docomo

契約したら終わり? ahamoの隠されたデメリット

2021年3月26日、いよいよdocomoの新プラン「ahamo」がスタートします。

auとソフトバンクよりも早い段階で発表されたahamoは、ユーザーから注目と称賛を浴びました。

 

現在もahamoの評判は高く、数万件規模の事前申し込みが殺到しています。

docomoの5G路線への乗り換えは、ビジネスとして大成功としたと言えるでしょう。

 

しかし、意外にも「ahamoと契約した終わりだ」と、痛烈な評判を述べる人もいます。

そこまで悲観的でなくとも、「ahamoって大丈夫なの?」という疑問を持っている人は多いでしょう。

本記事では ahamoの隠されたデメリットについて詳しく解説します。

契約してから「終わった.....」と思わないで済むように、ぜひ参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

ahamoって、どんなプラン?

ahamoロゴ

(引用:ahamo

そもそも、ahamoがどんなプランなのか、簡単におさらいしておきましょう。

ahamoは、

 

  • 月額料金2,970円(税込)
  • 月のデータ通信量20GB
  • 通信制限後の通信速度は1Mbps
  • デザリング可能
  • 5分以内の通話はすべて無料

というプランです。

5G時代の訪れをふまえて、極端な低価格で20GBという大量の通信ができるようになりました。

au、ソフトバンクと比較してもほぼ互角であり、乗り換えを検討する価値は十分にあります。

また、契約縛りなどもなく、かなり良心的に仕上がっているプランです。

ahamoに隠された、強烈なデメリットとは!?

デメリット

概要だけ解説すれば、ahamoはかなり衝撃的なプランだと言えます。

しかし、残念なことに決して見逃すことのできないデメリットもあるのです。

下記では特に注意しなければいけない点について、詳しく解説します。

ショップでの手続きができない、サポートもオンライン

まず、ahamoはショップで手続きすることができません。

すべてオンラインで契約する必要があります。

 

さらにはカスタマーサポートもショップでは受けられません。

すべてオンラインチャットでの対応となります。

万が一大きなトラブルがあった場合、ショップへ持ち込めないのは大きな不安要素です。

キャリアメールが使えなくなる

三大キャリアすべてに共通して言えることがですが、ahamoに乗り換えると、キャリアメールは使えなくなります。

つまり、「docomo.ne.jp」で終わるメールアドレスは使えなくなるわけですね。

よって、新しいフリーメールアドレスを用意する必要が出てきます。

留守番電話が使えなくなる

ある意味でもっとも致命的なのは、「携帯電話サービスの一環であるにもかかわらず、留守番電話が使えなくなる」ということ。

今まで留守番電話を頻繁に利用しているのであれば、かなり大きなデメリットと言えます。

というよりも、そもそも昔から当たり前にあった留守番電話が使えなること自体、本来もう少しきちんと告知されるべきです。

契約する前に、留守番電話がなくても本当に構わないのか、よく考えましょう。

20歳未満は契約できない

ahamoに限った話ではありませんが、20歳未満は契約できない仕組みになっています。

これはdocomoの意図ではなく、法的にahamoは20歳未満には提供できない法律の仕組みがある様子です。

ちなみに「povo」と「LINEMO」も同様なので、注意してください。

ahamoのメリットは?

携帯電話 操作

というように、ahamoには意外にも致命的になりうるデメリットが存在します。

もし契約するのであれば、上記のようなデメリットを受け入れられるかがポイントとなるでしょう。

 

悪いことばかり話してきましたが、だからと言ってahamoが悪質なプランだというわけではありません。

いったんahamo本来のメリットについて、おさらいしておきましょう。

単純に安い

いろいろと欠点を挙げてきましたが、ahamoが安いのは疑いようもありません。

たった月額2,970円(税込)でデータ通信量は20GB、さらには通話オプションまでついています。

かつて月10,000円くらいの利用料金がかかっていた時代と比較すれば、大きく進歩したと言えるでしょう。

むしろ今までの高価格はなんだったのかと、不審に思ってしまうレベルです。

国際データローミングができる

ahamoの強みは、国際データローミングに無料対応できているところです。

北米、欧米を中心に、80か国以上の国々で、追加料金なしで通信できます。

これは、povoにもLINEMOにも存在しない、強烈なメリットです。

通信速度が速い

利用される回線はdocomoのものなので、通信速度には満足できるはず。

また通信制限がかかったとしても1Mbpsの通信速度は約束されています。

ファミリー割引・みんなドコモ割は適用される

従来から適用されていた家族利用に対する割引ですが、ahamoでも引き続き適用されています。

具体的には、加入者数によるプラン値引きと、家族への通話は引き続き無料となるわけです。

先行エントリーで特典あり

サービス開始前の今だからこそ、得られるメリットもあります。

3月25日までにahamoへ”先行エントリー”した場合、なんとdポイントが3,000ポイントもらえるというキャンペーンが実施中。

dポイントはほとんどお金同然なので、実質3,000円プレゼントしているのと同じです。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:ahamoに向いている人って、どんな人?

docomoロゴ

というように、ahamoのメリットとデメリットついて解説してきました。

メリットが強烈なのは間違いありませんが、守番電話が使えないとか、「先に言っておけ」と言いたくなるようなデメリットも存在します。

 

しかし、月額2,970円(税別)でスマートフォンを持てて、20GBもの通信容量があるのは、やはり強烈です。

また各種割引や先行エントリー特典などもあり、基本的には満足できるプランと対応だと言えるでしょう。

冒頭で述べたように、「契約したら終わり」とまでは非難されないと感じられます。

 

特に20GBの通信容量を目一杯使う、海外での通信機会が多いといった人には、かなり向いているプランだと言えるでしょう。

また、各種割引が生きていることからも、すでにdocomoのユーザーである人にもおすすめできます。

役に立ったら
いいね ! してね

-docomo
-

© 2021 スマホ戦士