iphone

iPhoneのバッテリーについて解説!寿命を伸ばす方法とは?

投稿日:

スマホの利用時に気になる点はいくつかありますが、その中でも特に重要なもののひとつがバッテリーです。

バッテリーは使い続ける限り劣化が進み、スマホの負荷によって消耗されていくものとなっています。

そのためスマホユーザーは、消耗するバッテリーに何か対策を打つことが求められるのです。

今回はiPhoneのバッテリーについての情報を集め、劣化具合の確認方法や正しい使い方について解説していきます。

バッテリーの消耗具合が気になるときには、こちらで寿命を伸ばす方法を確認してみてください。

 

 

最近、iPhoneの電池の減りがすごく早いの!
お客様
スマホ戦士編集長
バッテリーに問題があるのかもしれませんね。こちらでいくつかポイントを確認してみましょう

 

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓

こちらも見てね
【2020年】格安SIM21社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2020年格安SIM21社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注意点などをまとめました。 格安SIMはなぜ安いの? 格安SIMとは、ドコモ、au、ソフトバンクという ...

 

iPhoneのバッテリーが劣化するとどんな症状が発生する?

 

まず、iPhoneのバッテリーの劣化がどのような症状につながっていくのかを確認します。

自分のiPhoneのバッテリーはまだまだ大丈夫だと思っていても、実は劣化が進行している可能性もあるのです。

どのような症状からバッテリーの劣化を見極められるのかを、下記で解説します。

 

バッテリーの最大容量が低下する

iPhoneのバッテリーに採用されている「リチウムイオン技術」は、劣化が進むほどにその最大容量が低下しやすくなります。

そのため充電してもすぐにまた充電が必要になるなどといった形で、普段の使い方に支障が出る可能性もあるのです。

1日に何度も充電をする必要があったり、外出中にバッテリー容量が低下してiPhoneが使えなくなったりといったこともあり得ます。

新品の頃よりもバッテリーの充電回数が増えたと感じる場合には、既に劣化が進行しているのかもしれません。

 

電圧の低下によるシステムの不具合

経年劣化が進んでインピーダンスが増加したバッテリーは、それに伴って電力の供給時に電圧が急激に低下することがあります。

低すぎる電圧は、システムが正常に正常に作動することを邪魔することがあるのです。

継続的な動作ができないと、電子部品保護のためにシステムの強制シャットダウンが行われることもあります。

利用中に突然のシャットダウンが増えれば、スマホを使っての作業が困難となることは明白です。

もし意図しないシャットダウンを経験するようになっているのなら、バッテリーへの何かしらの対応が求められるかもしれません。

 

その他、パフォーマンスを管理するために発生する症状

上記の他にも、iPhoneは突然のシャットダウンを防ぐために、デバイスのパフォーマンスを管理することがあります。

それは以下のような症状によって、デバイスに表面化する可能性があるのです。

・アプリの立ち上げに時間がかかるようになった

・スクロールのフレームレートが低下するようになった

・画面のバックライトが変わった(暗くなった)

・バックグラウンドのアプリが再起動されるようになった

上記のような症状も、実はバッテリーの劣化に原因があるかもしれません。

 

バッテリーの状態を確認する方法とは

iOS11.3以降のiPhoneを使っている場合、バッテリーの状態を確認する機能が利用できます。

「設定」から「バッテリー」を選択し、さらに「バッテリーの状態」から確認することが可能です。

バッテリーの状態では、現在の最大容量やピークパフォーマンス性能の状態をチェックしたり、バッテリーに関する重要なメッセージを確認したりできます。

実際にiPhoneのバッテリーが著しく劣化している場合には、こちらに専用のメッセージが表示されるのです。

バッテリーの状態に不安があるのなら、iPhoneの設定から確認と把握を行ってみましょう。

 

パッテリーパフォーマンスを最大限に高める方法

iPhone バッテリー

引用元:Apple

Appleは、使い方次第でiPhoneのバッテリーパフォーマンスは高められるとしています。

最大限のパフォーマンスでバッテリーを活用できるように、推奨されている以下の要素を確認しておきましょう。

 

ソフトウェアを最新の状態にアップデートする

Appleの提供するソフトウェアを最新の状態にアップデートすることは、バッテリーのパフォーマンスを持続させる基本となります。

アップデート後のiOSには最新の情報を用いた節電技術が盛り込まれているケースもあるので、導入がバッテリーに良い影響を与えることも。

まずはソフトウェアアップデートを定期的にチェックして、バッテリーを最新の技術で保護できるように備えましょう。

現在のアップデートの有無については、iPhoneの「設定」から「一般」をタップし、「ソフトウェアアップデート」を見ることで確認できます。

アップデート可能なソフトウェアがある場合には、早めに最新の状態に最適化しておくのがおすすめです。

 

iPhoneを極端な温度環境に置かない

iPhoneを適切な温度環境で取り扱うように意識することも、バッテリーのパフォーマンスを向上させるコツになります。

AppleによるとiPhoneは、16°C~22°Cの気温が動作に最適だと記載されています。

35℃以上や0℃以下といった極端な温度環境を避けることが、バッテリーのための使い方になるでしょう。

日の当たる場所や氷点下の屋外に放置しないように、普段の使い方を見直してみてください。

 

設定からバッテリーの最適化を行う

iPhoneのバッテリーは、設定を最適化することでもパフォーマンスを高められます。

画面の明るさを落とすこととWi-Fiを使うことの2点は、その基本的な設定です。

iPhoneの明るさ自動調節機能をONにすることで、バッテリーの持続力をアップさせることができます。

Wi-Fiなら携帯電話のネットワークを使うより消費電力を抑えられるので、優先してつなぐこともおすすめです。

まずはこの2点の設定から、バッテリーのための最適化を図ってみましょう。

 

iPhoneのバッテリーが劣化してしまったら?

iPhoneのバッテリーが劣化してしまった場合には、交換依頼を行うことで再び最適な状態で利用できるようになります。

「Apple製品限定保証」もしくは「AppleCare+」の対象であれば無料で交換できるので、劣化した際にも気軽に交換が可能です。

保証の対象外の場合には、iPhoneの種類によって7,400円か5,400円の交換費用がかかります。

交換依頼は配送か持ち込みが選択できるので、自分の都合の良い方で頼むことができますね。

 

バッテリーについて知ることがiPhoneの寿命を伸ばす!

iPhoneは毎日使うものであるため、バッテリーの劣化はどうしても進んでしまいます。

だからこそこちらでバッテリーの知識をチェックして、どうしたらその寿命を伸ばせるか考えてみることがポイントになるのです。

バッテリーの劣化スピードを抑えることができれば、それだけiPhoneを快適に使える時間が伸びます。

iPhoneの魅力を堪能するためにも、この機会にバッテリーについての基本を確認してみてください。

 

まとめ

iPhoneのバッテリーは交換もできるのね!
お客様
スマホ戦士編集長
今回説明したような症状が出る場合には、バッテリーの交換も考えられますね

 

ドコモオンラインショップはこちら↓

auオンラインショップはこちら↓

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓

こちらも見てね
【2020年】格安SIM21社のプランを比較、最安はどこ、おすすめはどこ?

2020年格安SIM21社を徹底比較し、料金が安いおすすめのご紹介や格安SIMに変更する際の方法、注意点などをまとめました。 格安SIMはなぜ安いの? 格安SIMとは、ドコモ、au、ソフトバンクという ...

 

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-,

Copyright© スマホ戦士 , 2020 All Rights Reserved.