iphone

iPhoneは下取りしないほうがよい?メリットとデメリットを解説

iPhoneを買い換えるときは、古いiPhoneを下取り、買取してもらうという方法があります。

特に最近は三大キャリアの下取りも出てくるので、検討している人も多いでしょう。

しかしiPhoneの下取りについては、「下取りはなんだか損しそうだし、しないほうがよいのかな?」と思っている方もいるでしょう。

 

たしかに下取りには、デメリットはあります、しかし当然ながらメリットもあります。

今回は、iPhoneを下取りするメリットとデメリットについて解説するので、参考にしてください。

 

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneは下取りするメリットとは?

 iPhone 円

iPhoneを下取りするメリットとしては、以下4点が挙げられるでしょう。

  • 実質的に安く機種変更できる
  • キャリアでも下取りできる
  • ちょっとした不具合でも査定してもらえる
  • 買取や自分で売るよりカンタン

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

実質的に安く機種変更できる

iPhoneを下取りする最大のメリットは、「実質的に安く機種変更できる」という点が挙げられるでしょう。

iPhoneを購入するときは、やはり機種代金が負担になります。

最新ナンバリングの上位機種ともなると、12万円以上かかる機種もあります。

これが負担となって、iPhoneを機種変更するのを見送っている人もいるでしょう。

 

しかし古いiPhoneを手放すことで、実質的に安く機種変更できます。

いつのiPhoneを持っているかにもよりますが、高ければ50,000円くらいで下取りできるケースも。

新しいiPhoneを安く手に入れるなら、下取りしてもらうのがおすすめです。

キャリアでも便利に下取りできる

最近、iPhoneは、キャリアでも便利に下取りできるようになりました。

店頭に持ち込む方法もありますが、おすすめはオンラインショップから下取りしてもらうのがよいでしょう。

オンラインショップから下取りを申し込めば、郵送だけで下取りしてもらうことが可能です。

また、下取りを実施しているキャリア次第では、オンラインショップでの機種変について、特別なキャンペーンを実施していることもあります。

ちょっとした不具合でも査定してもらえる

iPhoneを下取りするメリットとしては、「ちょっとした不具合があっても査定してもらえる」という点が挙げられるでしょう。

iPhoneは、買取や自分で売却する場合、ちょっとしたキズや汚れで値段を落とさないといけないことがあります。

また、キズや汚れに敏感な人が多く、なかなか買い手が見つからない場合もあります。

しかしiPhoneを下取りに出すなら、規定に合っているのであれば、おおむね下取りしてもらえると考えて問題ありません。

買取や自分で売るよりもカンタンで確実

買取や自分でフリマアプリなどで売るよりも、下取りしたほうがカンタンで確実ではあります。

買取だと買い叩かれることが多いし、自分で売るのは、手間がかかってめんどくさい部分もあるでしょう。

フリマアプリだと、値引き交渉などがあってうっとうしい部分もあります。

しかし下取りするなら、基本的には古いiPhoneを持っていくか郵送するだけでOK。

また、基本的には買取業者よりも安定した値段で買い取ってもらえるのもメリットです。

iPhoneを下取りするデメリットとは?

 iPhoneとPC

いっぽうで、iPhoneを下取りすることにはデメリットもあります。

といっても、さほど目立ったデメリットはありません。

おおむね、

 

  • 現金化するわけではない
  • 違約金が発生することもある

 

という点にのみ、注意しておけばよいでしょう。

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

現金化するわけではない

iPhoneを下取りするデメリットとしては、「現金化するわけではない」という点が挙げられるでしょう。

iPhoneを下取りした場合、たとえば「新しいiPhoneを購入したクーポンを配布する」といった対応がなされます。

もちろんクーポンは、他のところでは使えません。

下取りげ現金が手に入るわけではないので、注意しましょう。

違約金が発生することもある

iPhoneを下取りするデメリットとして、状況によっては違約金が発生するという点も挙げられるでしょう。

iPhoneを下取りしたからといって、契約が無効になるわけではありません。

契約が残っていて、違約金規定もあれば、そのとおりに手続きされます。

iPhoneを下取りする場合は、きちんと契約を満了し、違約金について心配がないように準備しておきたいところです。

 

iPhoneを下取りするデメリットとしては、上記2点くらいでしょう。

基本的に、後悔することがない選択肢だと言えます。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:基本的にiPhoneの下取りは賢い選択肢

iPhone13

iPhoneの下取りについては、やはりメリットとデメリットがあります。

とはいえデメリットは基本的に大きくはなく、メリットのほうが大きいと言えるでしょう。

たとえば「違約金が発生するかもしれない」といったデメリットはありますが、契約期間に気をつけていれば問題はありません。

 

やはり下取りすることで、新しいiPhoneを実質的に安く購入できるのは重要なポイントです。

さらに、買取や自分で売る場合と比較して手続きなカンタンな点も見逃せません。

メリットの大きさを考えるなら、iPhoneの下取りはかなりおすすめできる選択肢だと言えるでしょう。

 

さらにiPhoneを下取り、あるいは機種変更するなら、オンラインショップがおすすめです。

オンラインショップなら、店頭に行かなくても、郵送でiPhoneを下取りすることが可能。

いちいち店頭へ行くのがめんどくさい人にとっては、とても便利な方法だと言えるでしょう。

 

また、オンラインショップでは機種変更することが可能です。

オンラインショップでの機種変更には、特別なキャンペーンや割引が実施されていることも多くあります。

よりよい条件で、iPhoneを機種変更できるかもしれません。

もちろん機種変更も、下取りと同じくオンラインの手続きで完了できます。

iPhoneを下取り・機種変更するなら、ぜひ一度オンラインショップをチェックしてみましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士