iphone

iPhoneX、iPhoneXS、iPhoneXRはiPhone12に機種変更するべきか?

投稿日:

2020年10月にiPhone 12が発売になり、多くの人が機種変更を検討されているでしょう。

特にiPhoneX、iPhoneXS、iPhoneXRは、発売から2〜3年経過したため、スペック不足を実感している人も多いかもしれません。

価格もお手頃なiPhone 12に乗り換えるという選択肢も、本格的に考えられるのではないでしょうか。

そこで今回は、iPhoneX、iPhoneXS、iPhoneXRを使用中の方が、iPhone 12に乗り換えるメリット・デメリットを紹介します。

iPhone 12が持つ特徴をチェックして、この機会に機種変更を検討してみましょう。

 

花木
iPhone 12、ついに出ましたね!
私iPhone Xなんだけど、機種変更した方がいいかしら!?
お客様
スマホ戦士編集長
今回はiPhoneX、iPhoneXS、iPhoneXRユーザー向けに機種変更を考えていきますので、iPhone 12が気になるのならぜひチェックしてみてください

 

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓

iPhone12への機種変更は考えられる?

iPhone 12

引用元:au公式

 

先に結論ですが、iPhoneX、iPhoneXS、iPhoneXRユーザーが、iPhone 12に機種変更することは十分考えられます。

標準モデルのiPhone 12は、iPhone 12miniやiPhone 12 Proと比較しても、比較的コストパフォーマンスに優れた端末です。

求めやすい価格と最新パーツの採用、他のiPhoneにはない多数の機能などが備わっているため、機種変更にちょうど良いのです。

長期的な利用も考えられるので、iPhone 12の特徴をこちらでチェックしていきましょう。

 

それぞれのキャリアの価格を比較

まずは、iPhone 12の機種変更時の価格を、キャリアごとに紹介します。

下記の表は2020年10月時点、それぞれ機種変更の価格を参考にしています。

64GB

128GB

256GB

ドコモ

101,376

24ヶ月目に「スマホおかえしプログラム」を利用する場合は67,584円」

109,296

24ヶ月目に「スマホおかえしプログラム」を利用する場合は72,864円」

123,552

24ヶ月目に「スマホおかえしプログラム」を利用する場合は82,368円」

ソフトバンク

110,880

トクするサポート+(特典A)を適用して25ヵ月目に買い替えた場合は「55,440

116,640

トクするサポート+(特典A)を適用して25ヵ月目に買い替えた場合は「58,320

131,040

トクするサポート+(特典A)を適用して25ヵ月目に買い替えた場合は「65,520

au(機種変更の場合)

103,430

24回払いでかえトクプログラム適用時は55,430円」

108,260

24回払いでかえトクプログラム適用時は57,500円」

122,435

24回払いでかえトクプログラム適用時は65,435円」

各社の料金シミュレーションは下のリンクです。

ドコモ:おてがる料金シミュレーション

ソフトバンク:料金シミュレーター

au:スマートフォン料金シミュレーション

 

ソフトバンクの料金シミュレーターには有りませんが、ソフトバンクもドコモ、auと同様、機種変更を行う人に向けて「下取りプログラム」というサービスを実施しています。

特定の機種を下取りに出すことで「PayPayボーナスの付与」か「購入機種代金の値引き」を受けることができます。(ドコモ、auの場合はシミュレーター内で入力して計算できます)

iPhoneX、iPhoneXS、iPhoneXRの場合は、それぞれ以下のようになります。

PayPayボーナス

購入機種代金の値引き

iPhoneX

正常品:22,800円相当
破損品:6,840円相当

正常品:21,600円
破損品:6,480円

iPhoneXS

正常品:32,400円相当
破損品:9,720円相当

正常品:31,680円
破損品:9,360円

iPhoneXR

正常品:26,400円相当
破損品:7,920円相当

正常品:25,200円
破損品:7,920円

各社の提供するプログラムを利用することで、端末代金は安く抑えることができます。

使い方次第でApple Storeで購入するよりも安く手に入れられるので、機種変更時には参考にしてみてください。

 

iPhoneX、iPhoneXS、iPhoneXRユーザーがiPhone 12にするメリット

iPhone12

引用元:Apple公式

 

iPhone 12のメリットは、各項目のスペックごとに比較することで明確になっていきます。

以下でiPhoneX、iPhoneXS、iPhoneXRのスペックと、iPhone 12のスペックを比較して、そのメリットを把握してみましょう。

 

唯一の5G対応端末

iPhone12 5G

引用元:ソフトバンク公式

 

iPhone 12シリーズは、2020年時点でAppleにおける唯一の5G対応端末です。

次世代通信規格に対応しているため、高速通信による多くの恩恵を受けることができます。

たとえば以下のような点が、5Gを使えることによるメリットになるでしょう。

 

