iphone

わざとやってる? iPhoneの画面が割れやすい理由

iPhoneユーザーのほとんどは、一度か二度は画面を割っているでしょう。

iPhoneの画面は非常に割れやすいもので、思わぬところでひび割れすることがあります。

 

しかし、

  • なぜiPhoneの画面は割れやすいのか、理由が気になる
  • というか、わざと割れやすくしてない?

 

と思っている人も多いはず。

本記事では、iPhoneの画面が割れやすい理由について解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

 

iPhoneの画面は割れやすい理由はふたつ

iPhone 割れ

iPhoneの画面が割れやすい理由としては、大きく分けてふたつあります。

 

第一に、そもそも「iPhoneの画面はガラスが薄い」という理由。

iPhoneは、操作性とデザイン性を確保するため、ガラスをできるだけ薄くしています。

だから、ちょっとした衝撃で割れてしまうのです。

 

また、「フレームへの衝撃と圧力」の存在も、iPhoneの画面が割れやすい理由です。

フレームとは、画面を囲っているガラスでない部分のことですね。

 

フレームに圧力や衝撃が入ると、当然ながら内側へとひしゃげていきます。

つまり、画面自体が圧迫されるわけです。

しかもフレームに圧力や衝撃が入るとすれば、落下や衝突で「狭い範囲に一点集中する」ことが多いはず。

こういった””をつく圧力や衝撃は強力で、結果として画面への影響も強くなります。

 

つまりフレームと画面の噛み合わせが、画面の割れにくさにかかわるわけです。

しかしiPhoneは、「フレームと画面の噛み合わせ」について、画面が割れにくいようにはほとんど配慮していません。

これも、iPhoneの画面が割れやすい理由として挙げられます。

 

もしかしてわざとやってる?

冒頭でも述べたとおり、「修理代を稼ぐために、iPhoneの画面は割れやすい作りになっている」という理由を思い浮かべている人もいるでしょう。

結論から言うと、わざとやっているのかもしれません。

たしかに画面が割れやすいなら、修理代も端末交換代も儲かることでしょう。

 

とはいえ、ケースや保護シートを使わずに、何年も無傷で使っている人だっています。

そういった点も踏まえれば、「わざとやってる」とは言えない部分もあるでしょう。

また、iPhone8以前は権利の問題で強いガラスが使えなかったという、致し方ない理由も関係しているかもしれません。

最近は割れにくくなっている?

iPhoneの画面は、最近になって少しずつ割れにくくなっています。

昔はぜい弱なガラスでしたが、iPhone8からは「ゴリラガラス」という、いかにも強そうなものが採用されているのです。

 

しかし、強いといってもガラスはガラス。

ガラスなのだから、衝撃を加えると割れることはあります。

しかも、先ほど触れたとおりiPhoneは「できるだけガラスは薄くする」というテーマで作られている端末です。

だからゴリラガラスにしたところで、劇的に「画面が割れやすい理由」を解決できているわけではありません。

割れやすいと、錯覚している部分もある

上記のとおり、「iPhoneの画面が割れやすい理由」は、きちんと存在します。

しかし、割れやすいと”錯覚”している部分もあるでしょう。

 

iPhoneは、Androidと比較して、必然的に「割れた状態を見かけることが多い端末」です。

 

そもそもiPhoneのシェアはスマートフォン全体において、およそ6割を占めています。

この時点で、「ああ、だから割れやすいと思いやすいのか」と思うでしょう。

 

しかし、ここには「iPhoneは、画面が割れてもまだ使えるケースが大半」という背景も絡みます。

Androidの場合、画面が割れると操作もできないケースが大半です。

しかしiPhoneは画面が割れても使えるので、「修理に出さないまま割れたまま使うケース」が多くあります。

 

つまり、

 

  • 根本的な台数の多さ
  • 割れた状態で見かけられやすい

 

という理由から、「iPhoneは(事実以上に)画面が割れやすい」と錯覚しやすいわけです。

iPhoneの画面割れ、放置していたら何が起こる?

iPhone 割れ2

iPhoneの画面が割れやすい理由については、理解してもらえたでしょう。

そして、多くの人が「割れている状態でもしばらくガマンして、iPhoneを使った」という経験を持っているはず。

画面割れしても健在なのはけっこうなことですが、放置しておくと以下のようなことがあるかもしれません。

 

  • 怪我するかもしれない
  • さわってないのにさわったことになる(ゴーストタッチ)
  • 浸水したら基板に到達しやすくなる
  • ガラスが剥がれて基板が露出する
  • 知らないうちに画面がブラックアウトするかもしれない
  • さらに画面が割れやすい理由になる

というようにiPhoneの画面割れを放っておくと、更なる不具合へつながりかねません。

もっともヤバイのが、「浸水したら水が基板に到達しやすくなる」という点です。

基板が浸水すると再起不能になるかもしれないので、注意しましょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

 

iPhoneの画面は割れやすい理由がわかったら、あとは対策するだけ

カバーとiPhone

上記では、iPhoneの画面が割れやすい理由について解説しました。

あとは、対策を取るだけです。

対策としては、以下のようなものが考えられるでしょう。

スマホケースをつけよう

もっともわかりやすいスマホケースをつけるという方法。

 

iPhoneが割れやすい理由として、「落下に弱い」というのがあります。

しかしスマホケースさえつけておけば、ほとんど落下を理由にした画面割れは起こりません。

 

ただし、「突起のある場所」などに落として画面が直撃するパターンもあるので、油断は禁物です。

 

保護シールを貼ろう

ケースではないなら、保護シールを使うという方法もあります。

保護シールを貼っておけば、たいていの衝撃からiPhoneの画面を守ることが可能です。

よほどはっきりした突起でない限り、問題はないでしょう。

 

ただし、保護シールを貼っていると画面の見栄えが悪くなったりします。

また、質の悪いものを使っていると、操作にも若干の不便がともなうかもしれません。

コーティング剤を使おう

コーティング剤を使う、という方法もあります。

これは液体でありながら、iPhoneの画面に塗ることで強度を保ってくれるという優れものです。

iPhoneを使う中でもあまり邪魔にならないので、たいへんおすすめ。

 

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士