iphone

買い替え前に確認!iPhoneのアプリは新しい端末に移行できる?

  • 新しいiPhoneに買い替えたら、アプリのデータはどうなるんだろう?
  • LINEのトーク履歴は消えてしまうのでは?

 

というように思っている人も多いでしょう。

いずれも今後必要になる、大切なデータです。

今回はiPhoneを買い替えたあと、安全にアプリを移行する方法を解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneを買い替えてもアプリは移行できる

ホーム画面

結論から言えば、iPhoneを買い替えても、アプリを移行することは可能です。

ほとんどのアプリはiPhoneを買い替えたあと、新しいiPhone側で操作し、アプリを再度インストールできます。

それ以上、特別な操作は必要ありません。

 

ただし一部アプリでは、「アプリ内で個別の操作」が必要なケースもあります。

これは多くのゲームアプリにおいて採用されている方式です。

ゲームアプリの中に「データ引き継ぎ」などといった項目が用意されており、これを利用することで新しいiPhoneにデータが移行されます。

 

といっても結局はアプリのデータを移行できることに変わりありません。

多少面倒なだけで、データが失われることはないので安心してください。

iPhoneを買い換える前に確認しておこう!アプリを移行する方法

データ移動

iPhoneを買い替えてアプリを移行する方法は3つ存在します。

  • App Storeを使う
  • iCloudを使う
  • iTunesを使う

 

いずれも買い換える前に確認しておけば、安心して新しいiPhoneを購入できます。

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

App Storeでアプリを移行する

もっとも簡単なのはApp Storeでアプリを移行する方法です。

手順は以下のとおり。

 

  1. 新しいiPhoneで、App Storeを開く
  2. 画面右上に表示される「人型」のマークをタップする
  3. Apple ID・パスワードを入力して、「サインイン」をタップする
  4. 「購入済み」をタップする
  5. 「このiPhone上にない」をタップする

これで以前のiPhoneで使っていたアプリすべてが、新しいiPhoneに移行されます。

iCloudでアプリを移行する

iPhoneのアプリは、iCloudで移行することも可能です。

ただし少し手順は複雑になります。

具体的な手順は以下のとおりです。

 

  1. 買い換える前の古いiPhoneで、「設定」を開く
  2. 「ユーザー名」をタップする
  3. 「icloud」をタップする
  4. 「iCloudバックアップ」を選択する
  5. 「iCloudバックアップ」をONにする
  6. 「今すぐバックアップ作成」をタップする
  7. 「バックアップの完了」を待つ

ここからは買い替えた新しいiPhoneのほうで操作を進めます。

 

  1. 新しいiPhoneで「設定」を開く
  2. 「iPhoneにサインイン」を選択する
  3. Apple IDとパスワードを入力し、「次へ」をタップする
  4. 「iCloud」をタップする
  5. 共有したいアプリのデータ移行をすべてONにする

 

これで新しいiPhoneに、アプリを移行することが可能です。

iTunesでアプリを移行する

iTunesを利用する方法でも、アプリを移行することが可能です。

手順は以下のとおり。

 

  1. iTunesが入っているパソコンとiPhoneを接続する
  2. iPhoneとiTunesを同期する

 

これだけで、新しいiPhoneにアプリが移行されます。

ただし、今もまだiTunesが残っている人は少ないでしょう。

そうはいっても便利なので、iTunesがあれば利用したいところ。

【補足】LINEの移行について

iPhoneを買い替えたとき、もっとも心配なのはLINEアプリの移行ではないでしょうか?

やはり「友だち」や「トーク履歴」が消えてしまうとしたら、怖いですよね。

LINEについては、アプリを再インストールすれば、とりあえず「友だち」や「スタンプ」などは移行されます。

 

しかしこのままでは、トーク履歴が移行できません。

以下の手順で、トーク履歴も移行できるようにしておきましょう。

 

  1. LINEを開く
  2. 設定を開く
  3. 「トーク」をタップする
  4. 「トークのバックアップ」をタップする
  5. 「バックアップ頻度」をタップする
  6. 「今すぐバックアップ」を選択する

この時点で、トーク履歴はiCloudに同期されました。

iPhoneを新しいものに買い替えたあと、iCloud経由でトーク履歴を移行することが可能です。

iPhoneを買い替えたあとはクイックスタートが便利!

iPhoneと繋がるパソコン

iPhoneを買い替えたあとは、再度iPhoneを初期設定が必要です。

しかし初期設定をやるのはかなり面倒ですよね。

しかしiPhoneを買い替えたあとは、クイックスタートを使えば、一瞬で初期設定が完了します。

これならiCloudやiTunesなどを使わずつも、アプリを移行することが可能です。

 

手順は以下のとおり。

  1. 古いiPhoneのBluetoothをONにする
  2. 新しいiPhoneをその近くに置く
  3. 古いiPhoneに「新しいiPhoneを設定」というウインドウが開くのて「続ける」を選択
  4. 両方で認証が求められるので、許可する
  5. 新しいiPhoneに、古いiPhoneで使っているパスワードを入力する
  6. Apple IDなどを設定する
  7. 「デバイス間でデータを転送する」をタップする
  8. アプリの再インストールが開始する

 

これで、買い替えた新しいiPhoneにアプリを移行できます。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneを買い替えてもアプリは移行できる!

データ移行

もしかしたらすでにiPhoneを買い替えたあとかもしれません。

だとしたら本記事で紹介した方法で、アプリを移行しましょう。

 

ちなみにiPhoneを買い替えた(Appleから購入した、中古品を手に入れた)が、携帯会社は変えなかった人もいるでしょう。

いつものことですが、iPhoneを買い換えるなら、同時に携帯会社も変えるチャンスです。

新しいiPhoneを購入したなら、前の端末代金は払い終えているでしょう。

 

だとすれば新しいiPhoneを格安SIM業者に持ち込むことが可能です。

格安SIM業者は、iPhoneを持ち込んだ場合、月額料金が恐ろしく安くなります。

格安SIM業者に機種代金を分割で支払う必要がないからですね。

ぜひ一度、格安SIM業者への乗り換えを検討してみましょう。

格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と新プランが誕生し、これらに乗り換えた人も多いでしょうが、このキャリアの20GBプランに対抗して、格安sim各社新料金プランに変更しているところも多いのです。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士