iphone

地獄のiPhoneのリンゴループから抜け出す! 改善・修理方法は?

iPhoneユーザーにとってもっとも恐ろしいのは、「リンゴループに突入する」、という不具合です。

リンゴループとは、

 

  1. iPhone起動時のリンゴマークが表示される
  2. しかし起動はできず、いったん画面が暗くなる(このとき、強制終了できない)
  3. 1に戻る

を、延々と繰り返してしまう不具合のことです。

iPhoneがリンゴループに突入したら、最悪の場合修理に出さなければいけないかもしれません。

 

今回は、

  • iPhoneがリンゴループに突入する原因
  • リンゴループに突入してしまったとき、自力で修理方法

について、詳しく解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneがリンゴループに突入する原因とは? 修理が必要?

iPhoneiPhoneがリンゴループに突入する原因としては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

該当するものがないか、チェックしてみてください。

iPhoneの基板に不具合がある

iPhoneの基盤に不具合があると、リンゴループに突入する場合があります。

具体的には衝撃や水没、あるいはショートなどが原因で、基板が破損してしまうのです。

基板については自力での修理が難しく、多くの場合AppleCare +を頼ることとなります。

容量の不足

iPhoneは、容量が不足するとリンゴループに突入するクセがあります。

要するにデータを削除して容量圧縮すればよいのですが、「リンゴループのせいでそこにたどり着けない」というのが問題です。

iPhoneの容量不足、いったんリンゴループから脱出すれば、修理の必要はありません。

iPhoneのアップデートが正しく完了できていない

iPhoneは逐次アップデートされますが、容量不足やバッテリー切れが重なると、正しく完了できないこともあります。

そしてそのまま、なぜかリンゴループへ突入するというわけです。

アップデートの不正でiPhoneがリンゴループに突入した場合は、正規の修理は必要ありません。

容量・バッテリーを整えたうえでアップデートを再実行すればOKです。

iPhoneが物理的に故障している

iPhoneが物理的に故障している場合、リンゴループに突入する可能性があります。

物理的な故障は、自力で修理するのが困難です。

リンゴループを脱出したとしても、いずれ修理に出す必要があるでしょう。

ソフトウェアに異常が生じている

少し専門的な話になりますが、iPhoneのソフトウェアに異常が生じた結果、リンゴループに発展する可能性もあります。

こればかりは機械のことなので、あまり予測・予防する方法がありません。

ただし一度リンゴループから脱出できれば、基本的には修理の必要なく通常の使用状態に戻れるはずです。

強制終了しすぎ

iPhoneを強制終了しすぎていると、リンゴループへ入ってしまうこともあります。

だいたいのハードウェアはそうですが、強制終了というのはそれなりに危険な行為です。

頻繁に強制終了していると、わかりやすく言えば「iPhoneが起動する方法を忘れてしまう」ということがあります。

iPhoneがリンゴループに突入したとき、自力で修理する方法(治し方)

iPhone 修理

iPhoneがリンゴループに突入したなら、もっとも確実なのはAppleCare +で修理してもらうこと。

とはいえ、「なんとか手元にある状態で、自力修理したい」という人も多いはずです。

下記では、iPhoneがリンゴループへ突入したとき、自力でできうる修理方法について解説します。

再起動する

iPhoneがリンゴループに入ったら、まずは再起動の操作による修理を試してみましょう。

再起動は、多くの場合「サイドボタンと音量調節ボタンを押す」ことで実施されます。

ただしナンバリングごとで操作が微妙に異なるので、Appleのサポートも参照してください。

SIMカードを抜いて再起動する

iPhoneがリンゴループに入ったら、「SIMカードを抜いて再起動する」という修理の方法も考えられます。

ごくまれですが、SIMカードの故障がリンゴループを引き起こしていることもあるので、SIMカードを抜いてみようという話です。

仮にこれでリンゴループが改善されたなら、iPhoneではなくSIMカードの交換・修理が必要となります。

iTunes経由からiOSをアップデートする

ここから少しややこしくなってきますが、iTunes経由でiOSをアップデートすれば、リンゴループから脱出できるかもしれません。

iTunes経由のアップデートについては、ナンバリングごとで手順が異なる場合があります。

詳しくはApple公式サイトのヘルプを参考にしてください。

なお、筆者は「リンゴループ状態のiPhoneとiTunesをつないだだけで、リンゴループ状態が修理された」という経験もあります。

とにかくiTunesにつないで、なんとかiPhoneを刺激しましょう。

リカバリーする

ここまでやっても直らないなら、ヘルプを参照にリカバリーをかけましょう。

リカバリーとは、一度iPhoneの中身を初期化する操作です。

もちろん、バックアップやiCloudに乗っているデータは保護されます。

リカバリーすれば、リンゴループの原因が(基本的には)除去されて、修理できるはずです。

 

なお、リカバリーモードは、iPhoneがリンゴループに突入した際、自力でできる修理方法としては最後の手段となります。

放置する

iPhoneをリンゴループのまま放置していたら直った、というケースもあります。

できることならこのパターンで直って欲しいところです。

何をやってもダメだったら、放置して復活することに賭けてみましょう。

それでもダメなら修理に出す

各種修理を試して、放置してみて、それでもiPhoneがリンゴループを抜け切れないなら、本格的な故障が考えられます。

基盤など、自力では触れない部分に異常があるのかもしれません。

一度、AppleCare +に問い合わせることを推奨します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneがリンゴループに突入したら、自力修理を試す

iPhoneとスパナ

iPhoneがリンゴループに突入するのは、できれば避けたいところです。

もしリンゴループに入ったら、自力での修理を試してみましょう。

自力で修理できないなら、基板などが物理的に破損している可能性があります。

このパターンについては、AppleCare +での修理が必要です。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士