・マルチアングル映像による動画の配信

・4Kや8Kといった綺麗な映像の視聴

・VRやARコンテンツのスムーズな利用

・安定した通信

・クラウドにあるゲームやアプリの利用

 

当然iPhoneX、iPhoneXS、iPhoneXRは5Gの通信を利用できないため、これらのメリットを体験できません。

将来的に5Gに関連する技術がさらに発展する可能性を考慮すると、iPhone 12に機種変更するメリットは大きくなるでしょう。

 

高性能なA14 Bionicチップの搭載

iPhone 12には、高性能なA14 Bionicチップが積まれています。

iPhone 11に搭載されているA13 Bionicチップと比較しても、40%の高速化され、GPUコアも30%の高速化が実現されているとのこと。

iPhoneXSとiPhoneXRはA12 Bionicチップ、iPhoneXがさらに古いA11 Bionicチップを利用していることから、その差はかなり大きなものになるでしょう。

次世代スマホとして十分なCPUが積まれている点も、iPhone 12のメリットのひとつです。

 

本体強度の高さ

iPhone 12は、ディスプレイに「Ceramic Shield」を新たに採用しています。

耐落下性能が4倍になっているため、iPhoneX、iPhoneXS、iPhoneXRと比較する際にはその強度もメリットです。

また耐水機能も強化されていて、iPhone 12では水深6メートルで最大30分間の耐水性能が実現されています。

水深1メートル(iPhone XSは2メートル)で最大30分間の耐水性能だった頃と比べると、その進化は驚くべきレベルだと言えます。

 

カメラ機能の強化

iPhone 12には、デュアル12MPカメラシステム(超広角、広角)や、写真の画質改善プログラム「Deep Fusion」、ナイトモードなどの各種カメラ機能を取り揃えています。

より美しいカメラ撮影が楽しめるので、現在のカメラ機能に満足していない人はiPhone 12への機種変更が考えられるでしょう。

 

カラーリングも特別

iPhone 12の特徴のひとつでもあるカラーリングの特別さも、機種変更の理由になります。

ブルーやグリーンの他に、iPhone 12 Proと12 Pro Maxにはパシフィックブルーやグラファイトも追加されているので、新しい色で心機一転を図ることが可能です。

これまでにないカラーを選びたい人にも、iPhone 12はおすすめの端末になります。

 

iPhoneX、iPhoneXS、iPhoneXRユーザーがiPhone12にするデメリット

メリットの一方で、iPhone 12に機種変更する際のデメリットや注意点もあります。

この機会にデメリットも合わせて確認し、iPhone 12に機種変更しても後悔しないように備えましょう。

 

まだ5G対応エリアは狭い

iPhone 12の目玉でもある5G対応ですが、実際に使えるエリアはまだまだ狭い状態です。

そのため5G通信を機種変更のメインの理由にすると、少し物足りなくなるかもしれません。

5Gはこれから発展していく分野なので、長い目で見ておく必要があります。

5Gの魅力をすぐに体験できるわけではない点は、事前に確認しておきましょう。

 

認証の方式は顔認証のまま

iPhone 12の認証方式は、iPhoneX、iPhoneXS、iPhoneXRと変わらずFace IDのままとなっています。

そのため指紋認証(Touch ID)を期待している場合には、機種変更の意味が薄れてしまうかもしれません。

マスクの着用が求められる現代では、Face IDが不便に感じられることもあるでしょう。

どうしても指紋認証の方が良いという場合には、iPhone SEの第2世代という選択肢もおすすめです。

 

iPhone 12のスペックまとめ

iPhone 12のスペックをまとめると、以下のような内容になります。

画面サイズ

6.1 インチ(Super Retina XDRディスプレイ)

本体サイズ

71.5mm×146.7mm×7.4mm

重量

162g

耐久度

Ceramic Shieldを採用した耐落下性能

水深6メートルで最大30分間の耐水性能

CPU

A14 Bionicチップ

カラー

ブルー

グリーン

レッド

ブラック

ホワイト

容量

64/128/256GB

認証形式

Face ID

カメラ機能

デュアル12MPカメラシステム(超広角、広角)

Deep Fusion

ナイトモードなど

ワイヤレス充電機能

あり

iPhoneX、iPhoneXS、iPhoneXRといった旧機種に対しては、比較的高いスペックを有する結果になっています。

スタンダードモデルであるため、コストも抑えめになっていることから、購入のしやすさも特徴です。

この機会に、iPhone 12への機種変更の準備を進めてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

iPhone 12ってすごい良くなってるのね!
お客様
スマホ戦士編集長
コスパも良い感じなので、ぜひ本格的に機種変更を検討してみてください

 

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓

 

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-, , ,

Copyright© スマホ戦士 , 2020 All Rights Reserved.