iphone

結局、iphoneってコスパ悪いの?Androidの方がよい?

iPhoneについては、「コスパ悪い」というふうに言われることがあります。

たしかに最近のiPhoneは性能とともに高額な傾向なので、「コスパが悪い」という見方が出てくるのも、ある程度仕方がないでしょう。

今回は「iPhoneはコスパ悪い」というのが本当なのか、詳しく解説します。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneはコスパ悪い?Androidを使うべき?

コスト

結論から言うと、iPhoneが絶対にコスパ悪いとは言えません。

なぜなら、iPhoneのコスパなんてものは、さまざまな要因でいくらでも変化するからです。

「iPhoneはコスパ悪い」と断言する人が、どうやってコストを算出しているのか、何を根拠にしているかわかりません。

しかし、購入方法や端末に求める機能、特徴などを考えれば、 いくらでもコスパはよくなります。

 

たとえば、

  • キャンペーンを利用して安く購入できた
  • オンラインショップで割引が使えた
  • 下取りを利用した
  • 買取してもらって、そのお金を新しいiPhone購入に充てた

 

ということがあったとしましょう。

この時点でiPhoneにかかる費用は、グッと下げることが可能です。

あくまでざっくりとした計算ですが、これならiPhone13(無印)でも、50,000円くらいで購入できたりします。

 

さらにiPhoneに求めている機能や特徴を考えてみましょう。

iPhoneの特徴として、(特にAndroidと比較して)、

 

  • 動作が早い
  • デザイン性が高く、好きな人は好きである
  • きわめてすぐれたデュアルカメラシステム
  • サポートを受けやすいetc...

 

といった点が挙げられます。

こういった特徴が自分の求めているポイントに合致した場合、iPhoneは「コスパ悪い」とは言えないでしょう。

「コスパ悪い・よい」を明確に数字で示すのはむずかしいですが、少なくともiPhoneについて満足はできるはずです。

ただし高いのは事実

iPhoneのコスパが絶対に悪いわけではありません。

ただし、「ちょっと高い」という現実は、認めざるを得ないでしょう。

iPhoneは年々、値上がりしています。

値上がりがあって、機能があまりにもピンとこないなら、「コスパ悪い」と評価する人もいるでしょう。

 

たとえばiPhone13シリーズの価格は、以下のとおりです。

  • iPhone13(無印):98,800円
  • iPhone13mini:86,800円
  • iPhone13Pro:122,800円
  • iPhone13Pro Max:134,800円

 

というように最新ナンバリングのiPhoneは、パソコン1台と同じくらいの価格になっています。

ちなみにAndroidにも高い機種はありますが、中には「Google Pixel 5a (5G)」のように、52,000円程度で購入できるものも。

状況によっては、「10万円前後iPhoneに出すのはコスパ悪いな」と判断できることもあるでしょう。

iPhoneのコスパが上昇させるメリットとは?

iPhone複数

たとえiPhoneが高いとしても、コスパが悪いことに、必ずしもつながりません。

むしろ、高い値段だったとしても、確保したいiPhoneのメリットというのはいくつも挙げられます。

特に以下のような点は、iPhoneがAndroidよりもすぐれている点だと言えます。

 

  • 動作はiPhoneのほうがスムーズ
  • iPhone自体、価値を落としづらい
  • サポートを受けやすい
  • デザイン性や機能性が高い

 

他にもメリットはいくらでもありますが、特に強力な上記4点について見てみましょう。

動作はiPhoneのほうがスムーズ

一般的にiPhoneのほうが、Androidよりも動作がスムーズだと言われています。

アプリの立ち上がりやページ読み込み、あらゆる動作でiPhoneのほうが少しだけ早いと考えて問題ありません。

もちろん端末の種類にもよるのですが、筆者の場合はAndroidとiPhone両方経験した結果、圧倒的にiPhoneのほうが軽やかに動作すると感じました。

たったこれだけでも、「iPhoneのコスパ悪い」という指摘に対する判断材料となるでしょう。

iPhone自体、価値を落としづらい

「iPhoneはコスパ悪い」と言われますが、将来的な価値で言えば、むしろiPhoneは優秀な部類に入ります。

musicMagpieの2021年調査では、

 

  • iPhoneはリリースから1年経過しても、その価値(端末価格)は59%までしか減らない
  • HUAWEIなどは1年経過すると価値は25%まで落ちる
  • iPhoneはもっとも価値が下がりづらいブランドである

 

と報告されました。

わかりやすく言うと、「iPhoneはもっとも値崩れしやすく、将来的に売りに出す際も高値で売れる」というわけです。

このデータを前に、「iPhoneはコスパ悪い」と断言するのは無理があるでしょう。

サポートを受けやすい

特にAndroidと比較したとき、iPhoneの「サポートの受けやすさ」が目立ちます。

Androidは、端末の種類が多すぎて、サポートの問い合わせ先がやや複雑になっています。

しかしiPhoneの場合、基本的にAppleサポートに問い合わせることで、あらゆる問題を解決できます。

またAndroidのようにメーカーが変わらないため、機種変更しても操作方法を忘れづらく、そもそもサポートを必要とする状況へ陥りづらいという側面もあります。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneのコスパは悪いわけではない、要は向いているかどうか

iPhoneは、時として「コスパ悪い」と言われることがあります。

たしかにナンバリングが更新されるたび、価格が上昇していることは否めません。

しかし購入方法やiPhoneに求めている特徴や機能しだいでは、かならずしも「コスパが悪い」とは言えないでしょう。

 

たとえば、オンラインショップで新規契約・機種変更した場合。

オンラインショップでは、iPhoneの端末代金を割引、あるいは事務手数料を無料にするといった、特別なキャンペーンが実施されています。

つまりオンラインショップを利用すれば、iPhoneのコスパがグッと上がる、というわけですね。

コスパのよいiPhoneを探すなら、オンラインショップをチェックしたほうがよいでしょう。

というようにiPhoneのコスパは、工夫次第でいくらでも高まります。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士