iphone

iPhoneのホームボタンが陥没した!どうやって直す?

iPhoneを使っていると、「iPhoneのホームボタンを押しても反応しない」という現象が起こることがあります。

ホームボタンはある意味で一番大切な場所なので、この問題はとても重大です。

今回は、iPhoneのホームボタンが陥没したときの対処法について、詳しく解説します。

 

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneのホームボタンが陥没した?

イライラ

iPhoneのホームボタンが陥没したら、まず以下のように対処しましょう。

  • 本当に陥没しているか確認する
  • 陥没しているなら、もうホームボタンには触らない

本当にホームボタンが陥没しているか?

まず、本当にホームボタンが陥没しているか確認してみましょう。

 

おそらく今、ホームボタンを押しても反応がないはずです。

しかし、本当に陥没しているとは限りません。

 

単純にiPhoneが軽度の不具合を起こして、ホームボタンが一時的に反応しなくなっているだけかもしれません。

いったん再起動か、電源の入れ直しを試してください。

それだけでホームボタンの不具合が直るかもしれません。

 

再起動か電源の入れ直しを試してもホームボタンが反応しないなら、iPhoneのホームボタンが陥没しているかもしれません。

ちなみにiPhoneのホームボタンが陥没する原因としては、

 

  • バネの劣化
  • ゴミの混入
  • 皮脂詰まり
  • ホームボタンの変形

 

のいずれかが考えられます。

 

ちなみに最近のiPhoneは、ホームボタンの陥没が起こりやすい部分があります。

指紋認証やロック解除などで、ホームボタンを利用する機会が増えたからです。

陥没しているならもうホームボタンには触らない

iPhoneが陥没しているなら、もうホームボタンには触らないようにしましょう。

特に何度もホームボタンを押すのはNGです。

 

なぜなら、ホームボタンのスキマにゴミが入っていた場合、かなりマズいから。

たとえばホームボタンのスキマに、砂利が入り込むことがあります。

すると砂利がホームボタンのバネ運動を邪魔して、ホームボタンが陥没するわけです。

 

この状態でホームボタンを無理やり押し込むと、砂利がさらに奥の方へ入っていきます。

すると、砂利が他のiPhoneの部品にも影響を与えることがあります。

また、そこまで奥に入り込んだ砂利を取り除くには、一度iPhoneを分解して掃除する必要が出てきます。

 

というような理由から、iPhoneのホームボタンが陥没したときは、もうヘタに触らないようにしましょう。

iPhoneのホームボタンが陥没したときの対処法

修理2

基本的にiPhoneのホームボタンが陥没しているなら、自力修理はむずかしいでしょう。

iPhoneのホームボタンはかなり繊細な部分なので、ユーザーレベルでできることはかなり限られています。

基本的にはiPhoneを買い換えるのがおすすめです。

一応、iPhoneのホームボタンが陥没したときの対処法は解説しておきますが、あまり有効な方法ではないので、注意してください。

アルコール液で掃除する

かなり悪あがき的な方法ですが、アルコール液で掃除するという方法があります。

なぜアルコール液なのかというと、水とは違って乾燥するので、iPhoneにとって安全だからです。

アルコール液で掃除すると、iPhoneのホームボタン周辺にある皮脂汚れを落とせるかもしれません。

皮脂が詰まっていることで、iPhoneのホームボタンが陥没することもあるのです。

 

アルコール液を用意し、綿棒に浸します。

そしてアルコール液をホームボタンに垂らしましょう。

するとアルコールが皮脂を溶かしてくれるはずです。

そのあとはiPhoneを逆さにしておけば、アルコールと一緒に皮脂が降りてくるはず。

アロンアルファで引っ張り込む

かなり強引な方法ですが、アロンアルファを使うという方法もあります。

やり方はシンプルです。

アロンアルファをホームボタンに塗り、そのまま引っ張りあげるだけ。

 

もしiPhoneのホームボタン陥没の原因がバネの不具合なら、上に引っ張り上げると、どうにかなるかもしれまん。

ただアロンアルファについては、iPhoneのホームボタンに使われている素材には、うまく張り付かないこともあります。

また、ついたアロンアルファをキレイにするのも非常にたいへんなので、注意してください。

仮想ホームボタンでなんとか対応する

根本的に解決できるわけではないですが、「仮想ホームボタン」を使うという方法もあります。

仮想ホームボタンとは、iPhoneに標準装備されている「AssistiveTouch」によって利用できる機能。

画面上にホームボタンと同じ操作ができるアイコンが表示されるので、とりあえず操作はできるようになります。

 

仮想ホームボタンは、ロック画面から呼び出すことも可能です。

つまりiPhoneのホームボタンが陥没していても、仮想ホームボタンは起動できるわけですね。

 

ただし仮想ホームボタンを使うと、利便性は一気に悪くなります。

仮想ホームボタンを呼び出す手間がワンタッチ増えてしまうので、ちょっとイラつかされるかもしれません。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneのホームボタンが陥没したら買い替えを考えよう

最新iPhone

というように、iPhoneのホームボタンが陥没したときの対処法について解説しました。

ただ一つ言えるのは、iPhoneのホームボタンが陥没してしまうと、なかなか自分で修理するのはむずかしい、というところです。

ホームボタンはかなり繊細な部品であり、ユーザーレベルでできることは限られています。

無理せず、正規店などでの修理に出すことをおすすめします。

 

ただしホームボタンの修理は、場合によっては20,000〜30,000円ほどかかってしまうのがイタいところ。

よほどそのiPhoneに思い入れがない限り、素直に買い換えるのがおすすめです。

修理の可能性も追いかけて構いませんが、同時に新しいiPhoneを、オンラインショップでチェックしておきましょう。

ちなみにオンラインショップでは、店頭に行かずとも郵送で買い替え手続きできたり、事務手数料(3,000円前後)が無料になるなど、さまざまなメリットがあります。

買い替えるなら、できればオンラインショップを通して申し込みましょう。

 

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士