iphone

GalaxyS10からiPhone12に機種変更!スペック差は?いくらかかる?

投稿日:

花木
私、Airdrop使いたいからAndroidのGalaxyS10からiPhone12に替えようか悩んでいる…
スマホ端末は決して安くないし、なかなか決断できないよね!GalaxyS10に替えたばかりなら尚更ですね!
お客様
スマホ戦士編集長
今回はAndroidのなかでも1,2を争う人気機種GalaxyS10からiPhone12に機種変更する場合もスペック差やいくらかかるか調べてみました。

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓

iPhone12 スペック

引用:ドコモ公式

iPhone12には、

  • iPhone12
  • iPhone12 mini
  • iPhone12 Pro
  • iPhone12 Pro Max

の4タイプが発売されます。

それぞれの主なスペックを見てみましょう。

 iPhone12iPhone12 miniiPhone12 ProiPhone12 Pro Max
ディススレイ有機EL6.1インチ有機EL5.4インチ有機EL6.1インチ有機EL6.7インチ
解像度2,532×1,170
460ppi
2,340×1,080
476ppi
2,532×1,170
460ppi
2,778×1,284
458ppi
システムチップA14
次世代のNeural Engine
A14
次世代のNeural Engine
A14
次世代のNeural Engine
A14
次世代のNeural Engine
ストレージ64GB/128GB/256GB
(3バリエーション)
64GB/128GB/256GB
(3バリエーション)
128GB/256GB/512GB
(3バリエーション)
128GB/256GB/512GB
(3バリエーション)
セキュリティ認証Face ID(指紋認証)
※Touch IDはなし
Face ID(指紋認証)
※Touch IDはなし
Face ID(指紋認証)
※Touch IDはなし
Face ID(指紋認証)
※Touch IDはなし
カメラメイン:1,200万画素 デュアルカメラ(超広角、広角)
イン:1,200万画素
メイン:1,200万画素 デュアルカメラ(超広角、広角)
イン:1,200万画素
メイン:1,200万画素 トリプルカメラ(超広角、広角、望遠)
イン:1,200万画素
メイン:1,200万画素 トリプルカメラ(超広角、広角、望遠)
イン:1,200万画素
Apple Payありありありあり
防水性能
(耐水・耐塵)
IP68
(最大水深6mで最大30分間)
IP68
(最大水深6mで最大30分間)
IP68
(水深6mで最大30分間)
IP68
(水深6mで最大30分間)
バッテリー2,775mAh2,227mAh2,775mAh3,687mAh
高さ

厚み
146.7 mm
71.5 mm
7.4 mm
131.5 mm
64.2 mm
7.4 mm
146.7 mm
71.5 mm
7.4 mm
160.8 mm
78.1 mm
7.4 mm
重量162g133g187g226g
カラーブルー
グリーン
ブラック
ホワイト
(PRODUCT)RED
ブルー
グリーン
ブラック
ホワイト
(PRODUCT)RED
パシフィックブルー
グラファイト
ゴールド
シルバー
パシフィックブルー
グラファイト
ゴールド
シルバー

サイズやほとんどのスペックで、iPhone12とiPhone12 Proは全く同じで、中身がiPhone Proのほうがハイエンドモデルで、カメラがトリプルカメラだったり、512GBの大容量ストレージを選べるなどとなっています。

ディスプレイサイズもminiの5.4インチからPro Maxの6.7インチまであり、カラーバリエーションも豊富なので、iPhone12のなかでも選択肢の幅が広いのが特徴です。

GalaxyS10 スペック

引用:ドコモ公式

2019年5月に発売されたGalaxyS10。

Galaxyのフラッグシップモデルと銘打たれており。世界中で売れている当時、最高峰プレミアムスマホと言われたスマホ端末です。

ほぼフレームレスを実現した、フレームを限界までそぎ落としたディスプレイで初めて見た時は衝撃を受けた人も多いのではないでしょうか。

 GalaxyS10
ディススレイ有機EL6.1インチディスプレイ
解像度3040x1440
CPUSnapdragon 855 SDM855
ストレージ128GB
セキュリティ認証指紋認証/顔認証
カメラメイン(3眼):広角1200万画素、望遠1200万画素、超広角1600万画素
イン:1000万画素
おサイフケータイあり
防水性能
(耐水・耐塵)
防水(IPX5/IPX8)
バッテリー3300mAh
高さ

厚み
70.4mm
179.9mm
7.8mm
重量157g
カラープリズム ブラック
プリズム ホワイト
プリズム ブルー

GalaxyS10の最大の特徴といえば、やはり高性能のカメラ機能でしょう。

広角、望遠、超広角の3眼(トリプルレンズ)を搭載し、ともに高画素レンズで、今の最新スマホとひけを取らないほどのハイレベルさです。

また、フレームを限界までそぎ落としたカメラホール以外のすべてをディスプレイにした「フレームレスディスプレイ」で、3040x1440の高解像度を誇っており、素人目で見ても綺麗と分かる画質画面になっています。

Galaxy S10を充電しながら他の端末を同時に充電することもできる「ワイヤレスパワーシェア」という他にはない面白い機能も見ものです。

GalaxyS10→iPhone12に機種変更!スペック差は?

