iphone

iPhoneの充電が遅くなった! 原因と対策を解説

投稿日:

「iPhoneの充電が遅くなった」というトラブルは、本当によく聞かれます。

意外にも充電関連のトラブルは、珍しくないのです。

 

本記事を読んでいる人も、

「充電が遅くなったんだけど、原因は何?」

「どうやったら充電速度は回復するの?」

 

というような疑問を抱えていることでしょう。

 

本記事では、iPhoneの充電が遅くなる原因と、その対策について解説します。

本記事を読めば、充電速度の問題は、ほとんど解決できるはずです。

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓


こちらも見てね
【2020年】格安SIM21社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2020年格安SIM21社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注意点などをまとめました。 格安SIMはなぜ安いの? 格安SIMとは、ドコモ、au、ソフトバンクという ...

iPhoneの充電が遅くなった......原因は何?

iPhoneとライトニングケーブル

まずは原因について紹介します。

原因はさまざま考えられますが、主なものとしては以下のとおりです。

バッテリーの劣化

最大の原因として、「バッテリーが劣化している」という点が挙げられます。

 

iPhoneのバッテリーは、時間と比例して劣化するものです。

劣化すればするほど、電力の交換効率が落ち、充電も遅くなってしまいます。

 

ケーブルやアダプタの不具合

また、ケーブルや充電用のアダプタに問題がある場合もあります。

バッテリーも同じく、ケーブルや充電アダプタ(の内部にあるモジュール)も、時間経過とともに劣化するものです。

劣化が起こっていると、充電の速度は遅くなる可能性も出てきます。

 

また、ケーブルやアダプタの出力が低すぎるケースも。

出力は、「アンペア」という単位で測られます。

 

2アンペアで充電すると、1時間から2時間で充電は完了するでしょう。

しかし1アンペアだた、3時間以上かかるケースもあります。

 

これは、サードパーティ製(非純正品)のケーブルや充電アダプタにありがちなことです。

充電中にアプリを使っている

充電している間にアプリが立ち上がっていると、iPhoneの充電速度は遅くなります。

充電中にオンラインゲームなど、容量の大きいアプリが立ち上がったりしてはいないでしょうか?

こういったアプリが立ち上がっていれば、充電しつつも、電力を消費します。

充電中は、要領の大きいアプリは起動しないようにしましょう。

内部基板に異常が出ている

少し厄介なのが、手の届かない内部基板に異常が出ているケース。

こればかりは、Appleにて修理する必要があります。

 

iPhoneについて、かつて水没したとか、高いところから落としたという出来事はなかったでしょうか?

これらは、内部基板に異常をきたしやすい現象です。

思い当たるフシがあれば、修理も検討しましょう。

iPhoneの充電が遅くなった場合の対処法

iPhoneと聴診器

以上が、iPhoneの充電が遅くなる原因です。

下記では、その対処法について解説します。

再起動する

最初に試して欲しいのは、iPhoneを再起動するということ。

再起動するだけで、いとも簡単に充電速度が改善するかもしれません。

何も心当たりがないのにもかかわらず充電が遅くなったなら、たいていは再起動で解決します。

 

ちなみに充電速度だけではなく、iPhoneは、再起動するとバグや不具合を解消するという特性を持っています。

「何か問題あると感じたら、再起動してみればよい」と憶えておきましょう。

iOSのアップデート

再起動と同じく、iOSを最新版にアップデートするのも効果的である場合があります。

特に現在のiOSが「12」で止まっているなら、効果はてきめんかもしれません。

 

iOS12は、充電関係のトラブルが多かったバージョン。

したがってiOS12から最新iOSへ切り替えれば、充電速度の改善が期待できます。

 

ちなみに現在の最新iOSは「13.5.1」です(2020年6月22日現在)。

「13.5.1」に、充電関連の不具合は、ほとんど報告されていません。

ケーブルとアダプタを替える

ケーブルとアダプタを替えてみるのも、よい対策。

これの劣化が問題ならば、取り換えるだけですぐに解決するはずです。

 

できればサードパーティー製ではなく、純正品を用意しましょう。

「高速充電ができる」と銘打たれたサードパーティー製のものもありますが、少し信頼性に欠ける部分があります。

バッテリーの劣化を招く可能性もあるので、あまりおすすめしません。

初期化する

初期化して、すぐに復元するのもよいでしょう。

再起動やiOSアップデートよりも、高い確率で充電速度を改善できるかもしれません。

 

ただし初期化する場合は、当然ですがバックアップをしておきましょう。

バックアップは、iTunesかiCloudを利用すれば可能です。

放電する

放電することでも、充電速度が回復する可能性はあります。

放電とは、一言で言えば「iPhoneの充電を使い果たして、バッテリー切れにする」ということです。

 

できるだけ充電を無駄遣いするようにしれば、すぐに放電できます。

  • 画面の明るさを最大にする
  • 動画を流し続ける
  • 音量を最大にする
  • 画面の自動ロックをOFFにする

というような状態にしておけば、すぐに充電はなくなります。

バッテリーを交換する

どうしても充電速度が遅いままであれば、バッテリーを交換するとよいでしょう。

Appleに依頼すれば、バッテリーを交換してもらえます。

バッテリーを交換したい場合は、Apple公式サイトからの申込が必要です。

 

バッテリーの交換については、5,400円もしくは7,400円の費用がかかります。

ただし「AppleCare +」に加入しているか保証期間内であれば、無償でバッテリー交換をしてもらえるかもしれません。

また、内部基板に異常がある場合も、修理してもらえます。

 

ちなみにApplecCare +以外の修理屋でも、バッテリー交換は可能です。

ただしその場合、故障や不具合が出る可能性もあります。

また、一度修理屋に出してしまうと、以後Appleで修理できなくなるケースも。

どこでバッテリーを交換するかは、よく考えましょう。

 

バッテリーの交換(もしくは内部基板の修理)は、最終手段です。

しかし交換に至るケースは、よほど長い間iPhoneを愛用しているときだけ。

そうそう交換が必要になることはないでしょう。

まとめ

iPhoneを使う人

iPhoneは、ちょっとしたことで充電速度が遅くなったりします。

意外と珍しい話ではないのです。

しかしいくつかの対策を試せば、たいていは簡単に解決するでしょう。

 

上記した対策を、ぜひ試してみてください。

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓


こちらも見てね
【2020年】格安SIM21社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2020年格安SIM21社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注意点などをまとめました。 格安SIMはなぜ安いの? 格安SIMとは、ドコモ、au、ソフトバンクという ...

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

Copyright© スマホ戦士 , 2020 All Rights Reserved.