iphone

新型iPhone(2018年版)の最新情報。発売日や色や機能に関して


毎年新型iPhoneを求めて、予約や発売に長蛇の列ができますね。

今年も、もう少しでその時期になりますね。

例年9月にAppleは、新型iPhoneやその他の新商品を発表するイベントを開催しています。

日本時間は午前2時からと真夜中ですが、楽しみに待っているApple信者も多いです。

今年も発売されるであろう新iPhoneは、どのような機能が備わっているのでしょうか。

また、発売日はいつになるのでしょうか。

Appleが公開している情報ではなく、噂やリーク情報を集めてみました!

「へぇ~そうなんだ~」と言うような軽い気持ちで見てくださいね。

それでは、予想をしていきましょう!

新型iPhoneってどんなの?

今秋に発売されるiPhoneは、3モデル登場すると言われています。

それぞれ大きさが違うので、多くの人が興味を示すのではないでしょうか。

3モデルとは、

  • iPhone Xの後継モデルの5.8インチiPhone
  • 廉価版iPhoneの6.1インチiPhone
  • iPhone Xを大きくした6.5インチiPhone

です。

大画面化が好まれる今この時代、大きなiPhoneが登場するのは本当にワクワクしますよね。

しかも、6.5インチなんてかなり大きいスクリーンだと思います。

それぞれのiPhoneの噂されている情報は以下の通りです。

5.8インチiPhone

iPhone Xの後継モデルであり、iPhone11/iPhone XIと呼ばれています。

ボディの形やディスプレイは、ほぼ変わらずiPhone Xのアップグレード版と噂されています。

ディスプレイに使われるのは有機EL(OLED)と言われており、色彩が鮮明で低電力、薄く、応答速度が速いことがメリットとされています。

その分、製造にかかるコストが高くなってしまいますが、iPhone Xに比べて同価格かそれ以下になる予定です。

設定されるであろう価格は、800ドル〜900ドルであり10万円以内で購入できる可能性があります。

初回の生産は、2,500万台を予定しています。

一番情報が出てこないモデルです。おそらく、本当に変化がないのかもしれませんね。

6.1インチiPhone

廉価版iPhoneとして発売予定です。

液晶ディスプレイに使われるのは、コストの高い有機ELでなくiPhone8と同じTFT液晶です。

カラーバリエーションが豊富で、iPhone5Cを連想させる機種となります。

カラーは5種類、グレー・ホワイト・ブルー・オレンジ・レッドの展開を予定しており人気の出そうな機種ですね。

低価格で購入しやすいですし画面も大きいのは、売れる理由の一つになりますね。

日本円で77,000円〜の価格設定が考えられています。

注目の機種です。

こちらの機種は、新しいCPUには対応しますがカメラはiPhone8と同様のシングルレンズとなりそうです。

デュアルレンズだとコストが上がってしまうためですね。

背面のLEDフラッシュの位置がレンズの下に変更されており、iPhone8と若干の異なっているようです。

リーク画像では5.8インチや6.5インチiPhoneよりボディが厚くなり、ベゼルも2機種に比べると狭くないようです。

液晶画面の製造上の問題により、発売が遅れるかもという情報が最近出てきました。

6.5インチiPhone

一番人気が出そうな6.5インチの大画面iPhone!

iPhone X PlusやiPhone XI Plusとして呼ばれています。

こちらも有機EL(OLED)ディスプレイ搭載予定であり、カラーにはiPhone Xにはなかったゴールドが取り入れられる予想です。

デュアルSIMになると噂されており、3つのモデルの中では一番高価なiPhoneになりそうです。

1100ドルは超えてくると言われているので、今のiPhone X 256GBくらいの値段になるのではないでしょうか。

それだけ高価でも販売台数は伸びると言われており、製造台数も5.8インチiPhoneより多いそうです。

リーク画像では、iPhone Xのように背面のLEDフラッシュが2つのカメラレンズで挟まれています。iPhone Xを本当に大きくしたような感じですね。

その他の機能

iOS12のソフトウェアアップデートが入ることにより、システム全般がスピードアップするでしょう。

タスクを複数開いていると遅く感じることがありましたがそれが無くなり、カメラの起動も早くなったりタッチパネルの反応も良くなります。

アニ文字やミー文字も新機能として登場するので楽しみです。

Siriの機能が向上します。

iOS12の新機能がAppleのホームページで紹介されているので参考にしてください!

