iphone

iPhoneからAndroidへ乗り換える方法と、死ぬほど後悔した話

iPhoneを使っている人も、機種変更時にAndroidへ乗り換えることがあるでしょう。

とはいえ、iPhoneからからAndroidへ乗り換えるとき、データの引き継ぎがたいへんです。

 

本記事では、

  • iPhoneからAndroidへ乗り換える前にチェックすること
  • 各種データのデータ移行方法

などについて、詳しく解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

 

iPhoneからAndroidへ乗り換える前に、チェックすべきポイント

iPhoneとAndroid2

iPhoneからAndroidへ乗り換える前に、チェックしておきたいことがあります。

  • MMSとSMSは自動では引き継がれない
  • LINEトークは、どうしても引き継げない

という2点には注意しましょう。

MMSとSMSは、引き継がれない

iPhoneからAndroidへ乗り換える際にもっとも注意したいのは、MMSやSMSは引き継がれないこと。

この点については忘れがちなので、注意しましょう。

ただしキャリアメールであれば、キャリアが用意している独自の方法で引き継げる場合もあります。

キャリアメールについては、キャリアで引き継ぎ方法を確認しておきましょう。

LINEトークはバックアップする

乗り換えのときにはよく話題に上がる、LINEトークのデータ。

iPhoneからAndroidへ乗り換える際にも、やはり注意が必要です。

乗り換え時、

  • 自分のプロフィール
  • 友だちとLINEグループチャット
  • LINE Payの入金残高
  • スタンプの購入履歴
  • タイムライン

 

などは、自動的に引き継がれます。

ただし、iPhoneからAndroidへ乗り換える場合、トークの履歴はいっさい引き継がれません。

これは、使われているOSが違うことが原因です。

 

もしLINEトークを残しておきたい場合は、「トーク履歴をテキスト形式で保存する」という方法があります。

これについては、LINE公式サイトのヘルプを参照しながら操作していくことをおすすめします。

ミュージックは引き継げる?

iPhoneからAndroidへ乗り換える際、ミュージックを引き継ぐことは可能です。

いちいち再ダウンロードする必要もないので、安心してください。

プレイリストなども、そのまま持ってこれます。

 

というか、AndroidでもAppleミュージックを利用することが可能です。

ただし動作環境の面から、できればGoogle Play Musicを利用するのがおすすめ。

その他、引き継げないデータ

iPhoneからAndroidへ乗り換えるとき、他にも以下のようなデータを引き継ぐことはできません。

 

  • キャリアメールの履歴
  • ボイスメモ
  • 一部Appのデータ(ソシャゲのセーブデータetc...
  • iMessage
  • スクリーニング履歴etc...

 

このように、意外とさまざまなデータが引き継げないので、注意してください。

iPhoneからAndroidへ乗り換える! 重要なデータ移行方法

歯車アイコン

続いて、iPhoneからAndroidへ乗り換える際の、重要なデータの移行方法について解説します。

今回は、写真とビデオ・ミュージックのデータ移行についてです。

そのほかのデータについては、基本的には何もなくても実施できるでしょう。

写真やビデオをデータ移行する

iPhoneからAndroidへ乗り換えるとき、写真とビデオはカンタンに移行できます。

 

  1. iPhone側で、Googleドライブを入手する
  2. Googleドライブからバックアップを開く
  3. バックアップ画面右下にある「バックアップ開始」を選ぶ
  4. 「バックアップが完了しました」が表示される
  5. Android側でGoogleにサインインする

 

たったこれだけで、iPhoneの写真やビデオが、Androidへと移動されます。

ミュージックをデータ移行する

ミュージックをデータ移行する場合は、以下のような方法でOKです。

 

  1. iPhoneのミュージックを、一度iTunesと同期する
  2. 同期したミュージックを、YouTube Musicにアップする
  3. Androidへ同期する

これについては、Googleのヘルプを参照しながら進めるのがおすすめです。

iPhoneからAndroidへ乗り換えて、死ぬほど後悔した話

割れたiPhone

上記のとおり、iPhoneからAndroidへ乗り換えるのは、決してむずかしい手続きではありません。

それとは別に注意したいのは、「iPhoneからAndroidへ乗り換えると、めちゃくちゃ後悔するかもしれない」ということ。

iPhoneとAndroidでは、使い勝手がまるで違うので、乗り換える前によくよく考えるようにしてください。

 

筆者の場合は手遅れで、すでにiPhoneからAndroidへ乗り換えてしまって、死ぬほど後悔しています。

なぜなら、以下のような変化があったからです。

 

  • とにかく全体的に動きが遅い
  • どう考えてもSafariののほうが使いやすいい
  • 指紋認証がなくなった(覚悟していたが、やっぱり便利だった)
  • iPhone用のアプリは、とっても使いいやすかった
  • デザインはやはりiPhoneのほうがすぐれている
  • 一発でマナーモードにできるボタンが存在しない
  • 音量の上限がめちゃくちゃ小さい

 

というように筆者は、iPhoneからAndroidへ乗り換えて死ぬほど後悔しました。

普段は当たり前のように使っていたiPhoneの各種機能が、実はたいへん便利であったことに気付かされます。

特に「指紋認証」と「一発でマナーモードにできる」というのは、失ってから初めて「すごい機能だったんだ」と気付かされました。

 

もしiPhoneからAndroidへ乗り換えるなら、機種によっては上記のようなことが起こるかもしれません。

最近機種であれば「Androidも悪くないな」と思えるるでしょう。

ただし一昔前のAndroid機種だと、後悔させられる可能性はじゅうぶんあります。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

 

まとめ:iPhoneからAndroidへの乗り換えは慎重に

Androidを使う人

iPhoneからAndroidへ乗り換えるうえで、移行しなければいけないデータはさほど多くありません。

その手続きも、かなり簡略化されています。

 

しかし、よほどの事情がない限り、iPhoneから古い機種のAndroidへ乗り換えるのはおすすめしません。

やるならAndroidの最新機種か、引き続きiPhoneを利用するかのどちらかがよいと思っています。

 

とはいえ、AndroidがiPhoneに明らかに劣っているというわけでもありません。

ただ、先ほども触れたとおりAndroidとiPhoneでは、細かい使い勝手や仕様が、何から何まで違うという話です。

今までiPhoneばかり使っていた人は、Androidに馴染めないこともある、というわけですね。

 

これらを踏まえたうえで、iPhoneからAndroidへ乗り換えるかどうか検討するのがおすすめです。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士