au docomo softbank 格安SIM

シニア向けスマホ【ドコモ、au、ソフトバンク、楽天】徹底比較

投稿日:

シニア層(50~79歳)の方のスマホ所有率は67.6%(iPhone23.4%、Android45.1%、※両方持ちも含む)と、ここ7年で5倍になっているのです。

シニア層の方の方の中では、スマホは難しくてなかなか使いこなせないのでは?と思っている人も多いようです。

しかし、シニア層の方のスマホの使い方として、

  • LINEを覚えて、孫や子どもとコミュニケーションを取ることが多くなった
  • お友達と電話代気にせず長電話している(話し放題プランに入っているため)
  • お散歩中に気になった花や木々の写真を撮ったり、万歩計として使って歩く楽しさを見出している

など、スマホを覚えることで人生の楽しみが増えたという人も少なくないのです。

スマホ操作が不安な人でも、かんたん操作になっているシニア向けスマホが出ています。

そこで、今回は、各キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、楽天)から出ているシニア向けスマホを紹介し、どんな人が向いているかを解説していきます。

NTTドコモ:らくらくスマートフォン(F-42A)

引用:NTTドコモ

OSAndroid10
画面サイズ4.7インチ
ストレージ32GB
高さ

厚み
143mm
70mm
9.3)mm
重量143g
防水〇IPX5/8 IP6X
カメラメイン:1310万画素
イン:500万画素
機能おサイフケータイ
ワンセグ(テレビ)
緊急時ブザー
音声読み上げ機能
カラーバリエーションピンク
ホワイト
ネイビー
  • 文字の大きさが自由に変更ができるため、自分が見やすい文字サイズに変更ができます

引用:NTTドコモ

 

  • 東海道五十三次のコースに沿って歩数が計測でき楽しい

引用:NTTドコモ

  • ボタンひとつで、よくかける相手や困ったときのサポートセンターに電話ができる!よく使うアプリもワンタッチ

引用:NTTドコモ

NTTドコモ  らくらくスマートフォン(F-42A)の価格は?月々の料金は?

引用:NTTドコモ

らくらくスマートフォン(F-42A)の価格:月額1,166円 x 36回 (総額41,976円)

月額料金シミュレーション:(月3GB使用、話し放題プラン)
ギガライトプラン(3GB)2,480円+かけ放題オプション1,700円ーはじめてのスマホ割1,000円
=月額3,180円~

ドコモオンラインショップはこちら↓

au:シンプルスマホ(BASIO4)

引用:au

OSAndroid10
画面サイズ5.6インチ
ストレージ32GB
高さ

厚み
159mm
71mm
8.9mm
重量160g
防水〇IPX5/IPX8
カメラメイン:1300万画素
イン:500万画素
機能
カラーバリエーションロイヤルブルー
ワインレッド
シャンパンゴールド
  • 旅行や長時間の外出でも安心の長持ちバッテリー(3,300mAh)

引用:au

  • ボタンのひとつひとつを大きく押しやすくした文字入力画面

引用:au

  • 電話やメールの着信を音だけでなく光でもお知らせ

引用:au

au シンプルスマホ(BASIO3)の価格は?月々の料金は?

引用:au

au シンプルスマホ(BASIO4)の価格:月額1,240円 × 23カ月=(総額28,520円)

月額料金シミュレーション:(月3GB使用、話し放題プラン)
auピタットプラン(3GB)4,480円+通話定額1,800円ー新カケホ割60 1,000円
=月額5,280円~

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンク:シンプルスマホ5

引用:ソフトバンク

OSAndroid10
画面サイズ5.5インチ
ストレージ32GB
高さ

厚み
約154mm
70mm
9.3mm
重量168g
防水〇IPX5/IPX8
カメラメイン:1300万画素
イン:500万画素
機能顔認証
ワンセグ(テレビ)
カラーバリエーションネイビーブルー
ワインレッド
シャンパンゴールド
  • 困ったときに「押すだけサポート」ボタンを押せば、スマホが困りごとをお助けしてくれる

引用:ソフトバンク

  • AI搭載で、手ぶらしない綺麗な写真が撮れる

引用:ソフトバンク

  • SHARP独自のIGZO内蔵で省エネ性能抜群!1週間は充電なしでももつスタミナ!

引用:ソフトバンク

ソフトバンク (シンプルスマホ5)の価格は?月々の料金は?

ソフトバンク(シンプルスマホ5)の価格:月額1,035円 × 48カ月=(総額49,680円)

月額料金シミュレーション:(月3GB使用、話し放題プラン)
ミニフィットプラン(3GB)7,480円+定額オプション1,800円ー半年おトク割1,000円
=月額8,280円~
スマホデビュープラン(月2GBまで、5分以内話し放題)
980円+1GB増量分500円(2か月無料)
=月額1,480円~
 

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓

楽天モバイル:arrows RX

引用:楽天モバイル

OSAndroid9
画面サイズ5.8インチ
ストレージ32GB
高さ

厚み
149mm
72mm
8.8mm
重量166g
防水〇IPX5/IPX8
カメラメイン:1310万画素
イン:500万画素
機能指紋認証
おサイフケータイ
ハイレゾ
カラーバリエーションゴールド
ブラック
ホワイト
  • よく使うアプリだけを大きく表示したトップ画面「シンプルモード」

引用:楽天モバイル

  • 騒音が多い場所でも相手の声を強調して聞きやすくする「はっきりボイス」

引用:楽天モバイル

  • 「UD新丸ゴ」の見やすい大きな文字に変えることができる

引用:楽天モバイル

楽天モバイル(arrows RX5)の価格は?月々の料金は?