それ以外には、「Hey Siri」がグレードアップしスマートスピーカーのようなAIスピーカーと連携するようになるでしょう。

商品の注文や家電と連携したり、音楽を流したりと生活がさらに豊かになること間違いないですね。

ここまで進化すると、将来どのようなAI知能が発達するのかちょっと怖い気もします。

5.8インチと6.5インチiPhoneに関しては、次世代プロセッサのA12チップが搭載されると言われています。

処理能力速度を上げることでAR機能やVRにも対応ができるようになるので、処理能力速度アップは必要不可欠ですね。

A11よりA12は1.6倍の処理速度が上がると噂されています。

どのモデルもイヤホン端子とホームボタンはありません。

発表日や発売日はいつ?

気になるのは、発売日ですよね!

しかもまずは予約から戦争のようになりそうです。

過去のiPhone発表日と発売日を見てみましょう。

 

機種名発表日発売日
iPhone5S 2013/9/102013/9/20
iPhone62014/9/102014/9/19
iPhone6S2015/9/92015/9/25
iPhone72016/9/72016/9/16
iPhone82017/9/122017/9/22
iPhone X2017/9/122017/11/3

ここ数年、Appleはイベント発表会を9月の2~3週目の火水木に行っています。

月初には開催されていないようですね。10日前後の週ということです。

そして、イベント開催週の金曜日より予約開始しています。各キャリアは毎年16時1分より開始しています。

発売日は予約開始日の次の週の金曜日です。

これらから、今秋のiPhone発売日を予想してみました。

イベント開催日:2018年9月12日(水)

予約開始日:2018年9月14日(金)

発売日:2018年9月21日(金)

もう間もなくと言う感じですよね。

本当に待ち遠しいです。

新型iPhoneの予約はau Online Shopで

数年前と異なり、今は新機種の予約はショップよりWEBから行った方が効率的で早いです。

なぜなら予約開始時刻より一人ずつ予約を行っていくので、待っている間にWEBからの予約者にどんどん追い抜かされていきます。

そんな時に、活用してもらいたいのがau Online Shopです。

オンラインで購入すると発売日に手に入らないと思い込んでいる人!

そんなことないですよ。

しっかりと早く予約登録すれば、発売日に自宅に新しiPhoneが届くことも可能です。

本当にいち早く機種が欲しいのであれば、オンラインから予約を行いましょう。

auオンラインショップ

それが一番賢明な方法ですよ。

iphoneを買うならオンラインショップ

ここからは新型iPhoneをどうすれば素早く予約をして お安く購入できるかをご紹介していきましょう。 発売日当日、もしくは発売日近くに入手したい人は必見です! それは各社のオンラインショップを利用します。 ドコモはこちら ↓ ドコモオンラインショップ auはこちら ↓ au Online Shop ソフトバンクはこちら ↓ ソフトバンクオンラインショップ オンラインショップを知らない人はもちろん、名前だけ聞いた事なる! なんとなく知っているという人もいるでしょう。 せっかくなんで、ここで各社のオンラインショップの素晴らしさをご紹介させてください。 知ってて使わないのと、知らないで使わないのでは その意味が大きく違います。 新型iPhoneを購入する際はもちろん、それ以外のスマホを購入、機種変更するのにとてもお得で便利なんです。 その理由は大きく分けて2つあります。 それは利便性と金銭面です。 オンラインショップとは、読んで字のごとくオンラインを利用したショップです。 スマホケースなどのアクセサリーをオンラインショップで購入した事ある人は多々いるでしょうが 意外とスマホ本体を購入したことがある人はまだ少ないかもしれません。 非常におとくなんで順番にご紹介していきましょう。 読むだけで得するかもしれないクーポンの紹介もありますので最後まで読んで言ってくださいね!

