iphone

iPhoneのタッチパネルが暴走(ゴーストタッチ)するのはナゼ?

iPhoneでは、ごくまれに「タッチパネルが暴走する」ということが聞かれます。

たとえば、

 

  • 勝手にタップされたことになる
  • 何もしていないなのにスクロールする
  • 何も入力していないのに文字が打たれていく

というようなこと。

 

つまりiPhoneのタッチパネルが暴走、いわゆる「ゴーストタッチ」が起こっています。

iPhoneも機械なので、不具合が起こる事もあるのですが、ちょっとゴーストタッチされていては使い物になりません。

今回は、iPhoneが暴走する原因と、できるだけ現実的な解決法について解説します。

 

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneのタッチパネルが、暴走するのはどうして?

iPhoneと聴診器

iPhoneのタッチパネルが暴走する理由は、いくつか考えられます。

ただ、大きく分ければ以下5つに分けられるでしょう。

水滴による反応

まず、画面に水滴がついているパターン。

iPhoneのタッチパネルは人体に反応し、操作を受け付けます。

しかし、ときどき水滴がついているのを、「指でタッチされている」と勘違いするわけです。

そうすると、iPhoneのタッチパネルが暴走します。

保護フィルムによる反応

保護フィルムを貼っているなら、それが原因かもしれません。

といっても、保護フィルム自体はゴーストタッチするわけではないのです。

保護フィルムにはときどき気泡やゴミが入り込みますが、これがゴーストタッチになったりします。

画面傷による反応

さらに画面傷によって、iPhoneの暴走が始まるケースもあります。

傷が入っていることにより、タッチパネルが正しく機能しなくなっているわけですね。

こればかりは、後ほど解説するように修理が必要でしょう。

iPhoneが熱暴走している

一時的にタッチパネルが暴走するなら、iPhoneの熱暴走かもしれません。

iPhoneは、処理能力に限界を感じると、ものすごく熱くなってしまうのです。

これは経験したことがある人も多いのではないでしょうか?

しかしあまりにも高温のままだと、タッチパネルが暴走しまうことがあります。

また、直射日光など外的要因で高温かし、タッチパネルの暴走へつながることも。

バッテリーに不具合がある

滅多にないことですが、バッテリーに不具合があるかもしれません。

本来、iPhoneのバッテリーはひらべったい形をしています。

しかし、iPhoneのバッテリーは、寿命や故障により、「膨張」することがあるのです。

本当にバッテリーがぷくぷくになってしまう、という意味です。

 

そうするとiPhoneの内側から圧力がかかり、タッチパネルにも影響が出かねません。

結果としてゴーストタップが起こってしまうことも、ないとは言えないでしょう。

さまざまな技術的なエラーや故障

そのほかの理由としては、技術的なエラーや故障が考えられるでしょう。

本当に細かい可能性は割愛するとして、以下のようなことで、iPhoneのタッチパネルが暴走しているのかもしれません。

 

  • iOSアップデートに失敗している
  • 過去に水没させて経緯があり、その影響が今になって出てきている
  • ウイルスに感染している
  • 充電器による不具合(純正品でない場合、ゴーストタッチが起こる可能性あり)
  • 磁力よる影響を受けて、タッチパネルが故障している)etc...

 

というように、ゴーストタッチについてはさまざまな可能性が考えられます。

暴走を止めるには、どうすればよい?

iPhone PC

冒頭でも触れたとおり、iPhoneのタッチパネル暴走は見過ごせません。

いくらなんでも、「勝手にタップしたことになる」状態で使い続けられないでしょう。

勝手にタップして変な操作を完了されたりしたら、一大事です。

 

iPhoneのタッチパネルが暴走した場合、以下のような対策が考えられるでしょう。

とにかく画面をキレイにする

iPhoneのタッチパネルが暴走するなら、たいがい画面に問題があります。

水滴か、ゴミか、あるいは保護フィルム内にはさまった気泡によるものでしょう。

これさえ取り除けば、だいたいのゴーストタッチは改善されるはずです。

 

保護フィルムを貼っている場合は、少し面倒ですが、一度剥がして直接に画面を清掃するのがおすすめ。

貼り直すのがたいへんですが、この機会に気泡やゴミをしっかり取り除いておきましょう。

再起動する

画面をキレイにしてもタッチパネルが暴走するなら、システム的な問題なのかもしれません。

とりあえず、再起動してみましょう。

ここまでやれば、iPhoneのタッチパネルが暴走する問題はたいてい解決されるはずです。

完全放電する

再起動してもダメなら、iPhoneの完全放電を試してみましょう。

完全放電とは、一言で言えば「iPhoneに、意図的な電池切れを起こすことです」

とにかく電池を使い切って、iPhoneが力尽きるまで待ちましょう。

その後、電源を入れ直せば、さすがに暴走は止まっているはずです。

iOSを更新する

まだタッチパネルが暴走するなら、iOSを更新してみましょう。

iOSを最新バージョンに変更すれば、解決するかもしれません。

iOSを更新する手順は、以下のとおりです。

 

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップする
  3. 「ソフトウェアアップデート」をタップする
  4. 「ダウンロードしてインストールする」をタップする

それでも解決しない場合

ここまでくると、いったんiPhoneの初期化が必要になります。

サポートページを参考に、初期化してみましょう。

 

初期化しても直らないなら、さすがに根本的な故障が疑われます。

この場合は、AppleCare +などを利用して、修理しましょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneのタッチパネル暴走は放置してはいけない

iPhone 快適な操作

 

iPhoneも機械なので、やはり不具合はついて回るものです。

不具合については、軽微なものありますが、ことタッチパネルの暴走は放置できるものではありません。

そのまま暴走したまま使っていると、勝手にとんでもない操作が成立してしまうこともあります。

 

たとえば、

  • 欲しくもないものの購入ボタンを押してしまう
  • 消してはいけないデータを勝手に削除してしまう
  • 不適切なLINEメッセージを送信してしまう

 

といったことですね。

タッチパネルの暴走が認められるなら、早い段階で手を打っておきましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士