iphone

iPhoneが重い!メモリ不足だ!ストレージ解放で解消しよう

iPhoneが動作が重い!」という不満を持っている人は多いのではないでしょうか?

何か操作するたびにいちいち待たされるのは、かなりイライラしますよね。

 

しかしiPhoneの動作は、メモリ不足が多く、ストレージを開放することで、おおむね解決することが可能です。

あくまでも一時しのぎですが、本記事でメモリ不足解消ストレージ解放を実施するできる限りの手段を紹介します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneのメモリが不足した場合の対処法

データ移動

iPhoneのメモリが不足した場合の対処法は、以下5つが挙げられます。

  • iPhoneを再起動する
  • Appを再インストールしてリフレッシュする
  • バックグラウンドで起動しているAppをシャットダウンする
  • バックグラウンド更新をOFFにしておく
  • Spotlight検索をOFFにする

上記から、「普段あまりやっていないこと」を順番に試していきましょう。

いくつか試しているうちに動作が軽くなっていくはずです。

iPhoneを再起動する

iPhoneのメモリ不足は、再起動するだけでも解消されます。

特にずっと電源が入りっぱなし、ということがあれば、この方法は効果が高いはずです。

 

iPhoneを使っていると「キャッシュ」が溜まっていきます。

これはAppやシステムを使ううえで、一時的にメモリが覚える記録のことですが、これが増えすぎるとメモリ不足になるわけです。

しかし再起動(再インストールなども同様)を実施すればキャッシュを手放せるので、メモリも一時的に回復します。

定期的にキャッシュは削除するようにしましょう。

Appを再インストールしてリフレッシュする

メモリ不足があれば、Appの再インストールも試してみましょう。

そうすればAppごとのキャッシュが削除され、メモリも多少は解放されるわけです。

ただし削除する際に内部データが消えてしまうケースがあるので、「消してもいいAppかどうか」を事前にチェックしましょう。

バックグラウンドで起動しているAppをシャットダウンする

メモリ不足を感じたら、iPhoneがバックグラウンドで起動しているAppをすべてシャットダウンしましょう。

多くの場合、気がつくと何十個ものアプリをAppを起動しているはずです。

これらを一つひとつシャットダウンし、iPhoneのメモリに無理させないようにしましょう。

バックグラウンド更新をOFFにしておく

メモリ不足を感じるときは、バックグラウンド更新もOFFにしておきましょう。

つまり、勝手にAppをアップデートさせない、ということです。

バックグラウンド更新を止める方法は、以下のとおり。

 

  1. 設定を開く
  2. 一般を開く
  3. Appのバックグラウンド更新をタップ
  4. 表示される全てのスライダをOFFに設定する

Spotlight検索をOFFにする

iPhoneのメモリ不足を感じたら、Spotlight検索をOFFにしておきましょう。

これはiPhoneの左側画面を開いた時に現れる検索機能のことです。

Spotlight検索をOFFにする方法は以下のとおり。

 

  1. 「設定」を開く
  2. 「一般」を開く
  3. 「スポットライト検索」をタップする
  4. 表示されるすべての項目のスライダをOFFに切り替える
  5. 常駐アプリを消しておく

さらにiPhoneを快適に使いたいなら、ストレージ開放も試してみよう!

iPhoneとスパナ

上記のようにiPhoneのメモリ不足を改善すれば、少しずつサクサク動作するようになります。

合わせて以下の方法で、ストレージ開放、つまり余計なデータの整理も実施しましょう。

  • まずは写真と動画を削除ししょう
  • キャッシュ情報をまとめて消しておこう
  • 使っていないアプリもキレイに削除しておこう

これを組み合わせれば、もう少し快適に使えるようになります。

まずは必要のない写真と動画を削除ししょう

iPhoneを快適に使いたいなら、まずは写真と動画を削除しましょう。

これらはデータの中でもっとも重いので、必要ないならすぐ消しておきたいところです。

大切な写真と動画は、iCloudに移動して保存しておくのがおすすめ。

Safariのキャッシュ情報をまとめて消しておこう

iPhoneのストレージを開放したいなら、キャッシュ情報はまとめて消しておきましょう。

たったこれだけで、劇的に動作が軽くなることもあります。

具体的な手順は以下のとおり。

 

  1. 「設定」を開く
  2. 「Safari」を開く
  3. 「詳細」を開く
  4. 「Webサイトデータ」をタップする
  5. 「全のWebサイトデータを削除」をタップする

この方法で、Safariのキャッシュ情報を削除し、ストレージに余裕を持たせることが可能です。

使っていないアプリもキレイに削除しておこう

iPhoneのストレージを開放するなら、使っていないアプリは片っ端から削除していきましょう。

実はまともに使っているものは10数個程度であることがほとんど。

一度使っただけで、もう何年も使っていないアプリだってあるはずです。

そういったものは片っ端から削除して、ストレージに余裕を持たせましょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneのメモリ・ストレージが不足したら買い換えるのがおすすめ!

最新iPhone

本記事ではiPhoneのメモリとストレージが不足した場合の対処法について解説しました。

いくつかの方法を組み合わせれば、iPhoneは快適に使えるようになるはずです。

 

しかし気を付けておきたいのは、根本的な問題解決にはならないこと。

メモリやストレージが不足したなら、今後もいずれデータが蓄積し、同様の問題が起こります。

そのたびに対処していたのでは、快適に使えているとは言いづらいでしょう。

常に高負荷による不具合を心配しなければいけません。

 

メモリやストレージが不足しているなら、基本的には新しいiPhoneを買い換えるのがおすすめ。

単純にスペックが高くなれば、メモリやストレージが小さくて悩まされることはありません。

このときにネックとなるのが端末代金ですが、最近ではオンラインショップを利用すれば相当安く購入することが可能です。

 

オンラインショップ限定で端末代金が数十%安くなったり、事務手数料が無料になったり、さらには基本料金が1年単位で割引されたり、とにかくいいことずくめ。

新しいiPhoneを手に入れるなら、できるだけオンラインショップで購入するようにしましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士