iphone

iPhone14の発売は待つべき?買い替え候補も解説

  • iPhone14の発売は、まだ待つべきか?
  • iPhone13で妥協したほうがよいか?

上記のように悩んでいる人は多いでしょう。

 

結論から言うと、iPhone14の発売は、絶対に待つべきものという事でもありません。

本記事ではその理由と、iPhone13を購入するメリットについて解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhone14の発売は待つべきという事でもない!理由は3つ

iPhone

iPhone14の発売を待つべきという事でない理由は、大きく分けて3つあります。

  • おそらく指紋認証は実装されない
  • iPhone13ではあった、miniサイズがないかもしれない
  • iPhone13の完成度が高い

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

おそらく指紋認証は実装されない

iPhone14を待つべきでない最大の理由は、おそらく指紋認証が実装されないことです。

iPhone13発売時にも「指紋認証が実装されるのでは?」と期待されましたが、やはり採用されませんでした。

さらにiOS15.4の登場で、「マスクを装着したまま本人認証できるFace ID」が登場し、指紋認証の必要性は激減。

そうでなくともAppleは一度なくした機能を再度利用することはほとんどなく、iPhone14での指紋認証の実装はかなり絶望的です。

miniサイズがないかもしれない

iPhone14はminiサイズがない可能性もります。

iPhone13には、無印やProに加えminiが用意されていました。

86,800円(税込)とまだ手に入れやすい金額とほどよいコンパクトさで、高い人気を集めています。

 

ただしiPhone14において、miniモデルが発売されるとは限りません。

極端な話無印だけ、ということもあり得ます。

だとするとiPhone14の発表時に「じゃあ、先にiPhone13miniを購入すればよかったじゃん!」という話になるわけです。

iPhone14の発売は待つべきでもなく、iPhone13を購入してもよい理由

iPhone 緑

上記ではiPhone14の発売を待つべきとは言えない理由について解説しました。

絶対に、というわけではありませんが、待つことで期待を裏切られるパターンがあることに注意しましょう。

逆にiPhone13を購入すべき理由として、以下4つが挙げられます。

 

  • A15 Bionicプロセッサがついている
  • カメラの機能が優秀
  • バッテリーの持ちが急激によくなった
  • 120Hzディスプレイが採用されている

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

A15 Bionicプロセッサがついている

iPhone13にはA15 Bionicプロセッサがついている...つまり、ものすごく高性能で動作が速いというメリットがあります。

どれくらい速いかというと、iPhoneXのおよそ2.5倍の速度になると考えて問題ありません。

iPhone13を購入すれば、普段の操作はかなり快適になるでしょう。

カメラの機能が優秀

iPhone13を購入する理由として、カメラ機能が優秀な点も外せません。

1,200万画素の画質は、一眼レフカメラの出来栄えにも迫る美しさ。

センサーサイズが大きくなっており、夜間にも鮮明な写真を撮影できます。

さらにトリプルカメラによって超広角・広角・望遠3つのハイクオリティなモードを利用することが可能です。

 

というようにiPhone13のカメラは、ぜいたくなほど高性能。

この1点だけでも、iPhone13を選択する理由になり得ます。

バッテリーの持ちが急激によくなった

バッテリーの持ちが急激によくなったのも、iPhone13を購入する理由のひとつだと言えます。

 

iPhone12におけるバッテリーの連続駆動時間は8時間〜9時間が限界でした。

これでもじゅうぶんなポテンシャルなのですが、iPhone13では12時間前後まで一気に成長。

1日中使い倒していても、バッテリー切れに悩まされることがほぼなくなりました。

 

iPhone14ではどれほどバッテリーが進化するのか、定かではありません。

ただしiPhone12から13のような、数時間単位でのジャンプアップがもう一度あるかと言われれば微妙なところ。

その点を踏まえれば、今すぐiPhone13から購入するのもよいでしょう。

12時間前後駆動するバッテリーならたいへんな満足度があるはずです。

120Hzディスプレイが採用されている

iPhone13を選ぶ理由として、120Hzディスプレイが採用されてている点も挙げられます。

ゲーミングモニターにも匹敵する高解像度の画面は、やはり魅力的。

特にオンラインゲームなどを楽しむ場合は、ひとつのポイントとなるでしょう。

そうでなくともYouTubeなどを楽しむ場合、120Hzディスプレイの存在は大きいものです。

【補足】iPhone14が出てもiPhone13を買うのはあり

iPhone14が出ていたとしても、iPhone13を購入するのは大いにアリです。

そもそもの完成度が高くて使いやすいし、ナンバリングがひとつ古くなるので、価格も少しだけ安くなります。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ

毎年新しいiPhoneが発表されるたび、「待つべきか、待たないべきか」という議論が発生します。

iPhone14については、「かならずしも待つ必要はない」というところ。

やはり指紋認証採用に期待が持てないといった点は致命的です。

さらにiPhone13自体の完成度が高いという背景もあり、こちらを購入しても十分満足できるでしょう。

 

iPhone13、14いずれの場合でも、購入するならオンラインショップを利用するのがおすすめ。

オンライン限定のキャンペーンによって、端末料金が数万円単位で割引されたり、1年単位で基本料金が安くなったりします。

さらに事務手数料(3,300円程度)が無料になるなどの特典もついてくるうえに実店舗へ出る必要もありません。

とにかくiPhoneは、オンラインショップで購入すればものすごくお得です。

 

13はまだ高いし、14は新ナンバリングなのでそれ以上に高くなるでしょう。

一番安いiPhone13でも、86,800円(税込)です。

それらを少しでも安く購入するために、オンラインショップを上手に活用しましょう。

 

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士