iphone

iphoneがバグる!勝手に動く!「ゴーストタッチ」原因と対処法を紹介!

  • 「iPhoneの操作がバグる!」
  • 「勝手に動く!」
  • 「タッチしていないのに反応する」

といった現象に悩まされてはいないでしょうか?

いずれもiPhoneにはよくある現象です。

 

だけどこの現象は、カンタンに解決することが可能です。

ただし対処法を知らないと、いつまで経っても変な操作に悩まされます。

本記事では症状と対処法について解説するので、参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneがバグる、勝手に動くのは「ゴーストタッチ」!具体的な症状は?

iPhoneがバグる、勝手に動く現象は、「ゴーストタッチ」と呼ばれています。

まるで幽霊にでも触られたかのように、以下の現象が起こります。

  • 何もしていないのに文字が入力される
  • 勝手にダイヤルされる
  • タップしたいのにタップできない
  • スクロールを実行できない
  • iPhone本体のロックを解除できない

いずれもiPhoneを利用するうえで、かなり不便な現象です。

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

何もしていないのに文字が入力される

ゴーストタッチでもっとも多いのは、「何もしていないのに文字が入力される」という現象です。

TwitterやLINEでテキストを入力しようとしたとき、思ったとおりに入力できない、といったケースがあります。

何より迷惑なのが、文字ではなく「送信」や「購入」といった取り返しのつかないボタンを押す場合があることです。

たとえばまだ執筆途中のメッセージを、取引先に送付してしまうなどのトラブルが考えられます。

勝手にダイヤルされる

ゴーストタッチによって、勝手にダイヤルされるケースもあります。

これは電話帳やLINEを見ているときにありがちな現象です。

自身にとっても迷惑な話ですが、電話先の相手も困らせてしまいます。

このままでは「携帯電話」として、まともには利用できません。

タップしたいのにタップできない

ゴーストタッチが起こっていると、「タップしたいのに、タップできない」という現象も起こります。

iPhoneは、基本的に「1箇所をタップすると、他の場所からタップできない」という操作特性を持つ端末です。

つまりすでにゴーストタッチされているなら、自分のタップは認識されません。

非常にうっとうしい現象で、特にゲームをやっている時などは致命的だと言えるでしょう。

スクロールを実行できない

ゴーストタッチが発生していると、スクロールできないケースもあります。

ゴーストタッチが先に認識されているので、後からスクロールしても操作を受け付けない、というわけです。

反面、スクロールする意図がないのに、ゴーストタッチで画面が上下するケースも見受けられます。

iPhone本体のロックを解除できない

iPhoneがゴーストタッチを起こしている場合、ロックをうまく解除できないかもしれません。

なぜならゴーストタッチによって、誤ったパスワードが入力されてしまうからです。

 

ちなみにiPhoneは、10回以上連続でパスワードの誤入力を検知すると、いったん初期化しなければいけません。

つまりゴーストタッチが発生している状態でロックしてしまうと、リカバリーの段取りが必要になることもあります。

頻繁なゴーストタッチが発生している場合は、ロック機能を使わないようにしましょう。

iPhoneが勝手に動く、動作がバグるときの対処法

iPhone見つめる

iPhoneが勝手に動く、動作がバグるのは、ゴーストタッチと呼ばれる現象です。

この現象は、以下の方法で解決できる場合があります。

  • 再起動をかけてみよう
  • iPhoneのディスプレイを清掃しよう
  • iOSアップデートを実施しよう
  • 修復ソフトによる補正を試してみる

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

再起動をかけてみよう

ゴーストタッチが起こるなら、とにかく最初は再起動を実施しましょう。

iPhoneは再起動によって、だいたいのトラブルを解決できるように設計されています。

ゴーストタッチも例外ではありません。

軽度の症状であれば、再起動をかけるだけですぐ解決できます。

iPhoneのディスプレイを清掃しよう

再起動をかけてもゴーストタッチがおさまらないなら、iPhoneのディスプレイを清掃してみましょう。

意外と物理的な理由で、ゴーストタッチが起こることもあります。

特に液晶保護シールを使っている場合は貼り方が悪いのかもしれません。

またシールの下に入った糸くずなどが、ゴーストタッチを起こしているケースもあります。

いったんキレイに掃除してみましょう。

iOSアップデートを実施しよう

ここまでやってもダメなら、iOSアップデートを実施してみましょう。

iPhoneはiOSが古いままだと、ゴーストタッチをはじめとした不具合を起こす傾向があります。

しかしiOSアップデートを実施することで、すぐに解決するケースも珍しくありません。

修復ソフトによる補正を試してみる

それでもうまくいかないなら、修復ソフトによる補正を試してみるのもよいでしょう。

修復ソフトとは、Appleとは関係ないサードパーティーが出しているサービスのこと。

ゴーストタッチについては、「ReiBoot」による解消が期待できます。

使い方は公式サイトを見ればすぐにわかるので、閲覧しながら確実に操作しましょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

それでも直らないなら買い換えるのがおすすめ

iPhone13

それでも直らないときは、iPhoneの買い替え時だと考えて問題ないでしょう。

ゴーストタッチが乱発する状態は、iPhoneが相当劣化している状態に起こる現象で、とっくに寿命を迎えています。

もしゴーストタッチが解消されても、その後また別の故障が起こる可能性は高いでしょう。

 

その場合は素直にiPhoneを買い換えるのがおすすめです。

ゴーストタッチが起こっている程度であれば、「iPhoneの下取りプログラム」が利用できるでしょう。

これは、「古いiPhoneを買い取ってもらい、その金額が新しいiPhoneの端末代金から割引される」というものです。

金額は機種や状況にもよりますが、最大73,000円で下取りしてもらえる場合もあります。

ぜひ一度、iPhoneの下取りを検討してみましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士