iphone

iphoneの容量が足りないときの対処法は?機種変更したほうがよい?

iPhoneを使っていると、いずれ「容量が足りないな」と思う場面が訪れます。

特に、機種変更しないまま古いiPhoneを使っているなら、容量不足を感じることも多いでしょう。

iPhoneの容量が足りない状態だと、

 

  • 動作がもっさりする
  • 突然アプリが落ちる
  • iPhoneが勝手に再起動する

 

といった現象が起こることも。

意外とiPhoneの容量が足りないという状態は、やっかいなことなのです。

 

結論から言うと、iPhoneの容量が足りない場合は、機種変更するのが基本になります。

とはいえ、今すぐ機種変更するのは現実的ではないケースもあるでしょう。

本記事では、

 

  • iPhoneの容量が足りないときの対処法
  • それでもiPhoneの容量が足りないとき、機種変更をおすすめする理由

について、詳しく解説します。

 

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneの容量が足りないときの対処法

iPhone裏

iPhoneの容量が足りないときは、以下のような対処法を試してみましょう。

  • いらないアプリを片っ端から消す
  • 写真と動画をひたすら削除する
  • ブラウザキャッシュを削除する

 

これらの方法で、ある程度容量を空けることが可能です。

ただし、一時的に容量が空いたとしても、よほど使い方を気をつけない限り、「また容量が足りない...」という場面は出てきます。

あくまで「一時的に容量を空ける」という方法にしか過ぎないので、注意してください。

いらないアプリを片っ端から消す

iPhoneの容量が足りないとき、まずはいらないアプリを片っ端から消していきましょう。

iPhoneを使っていると、もちろんたくさんアプリをインストールすることとなります。

 

しかし、その中には「ほとんど使わないアプリ」もたくさんあるはずです。

アプリは、モノにもよりますが、けっこうiPhoneの容量を無駄遣いしてしまいます。

 

「最近開いた記憶がない」というレベルのアプリがあれば、片っ端から削除していきましょう。

これだけでも、ある程度「iPhoneの容量が足りない」という問題を解決できます。

写真と動画をひたすら削除する

iPhoneの容量が足りないときは、写真と動画もひたすら削除しましょう。

写真と動画もサイズが大きいため、あっというまにiPhoneの容量を圧迫します。

特に動画のほうは数百メガバイトにおよぶこともあり、たいへんな容量を喰ってしまうのです。

カメラロールを開いて、もう必要のない写真や動画は片っ端から削除してしまいましょう。

ブラウザキャッシュを削除する

それでもiPhoneの容量が足りないなら、ブラウザキャッシュを削除してみましょう。

ブラウザキャッシュとは、基本的にSafariで開いたデータの記録だと考えて問題ありません。

普通、iPhoneではブラウザキャッシュを意図的に削除することはないでしょう。

しかし、気がついたらブラウザキャッシュが大量に溜まっていることもあります。

 

ブラウザキャッシュを削除する方法は、以下のとおりです。

  • 「設定」をタップする
  • 「Safari」をタップする
  • 「履歴とWebサイトデータを消去」を選択する
  • 「消去」をタップする

 

これで、ブラウザキャッシュが一掃されます。

また、今後は定期的にブラウザキャッシュを削除するように、習慣づけるとよいかもしれません。

それでもiPhoneの容量が足りないときは、素直に機種変更するのがおすすめ

iPhone13

それでも、iPhoneの容量が足りないというケースもあるでしょう。

だとしたら、素直に機種変更するのがおすすめです。

 

「iPhoneの容量が足りない」と感じているなら、容量はギリギリの状態で回っているでしょう。

だとすると、現状の使い方を続ける限りは、いずれまた容量が足りなくなるはずです。

 

また、容量が足りないというのは、iPhoneの動作に大きな影響を及ぼします。

容量オーバーが近づくにつれ、

 

動作がもっさりする

急にアプリが落ちる

iPhoneが勝手に再起動する

 

などの不具合が起こるのです。

筆者の場合は、一時期、LINEやMMSすらまともに開けないような状態になりました。

iPhoneは容量が足りなくなった時点で、使い勝手が相当に悪くなってしまうのです。

 

上記のような理由から、iPhoneの容量が足りないと感じたときは、素直に機種変更するのをおすすめします。

最近のiPhoneは、圧倒的大容量

iPhoneの容量が足りない場合は、できるだけ最新型のiPhoneをチョイスしたいところです。

昔のiPhoneは、現在の基準から言えば大容量だとは言えません。

たとえばiPhone7なら、32GBしかなかったりします。

さすがに64GBでやりくりするのは、かなりキツいでしょう。

 

しかし、たとえばiPhone12なら、最大で512GBの容量を選択することが可能です。

iPhone7と比較すれば20倍近い差があるので、「容量が足りない」という問題に悩まされることは、ほぼなくなるでしょう。

 

最新のiPhoneは、容量が足りない場合と比較して、ものすごく快適に使える

古いiPhoneを使っていて、容量が足りないと感じている場合、最新のiPhoneには相当に快適な使い勝手があるでしょう。

iPhoneの容量に余裕があった場合、動作もいわゆる「サクサク」「ヌルヌル」といった具合で、スムーズに行われます。

 

さらに、最新型ならではの機能やスペックを体感できるのもポイント。

たとえばiPhone12であれば、

  • 1,200万画素を叩き出す、最新のデュアルカメラ
  • A14 Bionicチップによる正確かつスピーディーな操作
  • 水深6メートル環境でも耐えられる防水性
  • 20時間連続で動画を見ても切れないバッテリー
  • ワイヤレス充電

など、圧倒的な機能とスペックを体感できます。

 

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneの容量が足りないなら、素直に機種変更するのがおすすめ

機種変更

iPhoneを使っていると、いずれ「容量が足りない」という場面が訪れます。

容量が足りないなら、とにかくアプリや写真、動画、そしてブラウザキャッシュを削除してしまいましょう。

他にも削除できそうなものが思い当たるなら、迷わず削除するのがおすすめ。

 

とはいえ、一時的に容量を空けても、iPhoneの最大容量が変わるわけではありません。

容量ギリギリで回っているなら、またすぐに容量不足に悩まされるでしょう。

だとしたら、やはり素直にiPhoneを機種変更するのがおすすめです。

 

 

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士