iphone

iPhone14・Plusの特徴は?基本仕様やメリット、13との違いを解説

2022年9月16日から、待ちに待ったiPhone14シリーズが発売されました。前年のiPhone13と比較すればさまざまな変更点がありました。

そして基本的に「改悪」などと批判される向きも少なく、「順当に進化している」といったところです。

しかし「本当にiPhone14を買うかどうか悩んでいる」という人も多いでしょう。本記事では改めて、iPhone14・Plusの基本性能や特徴、そしてメリット・デメリットについて解説します。

購入を考えている人はぜひ参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhone14・Plusの基本仕様・特徴・メリットデメリットをすべて紹介

iPhone14 2レイ

(引用:Apple

まずiPhone14の基本仕様をおさらいしましょう。そのあとで特徴やメリット、そしてiPhone13との違いなどについても解説します。

基本仕様と見えてくる特徴

iPhone14iPhone14Plus
容量128GB/256GB/512GB128GB/256GB/512GB
サイズ172g203g
ディスプレイ6.1インチ6.7インチ
チップA15 BionicA15 Bionic
メモリ6GB6GB
カメラデュアルカメラシステムデュアルカメラシステム
その他Face ID、Apple Pay、IP68等級、TrueDepthカメラ

iPhone14になって、チップがA15 Bionicに進化、メモリも6GBに。カメラは引き続きデュアルシステム。24fpsの4K撮影にまで対応しています。手ブレモードも進化し、暗所での撮影能力もアップしています。

Face IDなど、現時点でも好評な機能については引き続き採用。

なおノッチが廃止されました。これは一部のユーザーから「念願が叶った」とも評価されています。

また基本仕様からはわかりませんがバッテリーも進化。26時間連続でビデオ再生できるほどの持続力を確保しています。

iPhone14を購入するメリット

iPhone14を購入するメリットとして、大きく分けて4つ挙げられます。

  • チップの性能から考えて、圧倒的に処理能力が高い
  • メモリが6GBなのでさらに快適に利用できそう
  • カラーリングはいずれも優秀
  • カメラの性能は抜群

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

チップの性能から考えて、圧倒的に処理能力が高い

iPhone14では、現役最強と謳われるA15 Bionicチップが搭載されています。

オンラインゲームや動画視聴も、これまで以上に快適に楽しめるでしょう。

そして将来的にリリースされるより高度なアプリケーションにも対応できます。

メモリが6GBなのでさらに快適に利用できそう

さらにiPhone14では、メモリが6GBまで拡張されました。ちなみにMac Book Air2019のメモリは8GB、つまりノートパソコンともよい勝負をするレベルです。

チップの性能と相まって、より快適な使い勝手が期待できるでしょう。

カラーリングはいずれも優秀

カラーリングはいずれも優秀だと評価されています。

ブルーやイエローなど、ポップな色合いがないのは少し寂しいかもしれません。

しかし全体的にシックで近代的な色合いで、デザイン性としては決して悪くないでしょう。

カメラの性能は抜群

毎年のことですが、カメラの性能は申し分ありません。24fpsの4K撮影に対応、12メガピクセルのレンズが使われており、写真の出来栄えは最高クラス。

さらに超広角レンズや望遠レンズも搭載。フロントカメラの進化にも注目が集まっています。

iPhone14のデメリット

一方でiPhone14には、「とにかく価格が高い」「miniが存在しない」というデメリットもあります。この2点についてもよく理解しておきましょう。

とにかく価格が高い

最大のデメリットはとにかく価格が高いことです。iPhone14は119,800円、Plusは134,800円からと、ノートパソコン並みのプライスが提示されています。

正直、「スマートフォンにこの金額を出す必要があるのか?」と感じる部分もあるでしょう。

せめてオンラインショップで購入してポイント還元を受けるなり、いろいろと工夫する必要がありそうです。

miniが存在しない

またiPhone14シリーズにはminiが存在しない点にも注意しましょう。13まではライト層向けにminiがあったのですが、それがPlusに置き換わっています。

要するにライト層ではなく、準ヘビーユーザー向けのモデルを追加している状態です。

miniは値段が安く、しかもコンパクトで持ち運びやすいという強みを持っていましたが、そもそもラインナップから消えてしまいました。

iPhone15を待つか、それとも14を購入するか?

正直なところ、iPhone15を待つのは大いにあり得る選択肢です。

2022年はロシアによるウクライナへの侵攻があって世界経済が変動、Appleも値上げせざるを得なくなりました。iPhone14の価格にも、何かしら影響は出ているでしょう。

来年になれば、戦争による影響は薄れていると予想されます。であればiPhone15は、まだリーズナブルかもしれません。

よってiPhone14をスルーして来年を待つのもひとつの方法だといえるでしょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhone14は購入する価値あり

iPhone14

(引用:Apple

iPhone14は、おおむね「順当に進化した」と評価されています。チップ・メモリ・カメラは順当にレベルアップ。Face IDなど必要なものは継続しており、これといった問題はないでしょう。

特にチップとメモリの進化は著しく、利便性の向上が期待できます。

ただし気になるのがその圧倒的な価格設定。iPhone14は119,800円、Plusは134,800円とかなり高額です。あとはminiがなく、ライト層には厳しい選択肢が提示されています。

少しでも価格を安くするには、オンラインショップの利用が考えられるでしょう。これなら端末代金数万円相当のポイント還元があったり、事務手数料が無料化されたり、実質的な値引きが入ります。

iPhone14の価格が苦しいと感じるなら、できるだけオンラインショップで購入するのがおすすめです。

最新情報
iPhone14 裏
iPhone14・Plusの特徴は?基本仕様やメリット、13との違いを解説

iPhone14は「改悪」などと批判される向きも少なく、「順当に進化している」といったところです。
iPhone14・Plusの基本性能や特徴、そしてメリット・デメリットについて解説します。
購入を考えている人はぜひ参考にしてください。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士