iphone

iphoneをメルカリで売るときのポイントと注意点とは?

iPhoneを機種変更するときは、できれば前のiPhoneを下取り・売却したいところ。

前のiPhoneを売ったお金で、よりリーズナブルに機種変更できます。

その中で、「iPhoneをメルカリで売る」という方法を考えている人もいるでしょう。

たしかにメルカリなら、iPhoneを買ってくれる人が見つかるはずです。

 

しかしメルカリでiPhoneを売ることは思った以上にナイーブなこと。

なぜならメルカリがiPhoneを売ることにいろんなルールも設けているからです。

そして、個人情報を自分で守るために、いくつかやらなければいけないこともあります。

 

本記事では、iPhoneをメルカリで売るときのポイントと注意点について、詳しく解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneをメルカリで売るときのポイントと注意点

iPhone操作

iPhoneをメルカリで売るときは、以下のような5つのポイント、注意点について確認しておきましょう。

  • IMEIを確認しよう
  • アクティベーションロックを解除しよう
  • ネットワーク利用制限を確認しておこう
  • データを初期化しておこう
  • SIMカードを抜き取ろう

いずれかを見落としていると、iPhoneをメルカリで出品できないこともあります。

また、買ってくれた人に迷惑がかかり、トラブルへ発展するかもしれません。

きちんと確認しておきましょう。

IMEIを確認しよう

iPhoneをメルカリで売るときは、まずIMEIを確認しましょう。

IMEIとは、一言で言えば、「iPhoneに割り振られている15桁の識別番号」です。

この番号は、iPhoneの裏面に記載されています。

そして、メルカリでiPhoneを売るさい、このIMEIを記載しなければいけません。

アクティベーションロックを解除しよう

iPhoneをメルカリで売る前に、「アクティベーションロック」を解除しましょう。

アクティベーションロックとは、簡単に言えば「自分以外の人にiPhoneを使用できないようにする」ためのセキュリティです。

しかし今回はiPhoneを自分以外の人に売る、という話なので、アクティベーションロックは解除しなければいけません。

アクティベーションロックを解除する方法は、Apple公式サイトの解説を参照するのがお勧めです。

ネットワーク利用制限を確認しておこう

続いて、ネットワーク利用制限を確認しましょう。

iPhoneは、端末代金の支払いが滞っていたりすると、「ネットワーク利用制限」がかかります。

そしてメルカリでは、ネットワーク利用制限がかかったiPhoneを売ることが規約違反となっています。

ネットワーク利用制限を確認する方法はいくつかありますが、以下の手順がおそらくもっとも簡単です。

 

  1. ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイトにアクセス
  2. IMEIを入力する
  3. ネットワーク利用制限があるかないか確認する

これで、ネットワーク利用制限がかかっているか確認することが可能です。

データを初期化しておこう

iPhoneをメルカリで売るなら、かならずデータを初期化しなければいけません。

データを初期化していないと、売り物として不適切なのもそうですが、自分のプライバシーを危険に晒してしまいます。

以下の手順で、データを初期化しておきましょう。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップする
  3. リセットをタップする
  4. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップする

SIMカードを抜き取ろう

iPhoneをメルカリで売るとき、意外と忘れがちなのが「SIMカードを抜く」という作業です。

かならずSIMカードを抜き取ってから発送しましょう。

SIMカードが第三者の手元に渡るのは、たいへん危険なことです。

またSIMカードを発送してしまうと、取り返せる保証はないので、注意してください。

iPhoneをメルカリで売るとき、高く売れやすくするコツ

iPhone 円

iPhoneをメルカリで売るなら、できるだけ高く売りたいですよね。

そして、早い段階で購入者を見つけたいところです。

そのためには、以下のようなポイントについて知っておきましょう。

付属品があればつけておく

iPhoneをメルカリで売るとき、付属品があればつけておきましょう。

付属品としては、

  • 充電アダプタ
  • ライトニングケーブル
  • イヤフォン 

が挙げられます。

これらの付属品と一緒に出品するなら、より高い値段で売ることが可能。

 

理想は、買ったときについてきた付属品がすべて揃っていて、オフィシャルの外箱に入っている状態です。

外箱を保管していないか、一度チェックしてみましょう。

商品の情報をしっかりと出す

iPhoneをメルカリで売るとき、商品の情報をしっかりと公開しましょう。

「いつのiPhoneで、スペックはどの程度か、見た目はどのような状態か」をしっかりと示すことが重要です。

といってもメルカリの規定で、基本的な情報については書かないと出品できません。

そして追加情報として、商品説明では、

  • どれくらい使っていたか
  • キズや汚れはないか
  • 動作に問題はないか
  • バッテリーの調子は落ちていないか

といったところを明確にしておきましょう。

 

また、iPhoneの写真もできるだけ多く掲載しておくのがおすすめ。

表面、裏面もそうですが、横面や付属品の写真を掲載すれば、安心して購入してもらえます。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ

箱

メルカリでiPhoneを売るには、いくつかチェックしておくことがあります。

本記事で紹介したことを見落としていると、購入者とトラブルに発展するかもしれません。

発送してからでは遅いので、事前にきちんと確認しておきましょう。

 

メルカリでiPhoneを売るなら、機種変更で何の端末を使うのか、考えておくのがおすすめです。

機種変更するなら、オンラインショップから手続きするのがよいでしょう。

オンラインショップなら、限定のキャンペーンが開催されていて、特別な割引やプレゼントがあるかもしれません。

さらにオンラインショップでは、店頭で必要となる事務手数料が無料になることもあります。

そしていちいち店頭へ行かなくても機種変更できるのが、とても便利なポイントです。

メルカリでiPhoneを売ったあとは、ぜひオンラインショップで、オトクに新しい端末を探してみましょう。

 

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士