docomo iphone

iPhone SEを買うなら今!ドコモで割引キャンペーン開催中

iPhoneの大型化が進む中で、小型スマートフォンを望む声は確実にあります。

そのニーズに応じるように、最新のアイフォンでもiPhone12 miniが登場しました。

それでも、やはり価格が高いであったり、指紋認証を恋しいと感じている方が多いのも事実です。

その中で、ドコモがiPhone SEの割引キャンペーンを展開しているのをご存知でしょうか?

この記事では、iPhone SEの割引キャンペーンの概要と、iPhone SEの魅力について紹介します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と、いわゆるキャリアの「2 ...

iPhone SEへの乗り換えで適用できるキャンペーンを紹介

本体

ドコモにおいて、iPhone SEへの機種変更を行う際に適用できるキャンペーンとして、以下3つがあります。

  • 下取りプログラム
  • スマホおかえしプログラム
  • 端末購入割引

それぞれのキャンペーンの概要と、どれだけお得になるのかについてより詳しく解説します。

使用しているスマートフォンを下取りして安くなる下取りプログラム

下取りプログラムとは、機種変更前に使用したスマートフォンを下取りしてもらう形で割引されるキャンペーンです。

通常、使用していたスマートフォンはキャリアで下取りしてもらうこともできますし、フリマアプリなどで販売することも可能です。

ただ、その場合は本体を分割払いで払っているケースにおいてはすべて返済していること、もしくは残金を一括で支払う必要があるのです。

一般的には、キャリアで下取りしてもらうよりもフリマアプリなどで売却したほうが高値になる事が多いのですが、下取りプログラムを利用すれば相場より高値で売ることができます。

上限額こそ決まっているのですが、最大でiPhoneが71,500円(税込)、Androidであれば49,800円(税込)という、十分すぎる設定です。

高く下取りしてもらうことで、iPhone SEの実質負担額を大幅に下げることができます。

ただ、注意点もあって、下取りプログラムの対象はあくまでも機種変更前のスマートフォンとなります。

適当なスマートフォンを調達して下取りしてもらえるわけではないので、注意しましょう。

また、対象機種と割引額とdポイント進呈額は定期的に更新されるので、タイミングを見計らってより高い時期に機種変更するのがベターです。

分割払いの残金を免除してもらえるスマホおかえしプログラム

最近のスマートフォンはとても高価であり、分割払いで購入される方が多いです。

また、24回ではなく36回払いでスマートフォンを購入されるというケースも見られます。

スマホおかえしプログラムでは、36回払いで購入した場合、最大12か月分の支払いが免除になるキャンペーンです。

スマホおかえしプログラムを活用して、iPhone SE 64GBを購入する場合の実質負担額としては、38,016円(税込)ととてもお得な金額です。

プログラムを利用しないケースにおける実質負担額は57,024円(税込)であるので、約2万円近くもお得になります。

以前は、もっと魅力的なキャンペーンが行われていましたが、現時点で最もお得なキャンペーンとなっているので、タイミングが合う場合は是非利用しましょう。

iPhone SEも対象になった端末購入割引

2021年3月19日から、新たにiPhone SEの機種変更においても端末購入割引が適用されることになりました。

ただ機種変更した場合であっても、11,000円(税込)の割引が受けられるのです。

さらに、新規契約と他社4G回線からのMNPが伴う場合、dポイントで20,000円ポイントが還元されるのも魅力的です。

iPhone SEの魅力的なポイント

様々なキャンペーンを適用できるiPhone SEは、以下のような魅力的なスマートフォンとなっています。

ホームボタンがある

背面

スマートフォンの場合、基本的な操作はタッチパネルをタッチすることで行えます。

便利な半面、押した感触などがないという弱点があるのが事実です。

以前のiPhoneには、円形が特徴的なホームボタンが設置されていましたが、iPhoneXシリーズから排除された形となります。

ただ、昨今の新型コロナウイルスの影響でマスクを着用する方が増えていて、FACE IDによる顔認証がマスク越しでは行えないことに不満を感じている方が多いのも事実です。

iPhone SEの場合、ホームボタンを使った指紋認証であるTouch IDが利用できるので、マスクをしていても認証を容易に行なえます

程よいサイズ感

スマホ

iPhone SEならではの特徴としては、トレンドから逆行する小型化にあります。

iPhone SEの本体サイズは、幅67.3mm、高さ138.4mm、厚さ7.3mmで質量は148gというコンパクトサイズです。

サイズと質量については、iPhone 8と同様のサイズ感であり、デザインもほぼ同じです。

画面サイズは4.7インチで、ホームボタンがある点も類似しています。

さらに、ディスプレイ性能もほぼ同様でありますが、そもそもiPhone 8自体が完成度が高いので、さほど古さを感じません。

また、内部12メガピクセルのメインカメラや最高4K/60fpsの動画撮影ができる点、Suica対応、最大13時間のビデオ再生など実用使いに最適なスペックを有しています。

プロセッサーの処理速度は、iPhone 8が搭載しているA11 Bionicと比較すると、CPU性能は最大1.4倍、GPU性能は最大2倍の能力ですので最新アプリもサクサク動きます。

デュアルSIMに対応している

iPhone SEは、iPhone 8への単なる焼き回しではなく、通信環境としてはデュアルSIMであることも特徴です。

nano-SIMとeSIMを両方使うことができるので、複数のキャリアで通信したいというニーズを叶えてくれます。

また、地味に嬉しいのがWi‑Fi 6、ギガビットLTEにも対応しているので、日常的な通信においてもその恩恵を受けることができますよ。

独特なカラーリング

レッド

iPhone SEのカラーバリエーションは、ホワイト、ブラックの定番からプロダクトレッドがラインナップしています。

プロダクトレッドは、対象となる収益の100%がコロナウイルスとの戦いに寄付されるという、目的を持ったカラーリングなのです。

決して派手ではなく、通常使いするのにも最適なカラーリングが印象的です。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

格安sim比較
キャリア新プランに対抗!格安SIM11社、新料金プラン比較

ドコモの「ahamo」、auの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO]と、いわゆるキャリアの「2 ...

小さなスマートフォンというだけではない!

iPhone SEは、単に小型のスマートフォンというだけでなく、最新テクノロジーも採用しています。

今回紹介したキャンペーンを適用すれば、よりお得に機種変更できますので、ぜひ適用させてiPhone SEを手に入れましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-docomo, iphone
-

© 2021 スマホ戦士