オンラインショップを使う利便性

新型のiPhoneが発売されるときってお祭り騒ぎになりますよね! こんな感じです。 ただ年々この大行列に並ぶ人が少なくなっているって知ってますか? その理由が実は今回ご紹介するオンラインショップの影響なんです。 iPhoneの予約システムなんですが、とにかく早く予約を完了した人から優先的に振り分けられていきます。 それは店舗でもオンラインショップでも違いはないです。 iPhoneはアップルの指示の元、平等に予約は全部が同時開始です。 ですので、店頭もオンラインショップも同時に予約開始なんです。 iPhone予約は発売当初は2,3分遅くなれば、2,3週間手元に届くのが遅くなると言われてます。 店舗で店員さんを通して予約するよりもオンラインショップで自分で入力した方が 早く予約を完了できるので、店頭予約よりも早く手に入る可能性が高いです。 オンラインショップでも発売日に自宅に届きますので 予約を手早く完了すれば店舗同様に発売日に入手するのも夢じゃないんです。 *一部の離島を除きます。 暑い中、何にも前からショップに並ばなくても もしかしたら発売日にiPhoneが入手できる可能性があるって 素敵じゃないですか? 今までは1部の自由人しか大人気の新型iPhoneを発売日に入手するなんてできなかったのですが オンラインショップを利用すれば日本全国どこからでもお祭りに参加できるんです。 これはiPhoneファンにはたまらないですね。 また普通に機種変更する際も24時間、日本全国どこからでも使えるので 非常に便利ですよ。 また店舗だと大体2,3時間の待ち時間もあるでしょうが オンラインショップでは、煩わしい待ち時間もありません。 ネットにさえ繋がっていれば24時間、日本全国どこからでも利用できるのも 使い勝手がいいですよね。 ただ、オンラインショップの良さってそれだけじゃないんです。 他の商品で考えてみて下さい。 オンラインショップって便利なだけじゃなくて 商品が安いってメリットもありますよね? スマホもオンラインショップで買うと安いんです。

オンラインショップで買うと安い?

新型iPhone、スマホってどこで買っても同じ金額と思ってませんか? 実はそんな事ないんです。 その理由は「頭金」にあります。 頭金って高額商品を買う時に払う1部代金と思ってませんか? 実はそんな事ないんです。まずは下の2枚の写真を見て下さい。 1枚目の頭金が7,800円 2枚目が9,720円となっております。 実はこのように頭金って店舗によって異なり「0~10,000」円程度で設定されている事がほとんどです。 そんなの在処よ、、、って思うかもしれませんが お店によって、スーパーと八百屋で野菜の値段が違うように値段が違うのは当たり前です。 ただ「頭金」という名前だから誤解されるので正確には「販売手数料」といったところでしょうね。 詳しくはこちら ↓ 準備中 この頭金は地域差により差が大きいです。 「じゃあ、東京などの都心部で競争が多い所が安いんだ!自分の住んでいる所は安いお店ないんだ(涙)」 なんて思う人もいるでしょう。 ご安心ください。 今回ご紹介している、オンラインショップはドコモ、au、ソフトバンク全て 頭金が「0」円。つまり無料です╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ ! ですので、店舗で買うよりも頭金分のお安く購入する事ができます。 もちろん、送料はかかりません。 操作方法も難しくなく、15分もあれば手続き終了にします。 では、ここで一度各社のオンラインショップのメリットをご紹介しましょう。 大人気の新型iPhoneを簡単に予約できて、早くうまく行けば発売に入手でき 日本全国どこからでも24時間使えて、 頭金が0円なんで金額も安く 簡単に使える。 新型iPhoneの購入はもちろん、各種スマホを機種変更するなら オンラインショップがおすすめです。 ドコモはこちら ↓ *ドコモの場合はさらにおとく! 通常2,000円かかる事務手数料まで無料です。 使わないと勿体ない! ドコモオンラインショップについてさらに詳しくはこちら ↓ ドコモオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット。使い方や流れも紹介! auはこちら ↓ auオンラインショップについてさらに詳しくはこちら ↓ au Online Shop(auオンラインショップ)は安い。メリットとデメリットなに?時間とお金が節約できる! ソフトバンクはこちら ↓ ソフトバンクオンラインショップについてさらに詳しくはこちら ↓ 準備中

まとめ

機能やデザインに新しい変化は見られなさそうな今回のモデルですが、画面サイズが複数用意されているのは嬉しい限りです。

iPhone信者は世の中にたくさんいますし、今秋も賑やかしてくれること間違いなしですね。

アップデート版のiPhoneですが、今回は廉価版の低価格iPhoneも登場する予定なので今まで手を出せなかった人も購入できるようになりそうです。

また新しい情報があれば、お伝えしていきます。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-, ,

© 2022 スマホ戦士