au docomo iphone softbank 格安SIM

iPhone/Androidとガラケー2台持ちは何が便利、コスパは?

「iPhone/Androidとガラケーの2台持ち」を検討している人は多いでしょう。

スマホとガラケー2台持ちすると、便利なことがたくさんあります。

やはり端末が2台あるというのは、強力です。

 

一方で、少し気をつけないと、むしろ1台持ちよりもコスパ悪く、不便になったりするかもしれません。

今回は、

  • iPhone/Androidのとガラケーの2台持ちをすると便利なポイント
  • 逆に、気をつけるべきこと

 

について、詳しく解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhone/Androidとガラケーを2台持ちすると、何が便利になるのか?

2台持ち

iPhone/Androidとガラケーを2台持ちすると、以下のような変化があります。

  • 利用料金がおさえられる
  • 役割分担できる
  • バッテリーが長続きする

それぞれについて、詳しく解説します。

利用料金がおさえられる

組み合わせにもよりますが、2台持ちすれば基本的には利用料金がおさえられるはずです。

 

キャリアでは、端末に対していろんなプランを用意しています。

中には、「データ通信のみ」「電話だけ」といったプランも。

これらは非常に安く、格安SIMであれば月1,500円かからないなんてことも。

 

つまりこういった格安なプランを2台に当てはめることで、料金は安くなるわけです。

役割分担できる

iPhone/Androidとガラケーを2台持ちしていれば、役割分担ができます。

基本的には、

 

  • iPhone/Androidで主要な操作をする
  • ガラケーで電話やメールをする

 

といった形になるでしょう。

役割分担すれば操作もシンプルになるし、同時に扱うといったことも可能です。

また、端末の処理能力にも負担がかかりづらく、ある程度スピーディーな操作ができるようになるでしょう。

バッテリーが長続きするようになる

iPhone/Androidとガラケーを2台持ちしているなら、バッテリーもー長続きします。

なぜなら、お互いがお互いのバッテリー消費をカバーし合うからです。

どのように役割分担するかにもよりますが、バランスよく分けていれば、一日でバッテリーが切れることはないでしょう。

電話しながら、iPhone/Androidを使える

2台持ちしていれば、「電話しながらiPhoneやAndroidを使う」といったことも可能です。

もちろんiPhoneやAndroidも、電話しながら何かすることは可能です。

ただし、これはちょっとやりづらいというか、不便ではありますよね。

しかしガラケーがあれば、電話しながら快適にスマートフォンを操作できます。

電池切れしても慌てる必要がない

仮に片一方が電池切れしても、2台持ちしているならもう一台あります。

iPhone/Androidのほうが電池切れした場合は、けっこう不便かもしれません。

ただ、それでも電話やメールなど、最低限のことはガラケー側で担当できます。

 

また、スマートフォン全盛期突入直後、つまり「もっとも進化したタイミング」に発売されたガラーは、それなりにハイスペック。

これならブラウジングや動画視聴なども、たいてい問題ありません。

通信障害を回避できる

iPhone/Androidとガラケーがあれば、通信障害も回避できます。

なぜなら、使っている通信回線が異なるから。

スマートフォンの方が障害に遭遇すると少し不便ですが、それでもガラケーである程度のことはできるでしょう。

紛失したときに、対応しやすい

iPhone/Androidを紛失することもあるでしょう。

その場合、キャリアへ連絡したり、さっきまで居たお店へ「落とし物はないですか?」と電話したりします。

ただ、その肝心な電話をかけるための端末がない、ということもあるでしょう。

しかし2台持ちしているなら、残っている方で電話をかけるなど、対応することが可能です。

iPhone/Androidとガラケーを2台持ちするうえでの注意点

注意事項

ただし、2台持ちするうえではもちろん注意点もあります。

以下のような点については、注意が必要です。

 

  • 2台分の利用料金がかかる
  • 管理するのがたいへん
  • ガラケーでできることは少ない

 

それぞれについて、下記で詳しく解説します。

2台分の利用料金がかかる

当たり前ですが、2台持ちするなら利用料金も2台分になります。

基本的に2台持ちして上手に役割分担すれば、利用料金はかかりづらいはずです。

しかし何かの理由で「2台ともフル回転させる」という月があると、利用料金は跳ね上がります。

プランとの兼ね合いを見すえて、利用料金ができるだけかからないようにすることが、重要だと言えるでしょう。

逆にコスパが悪くならないように、工夫することが重要です。

管理するのがたいへん

iPhone/Androidとガラケーを2台持ちするのは、意外と管理するのがたいへんです。

まず、いつも2台同時に持ち運ぶのは、それなり面倒に感じるでしょう。

「あ、今使うべきはガラケーの方だった」、というちょっとした勘違いもありそうです。

 

また、充電も今までの倍、気にしないといけません。

充電を怠ると、片一方がバッテリー切れした状態で1日がスタートしたりします。

iPhone/Androidとガラケーを2台持ちするなら、どう管理するかがポイントとなるでしょう。

ガラケーでできることが少ない

ガラケーの機種にもよりますが、ガラケーでできることはあまり多くありません。

アプリケーションは使えないし、ブラウジングにも限界があります。

もちろん、ヘビーな動画鑑賞などもあまり現実的ではありません。

画質や音質といった部分でも、現代のレベルからは遠いはずです。

もう10年近く前のものなので、できないことが多いのは受け入れざるを得ないでしょう。

 

ガラケーでできることを増やすなら、できるだけ後期に作られたハイスペックなものを選ぶのが、ポイントとなりそうです。

 

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhone/Androidとガラケーを2台持ちするのは大いにあり

かなり古いガラケーとスマホ

iPhone/Androidとガラケーを2台持ちすれば、よいことはたくさんあります。

基本的には料金が安くなるし、役割分担を上手にすれば、とても便利でしょう。

最初は、少し使いこなすのがたいへんかもしれません。

しかし、慣れてしまえばかなり快適なはずです。

役に立ったら
いいね ! してね

-au, docomo, iphone, softbank, 格安SIM
-

© 2021 スマホ戦士