iphone

iPhoneのナイトシフト、実は睡眠の質にまったく効果なし?

iOS9.3から実装され、現在は標準装備となっている「Night Shift(ナイトシフト)」。

これは、iPhoneから発せられるブルーライトを、ある程度カットできるという趣旨の機能です。

 

そしてブルーライトカットにより、睡眠の質を高めようというのが、一つの目的ですね。

夜寝る前には、ナイトシフトを利用している人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、iPhoneのナイトシフトには効果がない、という話も聞いたことがあるはずです。

実際、効果が実感できていないケースもあるでしょう。

今回は、iPhoneのナイトシフトにおける効果について、詳しく解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneのNight Shift(ナイトシフト)は、睡眠にはほぼ効果なし

iPhone ベッド

結論から言うと、iPhoneのナイトシフトは、睡眠に対して効果を与えるとは考えづらいでしょう。

米国のBrigham Young大学が主導した研究では、「iPhoneでナイトシフトを利用したところで、睡眠に対して特別は効果なし」だと結論づけられました。

この研究においては、以下のような実験が行われています。

 

  • Aの被験者グループに、「就寝1時間前にナイトシフトを使ってもらう」
  • Bの被験者グループに、「就寝1時間前にナイトシフトなしでiPhoneを操作してもらう」
  • Cの被験者グループに、「就寝1時間前に、そもそもiPhoneを触らない

 

そして、「A・B・Cともに睡眠の質は変化していない」という結果が出ました。

つまりiPhoneでナイトシフトを利用したからといって、大した効果はないというように言えそうです。

 

しかも、「ナイトシフトに効果がないどころか、むしろ睡眠に悪影響を与える」という指摘すらあります。

これは、Manchester大学の発表で指摘されたことです。

同大学の研究チームによれば、

 

  1. ブルーライトをカットする
  2. iPhoneから発せられる光から寒色系のものが除去される
  3. 目が、暖色系の光だけを受け取る
  4. それを見て、脳が「今は昼間だから、寝る必要はない」と誤認してしまう

といったことがあるようです。

もしこれが事実なら、ナイトシフトを利用する理由はほとんどないでしょう。

 

時々Appleは、iPhoneにいまいちパッとしない機能を追加することがあります。

あまり効果がないナイトシフトも、そういった機能のひとつと言えるでしょう。

少なくとも筆者は、ナイトシフトで睡眠を改善できるとは思わないし、今後使うこともないと思います。

 

<参考>

science direct

9to5Mac

ただし、ブルーライトカットは大切

ただしiPhoneのナイトシフトは、まったく意味がないわけではありません。

たしかにナイトシフトは、睡眠を向上させるものではないでしょう。

いっぽう睡眠とは関係なく、ブルーライトをカットできる効果はあるのです。

 

ブルーライトには、目に対してさまざまな害があると言われています。

具体的には、以下のようなことが起こるかもしれません。

 

  • 眼精疲労
  • 視力の低下
  • ドライアイ
  • 視界がぼやける
  • 頭が痛くなる
  • 肩こりする
  • 倦怠感を感じやすくなる
  • 慢性的な疲労感を覚えるようになるetc...

 

iPhoneから発せられるブルーライトのもたらす悪い効果がどれほどのものか、まだ研究途上である部分は否めません。

ただしブルーライトの悪影響に関する記事を眼科医が発表するなど、その信憑性は高そうです。

 

これだけ人体に害を与えそうなブルーライトがカットされる機能があるなら、使い道はあります。

ブルーライトカットを目的として、ナイトシフトを利用するというのは、おおいに有効だと言えるでしょう。

 

ちなみにナイトシフトは、開始時刻や終了時刻を設定するなど、割と気の利いたことができます。

また画面のカラーリングもある程度変更することが可能です。

うまく使いこなせば、ブルーライトによる悪影響を低減しつつ、快適にiPhoneを利用できるでしょう。

iPhoneのNight Shift(ナイトシフト)を使わず、睡眠の質を高めよう

iPhone 寝そべる

iPhoneのナイトシフトが、睡眠に対してあまり効果がないとは、わかってもらえたと思います。

絶対ではないですが、少なくとも睡眠を向上させるとは考えづらいでしょう。

むしろ、「ナイトシフトは逆効果」という指摘もあるくらいです。

 

睡眠を向上させるなら、ナイトシフトではなく、他の方法を取る必要があります。

もっともシンプルな解決方法は、「就寝1時間前にはiPhoneを使わない」というのが現実的に挙げられるでしょう。

 

ナイトシフトはさておき、iPhoneを利用するなら、やはり何かしらの光を浴びることには変わりありません。

iPhoneから発せられる光は、睡眠に必要な「メラトニン」という物質の分泌量を低下させることが指摘されています。

iPhoneの光により、脳が「今は昼間のようだ」と感じて、メラトニンの分泌を避けてしまうわけですね。

 

そのように考えれば、就寝前にiPhoneを操作するべきではありません。

(参考:いりたに内科クリニック

それでもiPhoneを触りたくなるときには

ただ、「寝る直前にこそiPhoneを触りたい」と感じている人も多いでしょう。

むしろ、それが一日の最後の楽しみになっているかもしれません。

もし、どうしてもiPhoneを触りたくなるというのなら、「iPhoneを枕元には置かない」という対策がおすすめ。

とにかく手の届く範囲にiPhoneがあると、触りたくもなってしまいます。

 

しかし一度起き上がらないと届かない範囲にiPhoneを置いておけば、基本的には取りには行かないはずです。

とにかく就寝時、ベッドにはiPhoneを一緒に持ち込まないようにしましょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ

iPhone 枕元

もはやiPhoneの標準装備となったナイトシフト。

夜寝る前には、ナイトシフトがONの状態で、iPhoneを触るのが習慣となっている人も多いでしょう。

 

しかし、残念ながら「ナイトシフトには大した効果がない」と考えざるを得ない研究データが、いくつも発表されています。

基本的にはナイトシフトで、「睡眠への影響がマシになる」とは、考えるべきではないでしょう。

寝る前には、「iPhoneを触らない」というのが、一番の解決方法だと言えそうです。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士