iphone

iPhoneの買い替えどきっていつ?次は何を買おう?

  • 「iPhoneの買い替えどきって、いつだろう?」
  • 「買い替えるタイミング、早すぎるかな?」

というような疑問を持っている人は多いでしょう。

やはり「買い替えどき」というのは悩ましいところですよね。

また、買い換えるとして、次は何を買うというのも重要なポイントとなります。

 

今回は、

  • iPhoneの買い替えどき
  • iPhoneの買い替えどきを迎えたあと、次に何を買うか

といった点について、詳しく解説します。

 

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの買い替えどきっていつ?

かっこいいiPhone

iPhoneの買い替えどきとしては、大きく分けて4つ挙げられるでしょう。

  • 新しいナンバリングiPhoneが登場したとき、
  • 購入後、3年が経ったとき
  • iPhoneが使いづらくなったとき、
  • アップデートから置き去りにされたとき

それぞれについて、詳しく解説します。

新しいナンバリングiPhoneが登場したタイミングは、もっともわかりやすい買い替えどき

もっともわかりやすいiPhoneの買い替えどきは、やはり「新しいナンバリングが登場したとき」でしょう。

Appleは、毎年9月ごろに新しいナンバリングのiPhoneが登場します。

このタイミングで買い換えれば、最新のiPhoneを利用することが可能です。

 

また、ひとつ前のiPhoneに買い替えるのもよいでしょう。

最新のiPhoneが発表されると、ひとつ前のiPhoneは値崩れするからです。

 

毎年、とは行かないでしょうが、2年に1回くらいは、このタイミングは明らかに買い替えどきだと言えるでしょう。

iPhone購入後、3〜4年経ったなら、買い替えどき

iPhoneを購入してから3,4年経ったなら、買い替えどきだと言えるでしょう。

なぜならiPhoneのリチウムイオンバッテリーの寿命は、おおむね3年だから。

iPhoneは3年も経ってくると、電池の持ちも悪くなり、やや使いづらくなってきます。

 

また3年の間にアプリケーションや外部サービスが進化して、本体がついていけなくなる部分もあるでしょう。

もちろん、そのほかの故障や部品劣化も気になります。

 

したがってiPhoneを購入してから3,4年経ったなら、買い替えどきだと言えるでしょう。

ただしリチウムイオンバッテリーは、交換することも可能です。

交換して、より長くiPhoneを利用するという選択肢もあります。

 

使いづらくなったら買い替えどき

iPhoneの寿命に関係なく、シンプルに「使いづらいな」と感じたときも、買い替えどきだと言えるでしょう。

たとえ寿命には余裕があったとしても、外部サービスの進化などにより、古いiPhoneでは対応できなくなる場面もあります。

さらに内部的な部品の劣化で、操作性が落ちるといったこともあるでしょう。

そのようなタイミングは、iPhoneの買い替えときだと言えます。

iPhoneがアップデートから置き去りにされたら買い替えどき

iPhoneは、すべてのナンバリングが常にアップデートの対象となっているわけではありません。

古いナンバリングのiPhoneは、徐々にiOSアップデートの対象から外されていきます。

つまり使っているiPhoneがiOSアップデート対象から外されたタイミングは、買い替えどきだと言えるでしょう。

 

一応、iOSアップデートから置き去りにされたとしても、iPhoneは利用できます。

しかしiOSアップデートが最新でないことが、いろんな不便が出てくるということ。

たとえば、一部のアプリケーションに対応できず、利用できないというケースが考えられるでしょう。

さらに、新しい機能を利用できなという場面も出てきます。

 

そのように考えれば、iPhoneがアップデートから置き去りにされたタイミングは、普通に言えば買い替えどきだと言えるでしょう。

iPhoneの買い替えどきを迎えたら、次は何を買う?

最新iPhone

iPhoneの買い替えどきを迎えたなら、ぜひ新しいiPhoneを購入しましょう。

当然ながら、新しいiPhoneを何にするかは、とても重要です。

具体的には、以下のような買い替え方が考えられるでしょう。

ベタに行くなら、最新ナンバリング

iPhoneの買い替えどきを迎えたなら、基本的には最新ナンバリングへの切り替えが考えられるでしょう。

最新ナンバリングなら、新しくて高性能なiPhoneを入手できます。

前に使っていたiPhoneが古い場合は、最新ナンバリングの性能にはおどろくほど満足できるでしょう。

最新ナンバリングのひとつ前

また、最新ナンバリングのひとつ前のiPhoneも選択肢に入ります。

先ほども触れたとおり、最新ナンバリングが登場した直後だと、ひとつ前のiPhoneは値崩れするのです。

そこそこ安く、それなりハイスペックなiPhoneを手に入れられます。

安く済ませたいなら中古品

iPhoneの買い替えどきを迎えたら、安い中古品も選択肢に入ります。

ナンバリングは古くなるでしょうが、新品よりも圧倒的に安い価格で、iPhoneを確保することが可能です。

特にGEOやメルカリなどでは、かなり安い価格でiPhoneが出品されています。

スペックや状態は気になりますが、それでも構わない人には、中古品は選択肢として考えられるでしょう。

前のiPhoneはどうする?

古いiPhone

前のiPhoneについては、買い替えどきのタイミングで「売りに出す」という扱いが考えられるでしょう。

前のiPhoneを売却することで、「下取り」の状態になり、新しいiPhoneも無理なく購入できます。

 

もしくは、サブ機として置いておく方法も考えられるでしょう。

つまり2台持ちすることで、より便利にiPhoneを活用することも可能です。

古いiPhoneとはいえ、役割分担を上手にやれば、たいてい無理なくサブ機として活用できます。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ

iPhone2

iPhoneの買い替えどきとしては、本記事では紹介したとおりいくつかあります。

わかりやすいのは「新しいナンバリングが登場したとき」です。

ただしiPhoneにも寿命があるので、ナンバリング関係なく買い替えどきが訪れることもあるでしょう。

使っているiPhoneの状態を鑑み、ベストなタイミングで買い替えましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士