楽天モバイル (arrows RX5)の価格:月額378円 ×48カ月=(総額18,182円)

月額料金シミュレーション:(月3GB使用、話し放題プラン)
Rakuten UN-LIMIT(使い放題)2,980円(話し放題オプション込み)
=月額2,980円

楽天モバイルはこちら↓

ドコモ:らくらくスマートフォン(F-42A)VS au:シンプルスマホ(BASIO4)VS ソフトバンク:シンプルスマホ5 VS 楽天モバイル:arrows RX シニア向けスマホ徹底比較 あなたに向いているのは?

 NTTドコモ
らくらくスマートフォン(F-42A)
au
シンプルスマホ(BASIO4)
ソフトバンク
シンプルスマホ5
楽天モバイル
arrows RX
OSAndroid10Android10Android10Android9
画面サイズ4.7インチ5.6インチ5.5インチ5.8インチ
ストレージ32GB32GB32GB32GB
高さ

厚み
143mm
70mm
9.3)mm
159mm
71mm
8.9mm
約154mm
70mm
9.3mm
149mm
72mm
8.8mm
重量143g160g168g166g
防水〇IPX5/IPX8〇IPX5/IPX8〇IPX5/IPX8〇IPX5/IPX8
カメラメイン:1310万画素
イン:500万画素
メイン:1300万画素
イン:500万画素
メイン:1300万画素
イン:500万画素
メイン:1310万画素
イン:500万画素
機能おサイフケータイ
ワンセグ(テレビ)
緊急時ブザー
音声読み上げ機能
顔認証
ワンセグ(テレビ)
指紋認証
おサイフケータイ
ハイレゾ
カラーバリエーションピンク
ホワイト
ネイビー
ロイヤルブルー
ワインレッド
シャンパンゴールド
ネイビーブルー
ワインレッド
シャンパンゴールド
ゴールド
ブラック
ホワイト

アナタにはどれが向いている?

アナタにはどこのキャリアのシニア向けスマホが向いているでしょうか?
シチュエーションごとに自分の向いているスマホをぜひ見つけてください。
    • 手に収まるくらいの小さなスマホが良い=====ドコモ:らくらくスマートフォン(F-42A)
      5.5インチ前後の大型スマホは一般的になっている今、特に女性など手の小さな人だと片手で持って操作をするのは難しいサイズになっています。
      そのなかで、ドコモ:らくらくスマートフォン(F-42A)だけは画面サイズ4.7インチと唯一の4インチ台です。
    • とにかく安いスマホにしたい=====楽天モバイル:arrows RX
      楽天モバイルは、いくらデータ容量を消費しても使い放題、しかも話し放題オプションも付いて月額2,980円。
      しかも、1年間はキャンペーンで無料と、更には端末代も安くなっており、安さを追求したい場合は他の追随を許しません。
      ただ、楽天モバイル自社アンテナエリアがまだ限定的なので、今の段階では都市部にお住まいの方以外はあまり向きません。
    • 電話もあまりしないし、インターネットもあまり使わない、とにかく持っておいて安心が欲しい=====ソフトバンク:シンプルスマホ5
      ソフトバンクには、スマホデビューする人のみ月1GB以内は話し放題で、月額980円~使える「スマホデビュープラン」があり、この条件内に収まるならかなり安くスマホが使えます。
      ただし、上記の条件以上にスマホを使う人には高額になってしまうので注意。
    • 家族が使っているスマホのキャリアに合わせる
      各社ともに、家族割が導入されており、どこもかなりお得になるプランを展開しています。
      そのため、家族が使っているキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、楽天)に合わせると家族のスマホ代も含めて安くなります。

 

  • スマホでテレビが見たい=====ドコモ:らくらくスマートフォン(F-42A)もしくは、ソフトバンク:シンプルスマホ5
  • セキュリティが心配=====ソフトバンク:シンプルスマホ5(顔認証)もしくは楽天モバイル:arrows RX(指紋認証)

 

結論:どのシニア向けスマホも「操作がシンプル」「画面や文字が大きい」「サポート体制がしっかりしている」というう点は共通しており、基本スペックはそこまで大差はありません。

個人的には、サイズも小さく、東海道を歩く歩数計など機能性も充実しているドコモらくらくスマートフォン(F-42A)がおすすめです。

まとめ

スマホ戦士編集長
今回は「キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、楽天)シニア向けスマホ端末徹底比較」についてお送りしました。
花木
シニア向けスマホといっても各社微妙に機能とか違いますね。
また、端末の分割払い回数も各社で異なるので、他の機種に機種変更するのにまだ分割払いは払い続けているようなことがないように注意したいですね。
お客様

役に立ったら
いいね ! してね

-au, docomo, softbank, 格安SIM
-

Copyright© スマホ戦士 , 2020 All Rights Reserved.