iphone

使わなくなったiPhoneを売る前の6つの必ずやっておく準備

  • iPhoneを売りたいんだけど、データは消したほうがいいの?
  • できるだけ高く売りたい!

 

上記のように考えている人は多いでしょう。

iPhoneを売る前段階では、いくつかやっておくべきことがあります。

きちんと実施していないと、後々少し困るかもしれません。

 

本記事ではは以下について解説します。

  • 使わなくなったiPhoneを売る前の6つの必ずやっておく準備
  • iPhoneの下取りについて
  • iPhoneの乗り換え先について

 

iPhoneの売却を控えている人はぜひ参考にしてください。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

使わなくなったiPhoneを売る前の6つの必ずやっておく準備

iPhone

使わなくなったiPhoneを売る前の6つの必ずやっておく準備は、以下のとおりです。

  • 利用制限がかからないかチェックする
  • SIMロックを解除しておく
  • 「iPhoneを探す」をOFFにして、出荷状態に戻しておく
  • 端末をクリーニングしておく
  • 箱などは揃えておく
  • AppleCareを利用できないか確認しておく

これだけやっておけば、とりあえずは大きな問題はありません。

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。

iPhoneを売る前にやるべきこと①利用制限がかからないかチェックする

iPhoneを売る前に、かならず利用制限がかかっていないかチェックしておきましょう。

iPhoneを購入したなら、高い確率で「分割支払い」を選択しているはず。

 

そして分割支払いの残債が残っていると、当然ながら買取価格に影響が出ます。

よくて残債分を大幅減額、もしくは買取自体を拒否されるかもしれません。

なぜなら売却の分割支払いが滞った場合は、当然ながら利用に制限がかかるからです。

つまり新しい持ち主がiPhoneを利用できない、ということで、大きな問題に発展することがあります。

 

一方、一括もしくは分割支払いが終了している場合は、好きなように売却することが可能です。

利用制限がかからないので、買取価格にも影響は現れません。

iPhoneを売る前にやるべきこと②SIMロックを解除しておく

iPhoneを売る前に、SIMロックは解除しておきましょう。

これは契約先キャリア・業者のマイページから実施することが可能です。

なぜSIMロック解除が必要かというと、「買取価格が高くなるから」。

もし解除されていないと、それだけで5,000円から10,000円程度、買取価格が落ちるかもしれません。

かならずSIMロックをフリーにして、高価買取できるようにしましょう。

iPhoneを売る前にやるべきこと③「iPhoneを探す」をOFFにして、出荷状態に戻しておく

「iPhoneを探す」は、売る前にOFFにしておきましょう。

なぜなら、OFFになっていないと買取してもらえない可能性があるからです。

 

iPhoneは、初期化をしても、「iPhoneを探す」がONになっていたら「アクティベーションロック」がかかります。

すると新しい購入者が、「売却者のApple IDを入力しないとiPhoneを使えない」という状態が起こるのです。

 

だから、OFFになっていないと買取してもらえないケースが出てきます。

「iPhoneを探す」は、かならず売る前にOFF設定しておきましょう。

iPhoneを売る前にやるべきこと④端末をクリーニングしておく

iPhoneを売る前にやるべきこととして、「端末をクリーニングしておく」というのもあります。

つまり、キレイにしておくということです。

以下のような部分はクリーニングしておきましょう。

 

  • ディスプレイ
  • 本体側面
  • ベゼル
  • イヤホンジャック
  • 本体背面
  • カメラレンズ

 

キレイに掃除するだけで、買取価格が高くなる可能性もあります。

できるだけ丹念にクリーニングしておきましょう。

iPhoneを売る前にやるべきこと⑤箱などは揃えておく

iPhoneを売る前には、箱や説明書などはできるだけ揃えておきましょう。

なぜなら本体以外の付属品があるだけで、買取価格が高くなるからです。

下手すれば3,000円ほど上乗せされる場合があります。

iPhoneを売る前にやるべきこと⑥AppleCareを利用できないか確認しておく

iPhoneを売る前にやるべきこととして、「AppleCareを利用できないか確認しておく」というのも大切です。

売却を検討しているiPhoneに傷や故障があれば、AppleCareによって格安ないし無料で修理できる可能性があります。

そうするとiPhoneの状態がよくなって、高価買取できるようになるかもしれません。

ただし修理費が高い場合はむしろ損をするので、十分注意してください。

iPhoneを売るなら下取り制度を活用するのがおすすめ

新型iPhone

上記では、iPhoneを売る前にやるべきことを解説しました。

とりあえずここまでのことをやっておけば、まず問題ありません。

 

ちなみにiPhoneの売却先としては、フリマアプリやECサイト、あるいはリサイクルショップなども考えられます。

ただ、基本的にはAppleやキャリアが実施する「下取り制度」を利用しましょう。

 

下取りとはつまり、iPhoneを機種変更する際、前のiPhoneを買い取ってもらうというシステムです。

基本的に下取り制度は買取価格が高い傾向にあり、また状態が悪くても買い取ってくれる傾向にあります。

さらに下取り制度を使うだけで、新しいiPhoneの端末価格が割引されるなどの特典もあるのです。

iPhoneを売るなら、まずは下取りを検討してみましょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ:iPhoneを売る前にやるべきことはやっておこう

iPhoneを売る前には、やるべきことがいくつかあります。

もちろん次の持ち主が困らないように準備しておく、という意味合いもあるでしょう。

 

しかし本当に大切なのは、とにかく買取価格を下げないという部分です。

格安SIMがフリー化していなかったりすると、それだけで安く買い叩かれる可能性が出てきます。

やるべきことはきっちりやって、少しでも買取価格を高く保てるように工夫しましょう。

 

またiPhoneを売却するのであれば、やはり下取りがおすすめです。

基本的に高価買取されやすく、また状態の悪いiPhoneでも買い取りしてもらいやすい側面があります。

ぜひ下取りできないか検討してみましょう。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2022 スマホ戦士