iphone

iOS15.2リリース、まだまだある新機能やできること

iPhoneの場合、OS自動アップデート機能があるため、自分では気づかないうちに、新機能が追加されている人も多いのではないでしょうか。

なかには、「早く知っておけば良かった」という便利に使える機能もあります。

前回の「レガシーコンタクト」や「プライバシーアプリレポート」などに続いて、まだまだiOS15.2以降からの新機能があります。

そこで、今回もiOS15.2以降でできる新機能を紹介します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iOS15.2でできること②

自分もiPhoneもきっと思わぬ新機能が搭載されていますよ。

アナタもチェックして、自分に使える新機能を使いこなしましょう。

電源が切れたiPhoneでも、「探す」アプリで見つけられるように

 

iPhone端末本体をはじめ、AirPodsやApple Watchなど同じApple IDで紐づけされたApple製品なら、現在地を地図で表示してくれ、サウンドを鳴らしたり、(紛失時)画面にメッセージを表示できるなど便利な「探す」アプリ。

この「探す」アプリで、iOS15.2以降から最大5時間まで、電源の切れたiPhoneでも現在地を表示できるようになりました。

これは、電源が切れた状態でも、最大5時間まで「パワーリザーブ」という状態に入り、微力な電波を出すようになっているので、その電波で現在地を把握できるのです。

これまでは、電源が切れてしまったら、探す当てはなくなってしまいましたが、最大5時間とはいえ、探す当てができたのは大きいですね。

緊急SOSが小さなバージョンアップ

サイドボタンと音量ボタンを長押しするか、サイドボタンを5回押すと、緊急通報ができる「緊急SOS」。

誤ってサイドボタンと音量ボタンを長押ししてしまい、緊急画面が表示され焦ってしまった人もいるでしょうが、待ち時間が5秒から8秒に伸びました。

これで間違い通報を減らすことができるでしょう。

また、保留ボタン機能を無効にすることもできるようになります。

「TVアプリ」内に「ストア」タブが追加

iPhoneユーザーが使える、動画配信サービスや音楽サービスの「Apple TV」。

iPhoneユーザーにとっては、使い勝手の良さから、サブスクのひとつとして利用している人も多いでしょうが、この「Apple TV」が進化。

映画などを購入したり、レンタルする場合、iTunes経由で行っていましたが、iOS15.2以降からは「Apple TV」内に「ストア」タブが追加され、Apple TV内で新しいコンテンツを探すことができるようになりました。

SiriやSafari検索の安全性が向上

Siriおよび、Safari検索、Spotlightにおいて、「拡張ガイダンス」を追加し、保護者と子どものオンライン上での安全性を向上させました。

この「拡張ガイダンス」にて、子どもが安全とはいえない危険な状況にインターネット上で遭遇する可能性が出てきても、保護者や子どもたちを助けることもできるようになりました。

CarPlayの地図が表示する情報がさらに詳細に表示可能

CarPlayは、iPhoneをCarPlay対応のカーオーディオやカーモニターに接続して、カーナビなどを利用できるもの。

まだ対応車種は少ないため、浸透はしていませんが、今後車載カーナビは廃り、iPhoneを接続する時代がくるかもしれません。

そんなCarPlayが進化。

地図をAppleマップを使用することで、新たにターンレーン、中央分離帯、自転車専用レーン、横断歩道の表示が可能(※横断歩道は対応している場合)になりました。

ICloudに「メールを非公開」が追加

 

iCloudの有料オプション利用者のみですが、新たにiCloud+を使用することで「メールを非公開」機能が新たに追加され、メールアプリで使いたいメールのどれにでも拡張されます。

リマインダーで複数のタグの編集が可能に

「タグ」から複数のタグをタップして選択し、「メニュー」ボタンをタップすると、編集や削除ができるようになりました。

Apple Musicの「Voice」プラン

Apple Music(通常、月額980円)のところ、Siriを使ってリクエストした場合に限られる「Siri専用Apple Musicプラン」が登場。

Siriを使ってのリクエストに限られますが、通常のプラン同様、すべての曲を広告なしで聴くことができます。

「株式」アプリもバージョンアップ

「株式」アプリで、ティッカーの通貨を表示したり、チャートで年初来のパフォーマンスを確認することができるようになりました。

6つのバグを修正

修正内容は以下の通り。

  • VoiceOverの実行中にiPhoneがロックされて、Siriが反応しないことがある。
  • サードパーティ製の写真編集アプリで ProRAW の写真を表示すると、露出オーバーに表示されることがある。
  • iPhone がロックされていると、ガレージのドアを含む HomeKit のシーンが CarPlay から実行されないことがある。
  • CarPlay は、特定のアプリの 「再生中」情報を更新しないことがある。
  • iPhone 13 モデルでは、動画ストリーミングアプリがコンテンツを読み込まないことがある。
  • Microsoft Exchangeを使用していると、カレンダーのイベントが間違った日に表示されることがある。

古いiPhoneも、最新OSにアップデートして現役に戻そう

ここまで紹介してきたiOS15.2以降の新機能は、なにも最新iPhoneのiPhone 13シリーズでなくとも、実はiPhone SE(第1世代)以降のiPhoneならアップデート可能なのです。

つまり、今眠っているiphoneも、若干処理速度等は最新iPhoneに劣りますが、機能性は最新iPhoneに負けないiPhoneとして使えるのです。

そこで、眠っているiPhoneを取り出して、現役スマホとして活用しましょう。

Wi-Fi環境下のみで使用しても良いですし、格安SIMを入れてバリバリ使うのも悪くないですね。

  • CarPlayなど車載用スマホとして
  • 音楽視聴用、ミュージックプレイヤーとして
  • とことん充電器にせずゲームを遊ぶ、ゲーム専用機として

など、使用方法は十人十色。眠られておくのはもったいないですよ。

また、最新スマホは高額という人は、中古の型落ちモデルを狙うのも賢い方法ですね。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ

スマホ戦士編集長
今回は「iOS15.2リリース、まだまだある新機能は?」についてお送りしました。
花木
使える新機能も結構ありますね。
iPhoneは常に新機能の追加とバグの修正を行っているから、古いiPhoneも取り出して使わない手はないですよ。
お客様

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-,

© 2022 スマホ戦士