iphone

AndroidからiPhone移行の理由は何?5つのポイントを紹介

投稿日:2020年6月22日 更新日:

スマホの購入を考えるとき、基本的に「Android」製品かAppleの「iPhone」を選択することになると思います。

アプリケーションや機能、端末料金を加味した上で、どちらが自分に合っているのか考えることになるでしょう。

そんな選択が求められるスマホの購入ですが、決して一度の選択を尊重し続ける必要はありません。

「Androidが好きだったけど、iPhoneも気になってきたから乗り換えたい」といった場合には、積極的な変更も検討されるのです。

今回は現Androidユーザーに向けて、iPhoneに乗り換える理由を紹介します。

スマホを買い換えたいけどきっかけがないという場合には、ぜひ参考にしてみてください。

 

花木
スマホってOSごとに結構違いがありますよね
今Androidスマホなんだけど、iPhoneのiOSも気になるわ!
お客様
スマホ戦士編集長
今回はAndroidユーザーに向けて、iPhoneに移行したくなる理由を解説しましょう

 

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓

 

AndroidからiPhoneに乗り換える5つの理由

iPhoneSE 価格

引用元:Apple

 

まずはAndroidからiPhone(iOS端末)に乗り換える理由を、特にメリットの大きい5つに厳選して紹介します。

なぜiPhoneへの移行がおすすめされるのかを、具体的な内容から確認してみましょう。

 

独自OSの「iOS」が魅力

Appleの「iOS」が使えることは、iPhoneに移行する大きな理由のひとつです。

iPhone端末に最適化されているiOSは、スマホ端末の性能を最大限に活かすための基盤として作用しています。

多種多様な端末にグローバルな対応を行う必要があるAndroidのOSとは違い、iPhoneのために特化できるのがiOSの特徴。

そのためiPhoneとiOSの組み合わせは、バッテリーの持続力向上やサクサクとした操作感などといった、スマホの魅力を高めるメリットにつながっているのです。

iOSは必要に応じてアップデートが行われ、新たな機能の追加や不具合の修正なども行ってくれます。

たとえば最新のiOS13では、セキュリティの向上や最新アプリの追加、その他パフォーマンスアップによる新たな使いやすさを提供しています。

常に進化し続けるOSの存在は、iPhoneに乗り換える理由になるでしょう。

 

直感的な操作性によって移行後も戸惑うことなく使える

iPhoneは、直感的に理解しやすい操作性を重要視しています。

そのためAndroidのような他社製品からの移行でも、戸惑うことなく使いこなせるようになるのが魅力です。

iPhoneに変えたことで使い方が大きく変わるという点は少ないので、Androidユーザーでも素直に親しみやすく感じられるでしょう。

単純にスワイプやタップといった端末へのアクションがサクサクで、レスポンスの良さを体験できるのも特徴となります。

アプリアイコンが動いたり端末の振動が手に伝わったりといった「生きた操作性」が多いのも、iPhoneを使う面白さにつながるでしょう、

 

Apple製品との連携力も魅力

iPhoneは他のApple製品とスムーズに連携できるので、iPadやMacと同時に使うことを考えている場合にはメリットが大きくなります。

データの共有や同アプリの併用によって、作業効率のアップなどを図ることができるでしょう。

具体的には、以下のような内容を各デバイスで連携することが可能です。

・クリップボードによるテキストや画像のコピーを共有する

・SMSメッセージなどの転送

・同ネットワーク内での電話の共有

・カメラ機能の連携

・書類への書き込みやスケッチの連携

Apple製品でまとめることには、ビジュアル面以外にもさまざまな利点があることがわかりますね。

 

iPhoneへのデータ移行が簡単

AndroidからiPhoneなどのiOS端末にデータを移行する際には、専用アプリ「iOSに移行」で簡単に実行することができます。

OSが違ってもスムーズなデータ移行が行えるので、Androidで使っていたコンテンツをそのまま継続利用が可能です。

iOSに移行の使い方は、基本的に以下のような流れとなります。

 

Android端末をWi-Fiを有効にして、移行したいデータをすべてデバイスに入れておく

Android端末のChromeを最新の状態にアップデート

iPhoneで「App とデータ」の画面に進み、「Androidからデータを移行」を選択

「iOSに移行」のアプリを開いて続ける

表示される10桁か6桁のコードをAndroid端末に入力

移行したいコンテンツを選択

データ転送が完了するのを確認

 

以上の流れでAndroidからの移行は終わりますが、ミュージック、ブック、PDFは手動で移行する必要があります。

簡単な流れになっているので、AndroidからiPhoneへの移行時にはデータ転送の方法も確認しておきましょう。

 

iPhoneはラインナップが豊富!

iPhoneとして販売されている製品は複数あるため、ユーザーはその中から好きに自分にあった端末を購入することができます。

価格が安いものが欲しい場合にはiPhone SEを、高性能なカメラを使ってSNSを楽しみたい場合にはiPhone11をといった形で、選択を行うことが可能なのです。

Android端末は各社がさまざまな製品を誕生させているため、一眼見ても多様性があることがわかります。

しかし、iPhoneもまた、その製品内で多くの多様性を持つスマホ機種なのです。

Androidのようにさまざまな要素を加味してスマホを選びたいという人も、そのラインナップが移行の理由になるでしょう。

 

スマホのOS乗り換え時に注意したいポイント

スマホをAndroidからiPhoneに移行する際には、いくつか注意点もあります。

下記の要素から、何に気をつけるべきなのかをチェックしておきましょう。

 

自分が利用したいアプリがあるか

Google PlayとApple Storeの内容には多少の違いがあるため、自分がスマホでよく使うアプリが配信されているか事前に確認するのがポイントです。

場合によっては似た機能を持つアプリを、移行先のストアで探す必要もあるでしょう。

あらかじめアプリの配信状況をチェックしておくことで、移行後スムーズにiPhoneを使えるようになります。

その点を考慮して、OSの乗り換えの際にはアプリへの注意を怠らないようにしましょう。

 

ストレージは増やせないので事前に確認を

iPhoneはAndroid端末のように、購入後になってからSDカードなどで容量を増やすことができません。

そのため自分の使うであろうアプリやデータをシミュレートして、事前に最適な容量の端末を選ぶのがポイントです。

購入後にストレージ量に不安が出てきた場合には、クラウドサービスを活用してデータのやりくりを行うのもおすすめ。

iPhoneの場合には「iCloud」などを使って、容量に余裕を持たせていくことも考えられるでしょう。

 

どちらのOSが良いか悩んだときは?

AndroidのOSとiPhoneのiOS、どちらも魅力的であることに間違いはありません。

そのため臨機応変にOSの変更を行って、その使い心地をそれぞれ試してみることがおすすめされるのです。

スマホのOSは進化を続けていて、どんどん新たな領域に踏み込んでいます。

まずは安い端末から、それぞれのOSの今の魅力を確かめてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

なんだかiPhoneが欲しくなっちゃった!
お客様
スマホ戦士編集長
OSで選択肢を狭めるのではなく、いろいろ試してみたいですね

 

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-,

Copyright© スマホ戦士 , 2020 All Rights Reserved.