iphone

iphone12のカラーバリエーションは幅広い!何色が出る?

投稿日:

いよいよAppleの新商品発表の時期がやってきました。

つまりiPhone12のお披露目です。

 

新しいiPhoneが発表されるたびに気になるトピックとしては、やはりカラーバリエーションが挙げられるでしょう。

現在も各所でリークや予想が行われ、「何色が出るのか」と盛り上がっています。

 

本記事では、iPhone12でラインナップされそうなカラーバリエーションについて解説します。

ただし本記事でのカラーバリエーションへの言及は、あくまでも非公式なリークや、現在までのAppleの動向を基にしているものです。

「確定でどの色が出る」、というわけではないので、注意してください。

 

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓


auオンラインショップはこちら↓


ドコモオンラインショップはこちら↓

iPhone12のカラーバリエーションは幅広くなる

リーク者として一定の評価を得ているWeinbach氏の配信やその他リーク情報によれば、iPhone12sのカラーバリエーションは、今までよりも幅広くなると見られています。

少なくとも4色、多ければ6色展開となる可能性があります。

ちなみにWeinback氏の動画は上記です。

公式サイトの情報元はこちら

 

現状では、以下のようなカラーバリエーションがラインナップされる見込みです。

ライトブルー

ライトブルー

(引用:Apple Hub

リーク情報を見る限り、ライトブルーが展開される可能性は高いと言えるでしょう。

新色であり、なおかつ今までのシリーズとは違い、ややポップな存在になるのではないかと予測されています。

リーク動画を参照する限りでは、純粋な青色というよりも、やや水色に近いやさしい色合い。

ライトオレンジ

ライトオレンジ

(引用:Apple Hub

ライトオレンジも、Weinbach氏のリークによって、ラインナップが有力視されています。

ライトブルーと同じように、ポップなカラーリングになると予測されています。

全体的にiPhone12では、「高級感路線」ではなく「ポップ・ポピュラー」なカラーバリエーションが展開されるのではないかと予測されています。

ホワイト

ホワイト

(引用:Apple Hub

おなじみのカラーリングであるホワイトは、ほぼ確定だと考えて問題ないでしょう。

今のところホワイトを取り下げる合理的な理由は、Appleにはないはず。

アルマイトの光沢と相まって、清潔感に溢れたカラーリングになりそうです。

 

ただしホワイトには、「ついた汚れが悪目立ちする」というウィークポイントがありました。

この問題がいかほど改善されているか、注目が集まります。

ブラック

ブラック

(引用:Phonearena

ブラックも確定と見て問題はなさそうです。

現状ではアルマイトとの相性の悪いようには見受けられず、モダンかつ重厚なデザインになりそうです。

 

ブラックは汚れが目立たない反面「指紋がベタベタと残る」というウィークポイントを持っていました。

iPhone12では、できればその点も解消したいところです。

アルマイトの使い方や性質次第では、グッと改善する可能性も考えられます。

レッド

レッド

(引用:Apple-YouTube

今までの流れを考えれば、レッドはほぼ確実にラインナップされるでしょう。

レッドは、iPhone8発売以降、カラーバリエーションの常連です。

過去に発売されたレッドは安定した人気があり、わざわざラインナップしない理由も見当たりません。

 

iPhone11のレッドは、ややエレガントさを感じられる色合いでした。

iPhone12はアルマイト仕上がりになるので、ややポップなレッドになるでしょう。

パープル

パープル

(引用:Apple Hub

高級感を感じさせるパープルも、かなり有力であるとみられています。

パープルは今まであまり見かけられなかった色合いであり、まったく新しい印象をもたらしてくれるでしょう。

後述するネイビーブルーがややパープルなことから、(もしリリースされるなら)パステルカラー路線となりそうです。

ネイビーブルー

ネイビーブルー

(引用:Everything Apple Pro

ネイビーブルーも、新色の中では特に有力視されています。

これは後述するミッドナイトグリーンによるディープ路線を引き継ぐため、ラインナップされるのではないかと見られています。

先ほど紹介したWeinbachのリークにも、ネイビーブルーに該当しうるカラーが登場していました。

 

他のカラーがパステル気味なので、落ち着いた色合いのネイビーブルーは、バリエーション全体のバランスを考えれば、登場してもおかしくはありません。

ただし一部では、「ネイビーブルーは、iPhone12ではなく、iPhone12 Proで登場するのでは?」という向きも。

基本的に「無印でポップな、Proでシックなカラーリングをする」という傾向が、Appleには認められます。

したがってこの説もある程度有力なので、頭に入れておきたいところです。

iPhone12で導入されるか、微妙なカラーバリエーション

ロゴ

一方でiPhone12が発売されるにあたって、ラインナップされそうにもないカラーも存在します。

特に以下の2色は、人気がありながらも廃止されるという予測が強くなっています。

ローズゴールド

iPhone7時代から人気だったローズゴールドですが、iPhone12でも復活する見込みはなさそうです。

現状で「ローズゴールドが登場する」というリークは見受けられず、あまり期待はできません。

 

アルマイト仕上げとの相性にも疑問が残り、積極的に採用する要素はないでしょう。

よって、仮にローズゴールドがラインナップされたとしても、以前のような高級感溢れるものにはならないでしょう。

ミッドナイトグリーン

iPhone11で初登場して、たいへんな人気を集めていたミッドナイトグリーン。

しかし残念ながら、iPhone12でミッドナイトグリーンがラインナップされる可能性は低そうです。

 

Weinbach氏によれば、ミッドナイトグリーンはiPhone12では廃止されるとのこと。

Weinbach氏は、iPhone11で「グリーン系統がラインナップされる」という予想し、的中させています。

またグリーン系統のカラーを作るのは、”製造上のハードル”があるらしく、廃止される理由はじゅうぶん存在すると見られています。

 

ちなみに先ほど紹介したネイビーブルーは、ミッドナイトグリーンの後釜だというのが大方の見方のようです。

まとめ

iPhone 女

とうとうiPhone12の発売が、間近にまで迫ってきました。

今回はかなり挑戦的なカラーリングが使われると見られ、ラインナップも幅広くなると考えられています。

もし6色展開されるということになれば、かなり選択肢が広がるでしょう。

 

ただし、リーク情報は「確定」ではない点には注意してください。

本当に信用できるのは、Appleの公式発表だけです。

確定的な情報については、公式発表を待ちましょう。

 

ソフトバンクオンラインショップはこちら↓


auオンラインショップはこちら↓


ドコモオンラインショップはこちら↓

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-,

Copyright© スマホ戦士 , 2020 All Rights Reserved.