、とにかくiPhoneの修理を自分でやるのはそれなりにハードルが高い部分があります。

 

過去に「パソコンの改造をしたことがある」とか、そういった経験があればなんとかなるでしょう。

むしろパソコンを改造できるならiPhoneの修理は自分でも十分実施できます。

 

ただし「パソコンの内部を開いていじったことがない」という人のほうが、圧倒的に多いでしょう。

その状態だと、iPhoneを自分で修理するのはかなり無理のある話です。

自分でもギリギリできるiPhoneの修理

ただし以下のようなiPhoneの修理であれば、自分でもギリギリできるかもしれません。

 

  • リチウムイオンバッテリー
  • ホームボタン
  • イヤホンジャック
  • 充電コネクタ

 

これらの部品は比較的タッチしやすい場所にあります。

iPhoneを細かく分解して展開する必要はありません。

ある程度時間をかければ、なんとか自分で修理できるでしょう。

 

ただし修理を実施する際は、

  • 各種ドライバー
  • ピンセット
  • 星形のネジ
  • 小さなスパナ

などの工具が必要となります。

それなりに時間と手間、そして工具代がかかることは踏まえておきましょう。

iPhoneの修理を自分でやった場合のデメリット

iPhone 弱い割れ

iPhoneの修理を自分で実施するのは、それなりにむずかしいものです。

そしてむずかしいだけではなく、iPhoneを自分で修理することにはさまざまなデメリットがあります。

 

  • 今後正規店で修理してもらえなくなる
  • 二次故障の原因になる
  • 修理できるとは限らない
  • パーツ代と時間もかかる

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

今後正規店で修理してもらえなくなる

iPhoneを自分で修理しようとした時点で、今後正規店での修理が受けられなくなります。

 

Appleは、「Appleが選んだ正規修理店で修理するように」、というスタンスを取っています。

そして非正規店もしくは自分で修理した場合、二度と正規修理店に持ち込めなくなるわけです。

 

正規修理店に持ち込めないとなると、相当困ります。

今後、正規修理店でしか直せない故障があった場合、もう修理する方法がありません。

二次故障の原因になる

iPhoneを自分で修理することは、二次故障の原因にもなります。

二次故障とは、一言で言えば「修理中に別の部分を故障させる」ことです。

たとえばカメラを修理しようとしたら、バッテリーを故障させる、というパターンですね。

 

もし二次故障が起こったら、また修理するポイントが増えるわけです。

また二次故障のほうが、自分で修理できるレベルでない重大なものだったりすればたいへん困ります。

修理できるとは限らない

iPhoneを自分で修理しようとしたとして、かならず修理できるわけではありません。

 

iPhoneにおける故障の要因はさまざま考えられます。

比較的に修理しやすい部分が故障しているなら、さほど困ることはないでしょう。

しかしiPhoneを分解して開けた状態で、自分では修理しようのない部分が破損しているというケースもあります。

 

つまり分解した段階で、修理代理店が今後いっさい利用できないし、さらに修理も完了できないというわけです。

こうなるとiPhoneを通常どおり利用するのは、かなりむずかしくなります。

基本的に「原因が明らかで、自分には間違いなく修理できる」という確信があった場合のみ、修理を実施しましょう。

パーツ代と時間もかかる

iPhoneを自分で修理すれば、修理代を安く済ませられると考えている人も多いでしょう。

たしかにiPhoneを自分で修理すれば、正規修理店に依頼する場合よりは安くなります。

特に正規修理店での修理代は「新品のiPhoneが購入できるくらい」には高額なので、その差額を浮かせることは可能でしょう。

 

ただしiPhoneを自分で修理する場合、かならずパーツ代が必要になります。

パーツの価格はさまざまですが、1,000円程度で済む場合もあれば、10,000円くらいかかるケースもあるのです。

 

そしてiPhoneを修理するには、それなりの時間がかかります。

特に分解や修理の経験がないなら、2,3日くらいかかるかもしれません。

また修理できたと思ってもうまくいかず、やり直し・手戻りが発生するケースもあるでしょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneを自分で修理するのはかなり難しい!買い替えも検討したほうがよい

かっこいいiPhone

iPhoneが故障したとき、一瞬「自分で修理できるのでは?」という考えがよぎるでしょう。

もし自分でカンタンに修理できるなら、こんなにありがたい話はありません。

 

ただiPhoneを自分で修理するのは、やはりカンタンなことではないでしょう。

故障した箇所にもよりますが、もしiPhoneの裏面を開けて分解するといった手順が必要なら、そもそも修理を完了できるかどうかが怪しいレベルです。

 

とはいえ故障したからといって、すんなり正規修理店へ持ち込むのも考えもの。

正規修理店での修理代は、「それだったら新品のiPhoneを買えるだろ」と言いたくなるような金額に設定されていることもあります。

 

もしそのような状態なら、iPhoneの買い替えも検討してみましょう。

故障したiPhoneをジャンク品として処分すれば、実質の負担も下げられます。

 

またオンラインショップを利用すれば、さらに負担を減らすことが可能です。

オンラインショップで買い替えを申し込めば、端末代金割引や豪華プレゼントといった特典が得られます。

修理する前に買い替えという方法が取れないか、一度検討してみましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士