iphone

みんなiPhoneばかりで気持ち悪い!? 何がそんなにいいの?

ときどき、「みんなiPhoneばかりで気持ち悪い」といった趣旨のコメントが聞かれます。

たしかに右も左もiPhoneユーザーばかりで、気持ち悪いか、あるいは不思議に思う部分もあるはずです。

国から支給でもされてんの?」というジョークも聞かれました。

 

実際、日本のiPhoneシェア率は%で、世界で第一位となっています。

国別シェア

(引用:ヒカカク!

 

間違いなく、「日本人はiPhoneばかりを使っている」と言えるでしょう。

しかし、iPhoneばかりを使うことには、「気持ち悪い」だけでは片付けられない理由があるのです。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

なぜ、日本人はiPhoneばかりを使うのか? 気持ち悪い?

日本国旗

 

日本人がiPhoneばかり選ぶのには、理由があります。

その現象自体が「気持ち悪い」と感じる部分もあるでしょう。

しかし、よくよく考えれば「そりゃ、iPhoneを選ぶよな」と分かるはずです。

みんなと一緒がみんないい理論

もっともしっくりくる理由は、「みんなと一緒がみんないい」というところではないでしょうか?

人は誰しも、

 

  • 「誰かと同じようなものを持ちたい」
  • 「みんなと同じだと安心する」

 

と考える部分があります。

 

たとえばスニーカーを買うとなると、みんなadidasやNIKEがまず選択肢として浮かび上がるはずです。

そして、まずはAdidasやNIKEでよいものがないかチェックするでしょう。

その後で、ようやくReebokやオニツカタイガーを見回すはずです。

 

iPhoneも、これと同様です。

一番有名だから、まずiPhoneばかりが浮かび上がります。

(それが気持ち悪いのかも知れませんが)

 

特に日本人は、「誰かと一緒であること」を、より強く好む部分がありますよね。

こういった「仲間意識」のようなものは、人によっては「日本人は群れてばかり(=iPhoneばかり)で気持ち悪い」と感じさせるかも知れません。

シンプルに品質がよい

iPhoneばかりで気持ち悪いのは、決して不自然なわけではありません。

iPhoneは、シンプルに品質がよい(安定している)のです。

 

たとえば、

  • ジョブズとそのチルドレンらしいデザイン性と高級感
  • レスポンシブな操作感
  • ホームボタンがひとつしかない
  • iOSにもよるが、基本的には動作が早い
  • (最近の)Siriは会話が成立する
  • 最大音量が程よい
  • カメラの性能がデジカメを超えつつある

などといった点が挙げられるでしょう。

 

iPhoneばかりを使ったあとで、古いAndroidに乗り換えたとき、こういった差異ははっきりとわかります。

最近のAndroidならまだしも、古いAndroid端末は、

 

  • 動きが遅くてイライラする
  • バグが多い
  • 音量を一定以上上げると「耳に悪い」と警告してくる
  • いちいちタップする回数が何かと多い
  • 背面のデザインがiPhoneと比較して気持ち悪い

ということを感じます。

筆者の場合はその点を強く感じました。

 

もちろんiPhoneにも欠点はあるし、Androidにも強みはあります。

しかし、日本人の多くは「iPhoneのほうが使いやすいな」と感じいているのでしょう。

それが、「日本人はiPhoneばかりで気持ち悪い」という現象につながっているのかも知れません。

一番有名だから

iPhoneばかりで気持ち悪い状況になっているのは、結局、「一番有名だから」かも知れません。

この世に初めて生まれた「スマートフォン」は、iPhoneです。

今、iPhoneと肩を並べるAndroidは、もともとiPhoneの後追いでしかありません。

 

iPhoneは発表前から「初めてのスマートフォン」として注目され、現在にまで至ります。

Androidより先輩だし、知られる機会も多かったのです。

 

だから、みんながこぞってiPhoneを選び、結果としてiPhoneユーザーばかりになっている部分もあるでしょう。

ただ、「有名だからという理由で思考停止して購入している」という点については、何かしら気持ち悪い感覚を感じる人もいるはずです。

世界もiPhoneばかり、気持ち悪いことはない

「日本人はiPhoneばかりで気持ち悪い」という人は、それなり多いでしょう。

しかしiPhoneばかりなのは、何も日本に限った話ではありません。

 

世界においても、iPhoneばかりといっても過言ではない状況があります。

下記は、iOS(iPhone)の国別シェア率です。

国別シェア

(引用:ヒカカク!

 

他にも、上記以外の先進国(準先進国)のいくつかで、iPhoneは50%近いシェアを獲得しているという調査も存在します。

別に日本人だけが、iPhoneばかり選び取っているわけではありません。

他の国と比較して多少偏っている部分はありますが、iPhoneは世界的に信頼されている端末なので、選ばれて当然なのです。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:右も左もiPhoneばかり。それの何が気持ち悪いの?

格好いいiPhone

満員電車で周りを見渡せば、みんなiPhoneユーザーばかり。

こういった状況について、気持ち悪いと感じる人は、一定数多いようです。

 

たしかに、

  • 「みんなと同じがいいから」
  • 「有名だから」

という理由で使われている部分があり、その点は人間の「弱さ」や「単純さ」が透けて見えて、気持ち悪いと感じるかも知れません。

また、筆者の場合は「日本が、iPhoneばかりになっている状況がAppleに乗っ取られているようで気持ち悪い」という感情が少しだけあります。

 

しかし、何もそういった気持ち悪い理由や、ましてや陰謀によってiPhoneばかりが選ばれているわけではありません。

なぜならiPhoneには、

 

  • 最初に生まれたスマートフォンで、もっとも知名度が高い
  • やはりいつだって品質がよい

という部分があるからです。

 

よいものは、誰だって使いたいはず。

そういった合理的な選択が積み重なった結果、「みんなiPhoneばかりで気持ち悪い」という状況になったのかも知れません。

 

上記のような背景を考えれば、「iPhoneばかり使っている人が気持ち悪いから、自分は使いたくない」と考える必要もないでしょう。

「みんなと同じはちょっとなあ」と思っている人も、「よいものを選ぶだけ」という視点に立てば、iPhoneへの見方も変わるはずです。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士