GalaxyS10からiPhone12に機種変更する場合、どれくらいスペック差はあるのでしょうか。

使いやすさ具合や、処理能力などさまざまな観点からスペック差をみてみましょう。

サイズ・重量

※iPhone12

引用:ドコモ公式

※GalaxyS10

引用:ドコモ公式

iPhone12:6.1インチ、162g
iPhone mini:5.4インチ、133g
iPhone12 Pro:6.1インチ、187g
Phone Pro Max:6.7インチ、226g

GalaxyS10:6.1インチ、157g

ディスプレイサイズでは、GalaxyS10が6.1インチのため、iPhone12およびiPhone12 Proと同サイズ、重量もiPhone12と4g差なので、

GalaxyS10の使い心地、持ち心地が良い人はiPhone12が良いでしょう。

処理能力

 

iPhoneシリーズ:A14 次世代のNeural Engine

GalaxyS10:Snapdragon 855 SDM855

そもそもiPhone12とGalaxyS10は、OSが異なるため、同じスマホといっても中身は全くの別物、一概の比較は難しいものの、処理能力はかなり上がっているようです。

CPUですが、GalaxyS10搭載の「Snapdragon 855」は、2018年末にQualcomm(クアルコム)したCPU。

Snapdragon 855は大変省エネ性能に優れており、長持ちされるスタミナ性では抜群ですが、iPhoneXSのCPUと同等とされています。

iPhoneXSのCPUは「Apple A12 Blonic」、対してiPhone12「Apple A14次世代のNeural Engine」となっており、2世代新しく、A14が(A12より1代新しい)A13より処理能力が約1.12倍速いとされているので、A12≒Snapdragon 855 SDM855と考えると、だいたい1.2~1.3倍は処理能力が向上しているとみてよいでしょう。

カメラ

 

iPhone12・iPhone12 mini:メイン:1,200万画素 デュアルカメラ(超広角、広角)イン:1,200万画素
iPhone12 Pro・iPhone12 Pro Max:メイン:1,200万画素 トリプルカメラ(超広角、広角、望遠)イン:1,200万画素

GalaxyS10:メイン:トリプルカメラ(広角、望遠:1,200万画素、超広角:1,600万画素)イン:1,000万画素

カメラ性能に関しては、GalaxyS10が当時からかなりハイレベルなカメラを搭載していると言われていただけあって、iPhone12より性能は上といえるでしょう。

ともに広角、超広角レンズを搭載していますが、望遠レンズをGalaxyS10には搭載しており、例えば、スポーツシーンなどを遠くから撮影するなどでは望遠レンズが威力を発揮します。

ただ、iPhone12では、光の起動まで撮影可能な「ナイトモード」を搭載しており、動画をAirPlayを使ってApple TVやスマートテレビにストリーミングができるといった独自機能もあるため、これらを使いたい人にとってはiPhone12のカメラにも良さがあります。

また、自撮りに使うインカメラの画素数ではiPhone12のほうが上で、自撮りにこだわりたい人は良いでしょう。(あまり素人目では差が分からないくらいですが…)

そのため、GalaxyS10は、そのままWi-Fi上で使う、カメラ専用機としてそのまま使うのも良いと思います。

バッテリー

iPhone12・2,227mAh
iPhone12 mini:2,775mAh
iPhone12 Pro Max:3,687mAh

GalaxyS10:3,300mAh

(あくまでも個人的印象ですが)iPhoneはそこまでバッテリー容量にはこだわっていない感があり、今回のiPhone12シリーズでも、最高峰モデルであるiPhone12 Pro Maxでも3,687mAhと、最新Androidでは4,000、5,000Mahという大容量バッテリーがあるなか、バッテリー容量としてはやや物足りない感はあります。

また、GalaxyS10に搭載されているSnapdragon 855は省エネ性能に定評があることを考えると、(一概に比較はできませんが)ほぼがGalaxyS10とiPhone12 Pro Maxがほぼ同等といえるでしょう。

セキュリティ認証、スマホ決済

iPhoneシリーズ:Face ID(顔認証)、Apple Pay

GalaxyS10:顔認証、指紋認証、おサイフケータイ

iPhone12シリーズでの認証はFace ID(顔認証)でTouch ID(指紋認証)はありません。対してGalaxy S10は顔認証と指紋認証の両方が搭載されています。

認証方法の数でいうとGalaxyS10に分がありますが、そこまで何回も認証を行う人は少ないと思いますので、実感として大差はないでしょう。

スマホ決済はAple Pay、おサイフケータイがそれぞれ内臓しており、使い心地は変わりません。

カラーバリエーション

iPhone12・iPhone12 mini:ブルー、グリーン、ブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED
iPhone12 Pro・iPhone12 Pro Max:パシフィックブルー、グラファイトゴールド、シルバー

Galaxy S10:プリズム ブラック、プリズム ホワイト、プリズム ブルー

GalaxyS10はプリズム~といっていますが、簡単にいえば【黒、白、青】とシンプルなカラーバリエーション。

iPhone12では5色展開していることを考えると、スマホのボディカラーで個性を出したい人はiPhone12向きといえるのではないでしょうか。

GalaxyS10→iPhone12に機種変更!価格は?

