iphone

iPhoneがフリーズした、何もできない!その原因と対処法

iPhoneは、たまにフリーズして止まることがあります。

今まさに、

  • フリーズしていて、原因がわからない
  • フリーズして、しかも電源を落とせない

 

という状態にある人もいるはず。

今回は、フリーズの原因と対処法、そして「電源を落とせないで詰んでいる状態」の解決方法を解説します。

 

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

iPhoneがフリーズして、止まる原因とは?

iPhoneを触る

iPhoneがフリーズする原因は、さまざま存在します。

特に原因として多いのは、以下5つが挙げられるでしょう。

容量が多すぎる

iPhoneがフリーズしいた場合、容量が多すぎるのかもしれません。

写真や音楽、動画などが多すぎると、iPhoneのストレージが圧迫されます。

そしてストレージをフル活用しているか、あるいはそれに近い状態だと、iPhoneはフリーズしやすくなるのです。

キャッシュデータが多すぎる

キャッシュデータが多い場合も、iPhoneはフリーズすることがあります。

キャッシュデータとは、ブラウジングなどした場合、一時的に保存されるファイルのことです。

これが蓄積していると、やはりストレージが圧迫されてしまいます。

iOSアップデートが追いついてない、あるいは失敗している

iPhoneは、iOSアップデート上のトラブルでフリーズすることがあります。

iOSが古すぎる、あるいはアップデートの”失敗”があると、こういったことが起こるようです。

SIMカードが正しく挿入されていない

SIMカードが正しく挿入されていない、ということも考えられるでしょう。

iPhoneは、SIMカードを適切に読み取れないと、フリーズしたしまうことがあるのです。

この場合はSIMカードを再度挿入し直せば、基本的には問題ありません。

正しく挿入したにもかかわらずフリーズするなら、SIMカードそのものの不具合が疑われます。

この場合は、キャリアもしくはappleへ問い合わせるのがトラブルシューティングとなるでしょう。

アプリが最新版ではない

iPhoneのフリーズは、iPhone本体でない部分が原因かもしれません。

何かしらのアプリを使っている場合のみにフリーズする場合、アプリが最新版でないことがあります。

最新版でなければ、iPhoneがアプリを処理できなくなり、フリーズするというわけです。

ハードウェアやディスプレイなど、どこかが故障している

上記いずれにも該当しないなら、ハードウェアやディスプレイなど、どこかしらが故障していると考えられます。

ただしiPhoneのフリーズにおいて考えられる故障箇所は、あまりにも幅広く、個人で特定するのはむずかしい部分があるでしょう。

iPhoneがフリーズして止まる(電源が落とせない)場合の対処法

修理

iPhoneがフリーズして止まる、あるいは電源が落とせない(強制終了できない)場合、以下のような対処法があります。

故障でない限り、たいていの場合、以下の方法でフリーズを改善することが可能です。

まずは電源を落として再起動

iPhoneがフリーズした場合、とりあえず再起動しましょう。

つまり、一度電源を落とすことです。

iPhoneで電源を落として、再起動する操作はナンバリングによって異なるので、Apple公式サイトを参考にしてください。

電源が落とせないなら、iPhoneを”強制終了”して、もう一度立ち上げる

再起動、あるいは電源を落とせないというケースもあるでしょう。

この場合、「強制終了(強制的に再起動)」という操作をおこないます。

手順は。やはりiPhoneの種類で異なるので、Apple公式サイトを参考にしてください。

再起動と強制終了はまったく別の操作です。

再起動で電源が落とせなくても、強制終了ならなんとかなるかもしれません。

できるだけデータを消す

一時的にでも操作できるなら、データを消してみましょう。

写真であれば、写真アプリから、動画であれば動画アプリから、という形で問題ありません。

 

キャッシュデータについては、以下の方法を実施します。

  1. 設定を開く
  2. 「Safari」を選択する
  3. 「履歴とWebサイトデータを消去」をタップする

両方やれば、ストレージにもそれなりの余白ができるはずです。

操作しているアプリを最新アップデートする

特定のアプリでフリーズすなら、操作しているアプリを最新アップデートしてみましょう。

アップデートの手順は以下のとおりです。

  1. AppStoreを開く
  2. 画面上部にあるプロフィールボタンを押す
  3. 「すべてをアップデートする」をタップする

PC上でiOSを更新する

iOSアップデートが原因だと考えられるなら、PC上でiOSを更新しましょう。

iOSアップデートは、iPhone単体でも実施できます。

しかし実は、iTunesで実施することも可能です。

とにかく接続すれば、やり方はわかると思いますが、不明点があればApple公式サイトの手順を参考にしてください。

適温の場所へ行く

あまり一般的ではありませんが、「適温の場所へ行く」という改善方法もあります。

なぜならiPhoneは、極端に暑い・寒い場所にいると、正常な起動ができないことがあるから。

適温の場所へ行けば、iPhoneのフリーズは解消されるかもしれません。

適温の場所でアップデートやデータ削除を実施し、フリーズしづらいようにしましょう。

修理に出す

ここまでやってもiPhoneのフリーズが解消されない場合、さすがに修理する必要があるでしょう。

内部の精密な部品における故障が考えられるので、手元で修理するのはほぼ不可能です。

ここは素直に、AppleCare +での修理を依頼しましょう。

各キャリアオンラインショップはこちら↓
注)ahamo、povo、LINEMOはオンライン限定のサービスでキャリアメールは非対応です。なお、ahamoのみ店頭での申込サポートを有償で行います。
 
ホームページはこちら↓

まとめ

修理2

かなりうっとうしいiPhoneのフリーズ現象。

しかし、基本的にはちょっとした操作で、フリーズ状態を解除することが可能です。

 

また「再起動」を「強制終了」だと勘違いしているケースが、ときどきあります。

まったく異なる操作なので、注意しましょう。

 

ただしiPhoneのフリーズでは、ハードウェアやディスプレイなどが故障しているかもしれません。

特に水没、落下といったことがあれば、この疑いは強いでしょう。

どうしても改善しない場合は、AppleCareなどでの修理が必要です。

役に立ったら
いいね ! してね

-iphone
-

© 2021 スマホ戦士