iphone

iPhone14の発売は待つべき?いつ発売される?

iPhone13が発売されて、しばらく経ちました。

しかしすでに一部の人は、iPhone14の方に興味を持っています。

特にiPhone13が期待外れだと感じている人は購入を見送り、iPhone14の発売を待っている様子です。

 

  • iPhone14の発売を待つべきか
  • それともiPhone13を購入するべきか
  • はたまた別のiPhoneを購入するべきか

 

と、悩んでいる人は多いでしょう。

本記事ではiPhone14の発売を待つべきか、あるいは待つべき理由について解説します。

悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhone14の発売は待つべきか?発売日はいつごろ?

iPhone

iPhone14の発売を待つべきかと言われれば、「待つのもアリ」だと言えるでしょう。

後ほど理由は解説しますが、iPhone14にはさまざまな期待が持てます。

たとえば「デザインがiPhone4の水準に戻る」、「USB-Cが戻ってくる可能性がある」というのは重要です。

 

発売日としては、いつもどおりのパターンなら2022年の9月中旬になるでしょう。

iPhone14の発売を待つべき理由とは?

2022

iPhone14の発売を待つべき理由は、さまざま存在します。

 

  • iPhone4のデザインを再現する可能性
  • パンチホールに切り替えるかも
  • 新しいチップが搭載される可能性
  • TouchIDが再導入される?
  • USB-Cが復活するかもしれない

 

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

iPhone4のデザインを再現する可能性

IPhone14待つべき理由として、「iPhone4のデザインが再現されるかもしれない」という点が挙げられます。

iPhoneはここ数年かなりデザインの形を変えています。

デザインの形が変わったことには、iPhoneのデザイン担当者が変わったという背景があるのです。

 

しかし、前任担当者がいた頃のiPhoneのデザインが好きだという人は多いでしょう。

iPhone4の、少しカクカクとしているデザインを熱望する声は決して少なくありません。

それは今までも期待されていたことですが、今のところ完全には実現されていません。

 

しかしiPhone14で、ようやくiPhone4時代のデザインが復活する見込みが出てきました。

iPhone4のようにソリッドなデザインを求めているのであれば、iPhone14を待つべき理由にはなると言えます。

パンチホールに切り替えるかも

一部の人にはたいへん評価が悪いカメラエリアの「ノッチ」。

iPhone13でもいくらか小さくなりましたが、ノッチがあるだけでストレスを感じる人も多いものです。

ノッチは段階的に縮小され、いよいよその仕上げとして、iPhone14でパンチホール化する可能性があります。

パンチホールになれば、iPhoneの裏面デザインは相当スッキリするはずです。

TouchIDが再導入される?

iPhone14を待つべき理由として、Touch ID再導入の可能性が挙げられます。

TouchIDは、いわゆる指紋認証ですね。

ホームボタンをタップするだけで指紋が認証され様々な操作が可能になるというものです。

しかしTouch IDは以前に廃止され、Face IDだけが残っていました。

 

Face  IDとTouch IDでは使い勝手や取り回しに大きな違いがあります。

そのことで、多くの不満を買っていました。

 

現状では、iPhone14においてTouchIDの再導入が、一部リーカーから言及されています。

もしTouchIDが導入されるとすれば、一部の人にとってはiPhone14を待つべき理由として十分すぎるでしょう。

ついに、ついにUSB-Cが復活するかもしれない

iPhone14待つべき理由として最も大きな理由は、ついにUSB-Cが復活するかもしれないということころです。

iPhoneがlighteningケーブルに切り替わってからは、「さっさとUSB-Cに戻せ」という声が上がり続けています。

しかしiPhone12でも、13でも、その願いは叶えられませんでした。

iPhone14で、再度USB-Cが復活する可能性が出てきています。

 

現状のlighteningケーブルは、データ通信速度が遅いと言われています。

特に写真やデータファイルが大きくなった昨今では、lighteningケーブルでは対応できなくなってきているのです。

 

しかしUSB-Cが復活すれば、わかりやすくいうと、2時間かかっているデータ移行が2分くらいでできるようになります。

その背景を考えれば、USB-Cケーブルが再度導入される可能性は高いでしょう。

その他の理由

その他にも、

  • A16 Bionicチップが搭載される見込み
  • カメラ性能の工場
  • Maxモデルの追加
  • 値下げの可能性あり
  • 軽量化の見込みあり

 

といった部分も、iPhone14を待つべき理由として挙げられます。

特にカメラ性能については、期待している人も多いでしょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:待ちきれない人はiPhone13でもOK

様々な期待が寄せられているiPhone14。

順当にいけば2022年の9月にはiPhone14が発表されるでしょう。

 

iPhone14では、USB-Cケーブルの再導入やiPhone4デザインの復活などが期待されています。

もちろん他にもiPhone13からの大幅な進化も楽しみです。

 

そういった部分を踏まえれば、iPhone13は見送り、iPhone14を待つべきだとも言えるでしょう。

ただしiPhone14に期待されていることが全て現実になるとは限りません。

あくまでも今語られていることは予想にしか過ぎないのです。

 

iPhone14を待ちきれないという人は、iPhone13他のナンバリングを購入するのも大いにありです。

Phone13あたりは、それはそれでデザインを評価されているしスペックも非常に高いものです。

 

例えばカメラの性能は大きく向上し、手ブレ補正まで採用されています。

ノッチのサイズも小さくなっており、バッテリーの耐久性能も相当進化しています。

最新のA15bionicプロセッサも搭載されているので処理速度にも満足できるはずです。

 

iPhone14が待ちきれない人はiPhone13を検討しても良いでしょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士