 

実際、Galaxy S10をiPhone12に機種変更する場合、価格はいくらになるのでしょうか。

☆はMNP割引適用後価格(ドコモ:5GWELCOME割22,000円割引、5G秋トクキャンペーン5,500円割引)

★2年後に端末を返却する契約の場合(ドコモ:スマホおかえしプログラム、au:かえトクプログラム、ソフトバンク:トクするサポート+)

iPhone12 価格64GB128GB
256GB
NTTドコモ101,376円
☆79,367円
★52,928円
109,296円
☆87,296円
★58,208円
123,552円
☆101,552円
★82,368円
au103,430円
☆97,930円
★55,430円
108,260円
☆103,796円
★57,500円
122,435円
☆116,935円
★65,435円
Softbank110,880円
★55,440円
116,640円
★58,380円
131,040円
★65,520円
Apple94,380円99,880円111,980円
iPhone12 Pro価格128GB256GB516GB
NTTドコモ129,690円
☆107,096円
★71,408円
142,560円
☆120,560円
★80,384円
169,488円
☆147,488円
★98,336円
au127,495円
☆121,955円
★67,735円
140,750円
☆135,250円
★74,750円
168,170円
☆162,670円
★89,930円
Softbank137,520円
★68,760円
151,920円
★75,960円
180,000円
★90,000円
Apple117,480円129,580円153,780円

また、iPhone mini、iPhone12 Pro Maxはキャリアでの価格が現段階で未発表のため、正確な価格はまだわかりません。

ただ、Apple直売価格は出ており、

  • iPhone12 mini:64GB82,280円、128GB87,780円、256GB99,880円
  • iPhone Pro Max:128GB129,580円、256GB141,680円、512GB165,880円

となっているので、だいたいiPhone12 miniはiPhone12の1万円ほど安く、iPhone Pro MaxはiPhone Proの1万円ほど高いくらいになります。

キャリアではドコモが2年後返却契約を使っても使わなくとも若干安いようです。

Galaxy S10の下取り価格は? ※2020年10月現在

  • NTTドコモ下取りプログラム:良品29,800円、画面割れ8,900円
  • au下取りプログラム:良品28,050円、画面割れ8,250円
  • ソフトバンク下取りプログラム:良品19,200円、画面割れ5,760円
  • 中古ショップ(TSUTAYAの場合):良品36,000円~24,000円、画面割れ22,500円~15,000円

現在のGalaxy S10の下取り価格は上記の通りです。キャリアごとに多少の誤差はありますが、良品の場合、20,000円~30,000円くらいが相場のようです。

Galaxy S10の分割払いの残債に注意!

GalaxyS10は、2019年5月に発売されたため、分割払いでスマホを購入した人は、まだ残債がある場合があります。

例を挙げると、

Galaxy S10を2019年5月に購入の24回払い=2012年5月まで支払いがあり、端末代が72,000円だったとすると、72,000円×24回=月々3,000円支払い。

仮に2020年11月に機種変更をすると、残債は6回残ってしまうため、3,000円×6回=18,000円をプラスで支払い必要があります。

そのため、Galaxy S10を下取りに出さないと大幅な赤字になります!

結論:処理能力は確実にiPhone12がアップ!
まだGalaxy S10は高値で下取りに出せるので、下取りにだしてiPhone12をより安く手に入れましょう!
ただし、残債には注意!!

メリット・デメリット
iPhoneとAndroidどっちがいいの?それぞれのメリット、デメリットを解説

スマホのOSといえば、一時期はWindows OSもありましたが、Apple社が出しているiPhon ...

ドコモデータ移行
AndroidからiPhoneへデータ移行の方法
ドコモでAndroidからiPhoneへ乗り換える時のデータ移行について

ドコモでAndroidを使っているけれどiPhoneデビューをしたいと考えている人もいることでしょう ...

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓

まとめ

スマホ戦士編集長
今回は「GalaxyS10からiPhone12に機種変更!スペック差は?いくらかかる?」についてお送りました。
花木
Galaxy S10もハイスペックですけど、iPhone12も処理能力とか高そうで欲しくなりますね。
旧タブレットのiPadと色を合わせてもおしゃれですね。
お客様

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-,

Copyright© スマホ戦士 , 2020 All Rights Reserved.